ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  天皇の料理番 >  天皇の料理番 4話あらすじと感想

天皇の料理番 4話あらすじと感想

今回の猫、お腹の大きかった子が出産したようで・・生まれたのか・・と、つぶやく篤蔵でした。

天皇の料理番 下 (集英社文庫)
杉森久英

B00VE1363M
集英社 2015-03-25
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TBS「天皇の料理番
キャスト
秋山篤蔵   (佐藤健)次男
秋山周蔵  (杉本哲太)篤蔵の父
秋山ふき  (美保純)篤蔵の母
秋山周太郎 (鈴木亮平)長男
秋山蔵三郎 (森岡龍)三男
秋山耕四郎 (佐藤和太)四男

高浜俊子  (黒木華)松前屋の長女
高浜金之助 (日野陽仁)俊子の父
高浜ハル江 (大島さと子)俊子の母

桐塚尚吾  (武田鉄矢)周太郎の指導教授
田辺祐吉  (伊藤英明)元コック
五百木竹四郎(加藤雅也)英国大使館のシェフ

華族会館
宇佐見鎌市 (小林薫)華族会館の料理長
松井新太郎 (桐谷健太)篤蔵の先輩コック
山上辰吉  (柄本佑)篤蔵の見習い仲間

奥村    (坪倉由幸)華族会館チーフ
佐々木正志 (西沢仁太)事務方
荒木    (黒田大輔)野菜係
関口    (大西武志)肉係
杉山    (渡邊衛)魚係
藤田    (大熊ひろたか)スープ係
鈴木    (城戸裕次)デザート係

森田梅  (高岡早紀)
森田仙之助(佐藤蛾次郎)
お吉   (麻生祐未)竜雲館の女将

脚本  森下佳子
原作 杉森久英「天皇の料理番」(直木賞作家)
主題歌  さだまさし 「夢見る人」


4話

妻の俊子(黒木華)とお腹の子のため、早くシェフになろうと決意する篤蔵 (佐藤健)。多くの料理を覚えるため、五百木(加藤雅也)に頼み、英国公使館でも修行していた。

華族会館には、兄が病気・・と、嘘をついて抜け出している篤蔵。
怪しいと思い、辰吉(柄本佑)に「あいつを尾行しろ」と、命じる荒木 (黒田大輔)。

篤蔵を疑うようなマネはしたくない辰吉だったが・・仕方なく追いかける事に。英国公使館に入った篤蔵を見て、料理を学んでいる・・と考える辰吉。
荒木に報告すべきか・・悩む辰吉は、篤蔵を見失ってしまった・・と、嘘をつく。

篤蔵に、「英国公使館でも料理を習っているのか・・?」と聞く辰吉。
荒木が抜け出している事を怪しんでいる、と忠告する。
辰吉の親切に感謝する篤蔵だった。

病気が桐塚に知られ、病院に行くよう勧められる周太郎。
労咳(結核)と判明、移る可能性もあるので実家に戻る事に。丈夫な身体で、夢を追う篤蔵を思い、「羨ましい・・」と、考える周太郎。

ある日、休んだシェフの代わりに英国公使館に行く篤蔵。
華族会館でも仕事がある。しかし、このチャンスを逃したくない。

華族会館では、「兄が倒れた・・」と、大嘘をついて、英国公使館へ行く篤蔵。

田舎に戻る周太郎は、篤蔵に手紙を渡すために華族会館に来る。しかし、篤蔵がいないため、辰吉が周太郎と会う。
篤蔵の兄・・と、聞いて驚く辰吉。
「篤蔵に渡してほしい」と、手紙を受け取る。

篤蔵の秘密は守りたかった辰吉だが・・ふと、荒木の言葉を思い出す。
「あいつがシェフになって・・・お前は下働き・・」
つい、周太郎の手紙を荒木に渡す辰吉だった。

嘘を知り、華族会館に戻った篤蔵を怒鳴る荒木。
「英国公使館へ行って、料理を覚えて出し抜いた!」
倒れたはずの兄が来て、手紙を置いて行った・・と、指摘され、驚く篤蔵。
行ったら兄は良くなり・・すれ違いで・・と、嘘を重ねる篤蔵。

荒木から、真心はあるのかと言われ、殴ってしまう篤蔵。
「俺は早く一人前のシェフになりたいんだ。そこに俺の真心がある」

荒木の怒鳴り声を聞いて、厨房に来る宇佐見は篤蔵を蹴り飛ばす。
「3度目だ。出て行け・・」

荒木と宇佐見を怒らせた篤蔵に、土下座で許しを請えばいい・・と、助言する新太郎(桐谷健太)。

辰吉が荒木に手紙を渡した・・と知るが、
「今まで、黙っててくれてありがとう」と、頭を下げる篤蔵だった。

周太郎の下宿先に行く篤蔵は、福井に戻るため部屋を引き払った事を知る。慌てて、周太郎の手紙を読む篤蔵。

「頑健な身体で、夢に向かうお前が羨ましいと思った。俺の分まで精進して・・」
周太郎の手紙を読み、新たな決意に燃える篤蔵。

去る前に・・と、華族会館の厨房に寄る篤蔵は、奥村と会う。
「宇佐見さんは荒木を外に出して、お前を野菜係のシェフにするつもりだったんだ」と、言う奥村。
宇佐見の思いを知り、自分を責める篤蔵だった。

「狭い社会だから・・今すぐ君を入れるわけにはいかない」と、篤蔵に言う五百木。
華族会館をクビになり、英国公使館の五百木に頼るも、仕事を得る事は出来ない篤蔵だった。

途方に暮れる篤蔵は、街のバンザイ軒に入る。

福井
腹痛で倒れてしまう俊子。

続く・・

俊子のお腹の子、大丈夫なのでしょうか。
予告の雰囲気だとダメな気がします。5話で俊子に会うため、福井に戻る様子・・。

周太郎はやはり、ダメなのかしら。

荒木は予想通り、早い出世の篤蔵を妬み、嫌がらせをしてました。
必死に耐えた篤蔵だけど、言い返すシーンはドキドキでしたね。

しかも、英国公使館へ行ってるのがバレてるのに、荒木を殴ったのは驚きました。
あの場合、何を言われても謝罪するしかないと思うのですけど(^_^;)



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015年05月23日 17:03 ] カテゴリ:天皇の料理番 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天