ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  日本のドラマ >  「コード・ブルードクターヘリ緊急救命」5話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「コード・ブルードクターヘリ緊急救命」5話

余命わずか・・それでも手術して少しでも長く生きてもらいたい!その理由は年金だったのですね。それが現実なのでしょうか。それでも人は必要とされ生きたい!そう思うものなのかな。ちょっと複雑でした。

「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」フジTV、22時枠、7/3~
藍沢耕作・・・山下智久
白石恵・・・・新垣結衣
緋山美帆子・・戸田恵梨香
冴島はるか・・比嘉愛未
藤川一男・・・浅利洋介
黒田侑二・・・柳葉敏郎
主題歌Mr.Children「HANABI」

2話はコチラ
5話感想

うーん、今回は事故の現場がドラマよりも気になり、生々しかったです。
もし、自分があのような災害にあったら?苦しむより、一気に死んじゃった方がいいかも・・とか。災害って怖い。あんな風に自分の状態をラベルで示されるとは。
藍沢の選択は正しかった!
「生きてもらいたい!子供のためにも!」
そう、強く願ったから、あの鉄筋で串刺し状態になってる患者の命を救うため、あの処置をしたと思う。
でも、自分でももしも・・なんて思って痛そうでした。

レスキューが来るまで時間もかかる。
鉄筋をぬく、くし状態を抜かないと・・意識があるうちは、大出血する可能性が高く危険。
でも、意識が混濁としたら、血圧低下してて~鉄筋を抜いても大出血する可能性は低い・・そう判断する藍沢。
早く患者を鉄筋から引き離し、病院に運ぼうとする藍沢。

電話で黒田とやりとり~黒田も必要なことだけ指示、「開胸」そして心臓に近い動脈をとめる。そのあとで鉄筋を抜き運ぶ。あとは藍沢に任せるのもすごいわ。
「これしか方法はないんだ」
助けるために、冷静に開胸する藍沢。メスで切るときの音がリアルっぽい。
「あんたにはまだ、仕事が残ってる。子供の名前は・・自分で伝えるんだ」
藍沢は真剣、冷静に人の命を助けたいのでしょう。
心臓停止?
あの後、藍沢が戻らない数値を見て諦めた・・と、思ったら!ガツン!と、一発胸を叩く・・そして動き出す数値、戻ってきた命でした。
ここでミスチルの歌が流れる~♪

黒田が最初にいった「モノになるやつ」とは、藍沢のことなのでしょうね。白石恵なのかと思ってたけど。
それにしても、アドレナリンってすごい。
緊急で身体になにかが起こると~アドレナリンが沢山でて痛みも感じない。
そそ、私も落馬したとき、痛みはすぐに感じなかった。自分の足で車に乗れたし・・あとから来た激痛でした^^;
ちなみに声も出ないくらい痛かったのは骨にヒビが入ったから。

緋山美帆子は、三井に叱咤され、出血多量~亡くなった人をあとにしたけれど。
三井に「どうしてそんな冷静なんですか?」そう聞いていた。
冷静になってしまったのは、過去のミスがもとでそうなった三井だと、今回でわかりました。
もしあの時、最初の判断のまま、子供を諦め~母体を優先させていたら・・母親である女性の命は助かったと思う。でも、母親である女性患者に
「赤ちゃんを助けて・・」と、いわれ、ここで患者に感情移入、冷静な判断をあやまり、緊急帝王切開、結果的に女性も子供も死んでしまった。

亡くなった女性の夫に
「全力を尽くしました。あとは事務の者が説明します・・」
こう言って逃げ出した三井、これはもう辛くて言えなかった。説明出来なくて、悔しくて、申し訳ない気持ちでいっぱいだった・・そう思います。
それを誤解している女性の夫だから、裁判をおこしてる・・なのだと思う。
これから、三井は冷静に考えるようになった。
死を感じなくなってしまったのかも。医者としては難しい選択ですね。
冷静であってほしい、けれど、本人の願いも聞いてあげたい・・患者の心に寄り添い、病気、ケガと闘うこともあると思うし。

寺島にいわれる緋山美帆子
「お前、医者なんだう。それは避けてとおれない」と。
患者に「ありがとう」と、いわれたのに助けることが出来なかった緋山美帆子は患者に感情移入してる。

冴島はるかが電話で話していた相手・・悟史の母親?誰だろう?田沢悟史・・って?
三井の過去が判明、今度は冴島はるかの過去なのかなあ。

浅利陽介、彼は黒田に「次の病院は見つかったか?」なんて聞かれていた。
でも、「俺にはここしかないんだ!」(この病院で頑張りたい!)と、その思いを吐き出して良かったと思う。
「勝手にしろー」と、黒田。
今まで調子モンの浅利だったし、これで本気でやる気になるのだと思う。
紹介状を書いたり、なんでもいいから、病院に残りたいと思う浅利なのでしょう。

あのおじいさん、家族の望みは年金・・と知っていた?自分が必要とされている、たとえそれが年金であっても。
「人から必要とされる人間となるために・・医者もその為にいるようなもの」と、藍沢は外科医で一番になる気ですね。
その後、藍沢がすれ違った患者、あれは藍沢の祖母でしょう。「藍沢絹江」とありました。
次回は辛い藍沢なのだと思います。
冷静な藍沢でいられるのか・・?身内が患者の場合、難しいと思います。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しいです^^
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年08月01日 15:18 ] カテゴリ:日本のドラマ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。