ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  魔王 >  「魔王」2話・日本版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「魔王」2話・日本版

韓国ドラマ版の「魔王」とほぼ同じ内容、かなり原作に近い形で進んでいます。原作の引っ張る部分をカット、わかりやすい内容です。次回で石本は死んでしまいます。
原作からのネタバレなので注意してください。1話に全体の流れを書いています。

魔王」TBS、22時枠、7/4~
成瀬 領・・・大野 智
芹沢 直人・・・生田斗真
咲田しおり・・小林涼子
葛西 均・・・・田中圭
宗田 充・・・・忍成修吾
石本 陽介・・・脇 知弘
芹沢 典良・・・劇団ひとり
山野 圭太・・・清水 優
主題歌・嵐「truth」

1話はコチラ


2話感想ネタバレ

原作では「ゆり」の花でなく「水仙」でした。
成瀬の母の好きな花は「水仙」だったということ。
咲田しおりの店は、カフェではなくタロットカードの店だった。
これが、原作と違う部分でしょうか。あとは原作通りのような感じです。

石本は死んでしまいます。
銃を使った殺し方ですが、銃で撃たれたわけではなく、喘息には悪影響のあるガス銃・・って感じでしょうか。

ソラという女の子を誘拐、あの場所に連れてきたのは山野圭太だったと。(記憶曖昧)
くまのぬいぐるみをくれたのも「やさしいお兄ちゃん」の山野圭太だから、ソラは安心してついていってしまった。
くまのぬいぐるみをわざと、石本陽介に送りつけ~いかにも
「ソラを誘拐したのは石本陽介!」と、ソラの母親に思わせるために、ぬいぐるみを石本陽介に送ったのです、犯人は。
これを実行してるのも、山野圭太でしょう。
原作では、最初の事件、熊田弁護士殺人事件のながれだけで3話くらいあったので。
日本版の方がサクサクと進んでる感じでしょうか。

ソラの母親は、石本の部屋でぬいぐるみを発見、これで「娘のソラを誘拐したのは石本!」と、信じてしまいます。
じつは、この母親にも誰かから銃が送られてきており、殺す気などない母親は脅しで石本に銃をつきつけた。
喘息の石本はガス銃だったので・・これで苦しくなり死んでしまう。
この母親にガス銃を送ったのは、母親の元・ダンナの名前を使ってる。
この母親の弁護を引き受けるのは成瀬です。

石本の部屋から、女性の服のボタンが見つかるかと・・それはソラの母親のもの。
咲田しおりが、残像を読むと・・女の子もみえる。
地下鉄で・・咲田しおりが男性とぶつかります。
その相手は、サイコメトリーでみた男であり追いかけるが成瀬に偶然あい、見失ってしまう。
そして・・咲田しおりにもタロットカードが届く。
中には写真、芹沢の学生時代の写真である。タロットカードをよむしおり・・
学校、教室、芹沢の友人がみえる。

芹沢の過去の事件も、警察内で話題になりますが、未成年だった・・と、いう理由、記録も消えてしまったこともわかります。
この事件の加害者は芹沢!と、警察内でわかります。
当時、この事件を学校サイドに有利なように記事として書いた雑誌記者がいます。
その記者は学長の親戚だった。

芹沢は、過去の自分の事件を想い出し、「俺は悪いやつ」と、考えはじめて上司・中西弘道に辞表をだします。
「悪いやつ」と、いうのを忘れていた・・という芹沢なのです。
でも、上司の中西弘道は、引きとめます。
当時の学校の先生が登場・・
先生は、山野圭太に郵便物を送ったのは「お前だろう」と、いいますが、否定する山野圭太。

そのうち、成瀬の姉が登場すると思います。
この姉、本当の姉ではなくて偽名を使ってる男性の姉。
つまり、その女性の弟として自分を偽る成瀬、この女性がなぜ、弟が違う人物といれかわってるのか・・わからないのは目がみえないからです。
でも、時間とともに「これは弟じゃない」と、感じますが、芹沢にバレたとき、成瀬をかばいます。
この女性の本当の弟は交通事故死しています。
成瀬は偽名を使ってるから、芹沢もわからない・・

芹沢の兄、芹沢典良はとてもおとなしく優しい人間ですが、妻の麻里が弟・直人の友人でもあり、自分の秘書の葛西均と不倫してるのを知り、怒りで最後は殺してしまいます。
不倫の証拠写真を送られ、しばらく様子をみますが、最後は殺してしまう。
芹沢の父は、長男の典良が殺人犯人で逮捕され、やっと自分の間違った考えをあらためますが、ショックで死んでしまいます。
それまでずっと、自分の権力のため悪いことでも何でもする父だったけど。

原作にもとに書いてる内容ですが、日本版魔王」もたぶん、この流れでいくと予想しています。
段々、複雑になるので録画したものは消さないで、あとでチェック出来るように残しておくと謎の意味がわかりやすいと思います。
魔王」1話の視聴率 14.0%

追記
後半、咲田しおりがサイコメトラーの力で成瀬の過去、弟を殺されタロットカードを使い、復讐をしてることを知ります。
それをとめようとするのですが・・成瀬はやめません。
やめようとするのですが、できない、ダメだと思いつつ苦悩しつつ、やめることが出来ません。
それと学生時代、芹沢に虐められていた山野 圭太も復讐に燃えてるのです。
だから、成瀬が後半、躊躇するシーンもあるのですが、山野 圭太は最後まで復讐を続けようとします。

復讐・・それは芹沢事件の関係者をすべて殺すこと。
最終的には、当然!芹沢に事件を認めさせ、あやまらせることでしょう。
悪いこと、人を殺しておいて正義の味方のように刑事でいる芹沢を許せない成瀬なのです。
そして、芹沢の父をも許せない成瀬。
権力で熊田弁護士をつかい、「正当防衛で無罪」と、いう結果にもっていったからです。
謎が多いですが、これは最後までみてはじめてその面白さがわかる内容のドラマです。

ちなみに、原作では最初からナイフを持っていたのは、成瀬の弟です。
それを取り上げ、「お前なんかに刺せるのか!どうだ!」と、挑発する芹沢だったのです。
その現場には、芹沢の友人、石本陽介、葛西均、宗田充が仲間としていました。
芹沢が、山野圭太をいじめていたとき、成瀬の弟がかばって登場、争いになるのです。
成瀬の弟を刺したあと、芹沢は宗田充に「逃げよう!」と、いわれて逃げてしまいます。
そのあと、刺された現場を偶然みたのが!
サイコメトラーの咲田しおりです。

ラストで芹沢、成瀬が死んだあと、これを目撃するのも咲田しおりとなります。
これは、韓国ドラマ版の原作の内容です。
日本版は、どうなるのかわかりませんが、今のところ内容がほぼ同じなので、原作と同じラストだと予想しています。
成瀬は、ラストで誰かに突然、刺されてしまい、それがもとで死んでしまいますが、傷をかくして、芹沢と最後にあうのです。
この成瀬をラストで刺すのは・・たぶん、熊田弁護士の息子・・ニノだと思います。

宗田充は、友人の葛西均が芹沢直人の義姉とつきあってることを最初、知らないで偶然、会います。その後、麻里が芹沢直人の兄の奧さん・・不倫という事実をしり、からかうのですが、その後、それをネタに仕事を要求します。
ホテルの仕事がしたい!と・・
葛西均は、宗田充に不倫を知られてしまい苦悩します。
不倫の証拠写真を送られてきて・・トイレに流すシーンもあると思います。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しく思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年07月12日 11:42 ] カテゴリ:魔王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。