ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  天皇の料理番 >  天皇の料理番 6話あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇の料理番 6話あらすじと感想

パリで「どやっじゃあっ・・」と、つぶやく篤蔵でした。

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)
杉森 久英

408745293X
集英社 2015-03-20
売り上げランキング : 353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TBS「天皇の料理番
キャスト
秋山篤蔵   (佐藤健)次男
秋山周蔵  (杉本哲太)篤蔵の父
秋山ふき  (美保純)篤蔵の母
秋山周太郎 (鈴木亮平)長男
秋山蔵三郎 (森岡龍)三男
秋山耕四郎 (佐藤和太)四男

高浜俊子  (黒木華)松前屋の長女
高浜金之助 (日野陽仁)俊子の父
高浜ハル江 (大島さと子)俊子の母

桐塚尚吾  (武田鉄矢)周太郎の指導教授
田辺祐吉  (伊藤英明)元コック
五百木竹四郎(加藤雅也)英国大使館のシェフ

華族会館
宇佐見鎌市 (小林薫)華族会館の料理長
松井新太郎 (桐谷健太)篤蔵の先輩コック
山上辰吉  (柄本佑)篤蔵の見習い仲間

奥村    (坪倉由幸)華族会館チーフ
佐々木正志 (西沢仁太)事務方
荒木    (黒田大輔)野菜係
関口    (大西武志)肉係
杉山    (渡邊衛)魚係
藤田    (大熊ひろたか)スープ係
鈴木    (城戸裕次)デザート係

森田梅  (高岡早紀)
森田仙之助(佐藤蛾次郎)
お吉   (麻生祐未)竜雲館の女将

脚本  森下佳子
原作 杉森久英「天皇の料理番」(直木賞作家)
主題歌  さだまさし 「夢見る人」


6話

梅に誘われ、間男になってしまう篤蔵。反省して、宇佐見のような料理を作る事に。

倉庫を掃除して、材料をもらえる事になる篤蔵。
カレエを作り、バンザイ軒の新メニューとして大人気となる。

フランスカレエを食べ、感動する新太郎は華族会館で、篤蔵の話をする。
「ペテ公(篤蔵)がカレエを作ってる・・」と知る宇佐見。

バンザイ軒に来る桐塚に、華族会館を追い出された事を謝罪する篤蔵。
周太郎の手紙で、すべて知っていた桐塚だった。
周太郎に、自分は元気でやってる、と伝えてもらう篤蔵。

福井
周太郎を見舞う桐塚は、篤蔵は料理に励んでる・・と伝える。

客が減った理由を考える篤蔵は、梅から客は具入りのカレエを望んでいる・・と知る。

翌日、梅に言われた通り、仙之介の具入りカレエに戻す篤蔵。

猫に餌を持って行き、話しかける篤蔵。

ある日、篤蔵の料理を食べに宇佐見がバンザイ軒に現れる。
篤蔵が考えた新メニューのフランスカレエでなく、仙之介のカレエを出す篤蔵。じゃがいもだけ、作り直して出すが・・無言で立ち去る宇佐見。

慌てて宇佐見を追いかけ、「この辺の客は、舌が肥えていないから、味がわからない」と言う篤蔵。
「あのカレエは腐ってる。カレエが腐ってるのは・・お前の性根が腐ってるからだ・・」と、告げる宇佐見。

安い材料で、工夫して真心を込めて作った・・と言い訳する篤蔵。
「俺は客だ。客に言い訳する料理人がどこにいる!客をバカにするような料理人は大馬鹿もんだ・・・そんな奴は・・辞めてしまった方がいい」
宇佐見の厳しい言葉にショックを受ける篤蔵。

宇佐見に言われた言葉を考えながら、仙之介に聞く篤蔵。
人を喜ばせるため相手を見る・・と、言う仙之介。

翌日から、客を1人ずつ観察する篤蔵。

老人の客には、挽肉ステエキを出す。
高い肉は買えない。安い肉でも固いとかみ切れない。老人の体調に合わせ、作った篤蔵の真心料理だった。
喜ぶ老人を見て満足する篤蔵・・。

宇佐見に篤蔵の料理を聞く辰吉。
「気になるなら自分で行けばいい・・」と、答える宇佐見。

篤蔵に会いに来た母/ふき(美保純)は通帳を渡す。
相続するはずの土地を売り、篤蔵の為にお金を作ってくれた周太郎だった。

ふきから、俊子の再婚を知る篤蔵。

周太郎の手紙を読む篤蔵。
「お前の夢を一緒に追いかけさせてほしい・・」
もう東京には戻れない、実家で余生を過ごすであろう悔しい周太郎だった。

「俺の弟は・・帝国一のシェフになったと・・それは俺のおかげでもあると・・胸を張らせてほしい。篤蔵・・パリに行け。俺の命を抱いて・・」
周太郎の手紙で言葉を失う篤蔵。

父/周蔵も、こんな形で自分を許してくれた、と知る篤蔵。

兄の思いを知り、感謝と申し訳ない気持ちになる篤蔵・・
「あんたは幸せな子やね・・幸せな分だけ・・余計、励まないとね・・」と、篤蔵に言うふき。

「兄やん・・・」
周太郎を思い、涙を流す篤蔵。

今の状況で、パリに行くべきなのか・・と、桐塚に相談する篤蔵。パリに行っても、戻ってくるまで周太郎が生きてる可能性は低い。

パリに行くまでの修行先は、宇佐見に相談する事を勧める桐塚。
しかし、頼めない・・と判断する篤蔵は、英国公使館の五百木に相談する。

五百木から、精養軒を紹介してもらい、パリに行くまで修行を続ける篤蔵。

3年後

パリに行く篤蔵を祝う新太郎、仙之介、桐塚たち。

桐塚から、フランスの日本大使館の大使/粟野の連絡先を教えてもらう篤蔵。

そこへ宇佐見が再び、バンザイ軒に現れる。

カレエを作り、宇佐見に食べてもらう篤蔵。
「これは・・普通のカレエだ。普通のカレエだが・・とびきりうまい!」と、言う宇佐見。

宇佐見から、大切にしていた牛刀を受け取る篤蔵。
「お代だ。そいつにも・・パリを見せてやってくれ。一緒に日本人の真心を見せつけてこい・・」と、言う宇佐見。
涙を流し、宇佐見に感謝する篤蔵。

パリに到着する篤蔵。

続く・・

福井にいる周太郎に、篤蔵から手紙が届きます。
「帝国一のシェフになる」と、熱い篤蔵ですね。

俊子の再婚で、篤蔵との復縁は消えたようです。良い奥さんだったのに残念です。

仙之介も梅もとても良い人で、篤蔵は本当に恵まれた環境だと感じます。



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015年06月07日 20:46 ] カテゴリ:天皇の料理番 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。