ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  魔王 >  「魔王」6話・日本版

「魔王」6話・日本版

わかりやすいですね。段々と先が見えてきました。原作にほぼ忠実なのでラストも同じだと思います。池畑、あれは事故死として処理されてしまうでしょう。それを納得できない直人かな。

魔王」TBS、22時枠、7/4~
成瀬 領・・・大野 智
芹沢 直人・・・生田斗真
咲田しおり・・小林涼子
葛西 均・・・・田中圭
宗田 充・・・・忍成修吾
石本 陽介・・・脇 知弘
芹沢 典良・・・劇団ひとり
山野 圭太・・・清水 優
主題歌・嵐「truth」

3話はコチラ


ネタバレ感想
原作(韓国ドラマ版)では、真中英雄の兄・友雄が死んだのは交通事故死でした。
日本版は、鉄骨が倒れてきて~の事故死でしたね。池畑のいう通り、成瀬領は偽名です!

池畑、真実を録音したのはCD-Rでした、原作ではUSBメモリーだったはず。彼が「自分にもしも?」と、思い、宅配で送ったのはCD-R!
これは、成瀬領の姉として入院している優香@姉に送られます。
それを聞き、事実を知る優香@姉は驚く・・これが予告で見た涙のシーンです。
そして~池畑が宅配でCD-Rを誰かに送っていた事を知り、つきとめ、それが成瀬@姉としり、病院にいく直人。

優香@姉は、弟が入れ替わっていた事実を知ったのだけど、驚きなのだけど・・なんとなくわかっていた様子。
そして刑事の直人が証拠品として「CD-Rを聞かせて欲しい」と、いってきます。
そしてそれを持って行く・・直人。
そこへ慌てた成瀬領も来る!「バレてしまった」と、優香@姉と話すシーンは涙でしょう。

直人が優香@姉からもらったCD-Rを聞くと・・?中身は音楽だった。
池畑の取材した内容ではなく、音楽が普通に流れるだけ。
つまり・・優香@姉が成瀬領をかばったのです。直人は訳がわからないまま・・

後半、直人の父は事実をしり、成瀬領と対面します。
そして、
「悔しかっただろう。父親として最善の方法を選んだだけなのだ。いつか俺に会いに来るといったな・・息子のためにやったことだ・・。」と、言います。

直人の兄が、秘書の葛西均と妻の麻里が浮気していることを知り、悔しい思いでいるとき、宗田充が浮気していることをネタに、葛西を脅します。
でも、それはただ「仕事がほしい」という程度のもの。
葛西は、直人の兄@典良に命令され、友人の宗田充をボコボコにします。
(ヤクザを使って)

けれど葛西は、最後にはお金と航空券をわたし、逃げろ!といい去ります。
その後、宗田充が電話をしようとしたとき、直人の兄@典良がやってきて~宗田充を殺します。
現場には・・葛西のハンカチを落として・・犯人を葛西になすりつける直人の兄@典良。
直人の携帯に、宗田充が殺された写真が送られてきます。
それは・・確か、殺したあとに直人@兄が携帯で写真を撮り送ったもの。

結果的には~直人が自宅にて、宗田充を殺した犯人が兄である!とわかり、逮捕します。
それを見た直人@父がショックで心臓麻痺・・死んでしまいます。

成瀬領、仲間の山野圭太に日本を離れろ!と、航空券を渡すものの、それを拒否する山野圭太・・(山野は仲間なので死ななかったはず)
ラストは・・やっぱり、直人、領ともに死んでしまいます。詳細は2、3話~で書いています。
成瀬としおり・・これはどうにもなりません。想うだけで終わる恋です。
ラストの2人が死んだのを目撃するのが・・最初の目撃者であったしおりとなります。
これはあくまでも、原作をもとに予想して書いたものです。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しいです^^
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年08月09日 10:34 ] カテゴリ:魔王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天