ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  銭の戦争 >  草彅剛 銭の戦争 ネタバレあらすじと感想

草彅剛 銭の戦争 ネタバレあらすじと感想

エリート証券マンがある日、突然・・ホームレスに?韓国でドラマ化され、視聴率は37%!日本での評価はどうなるでしょうか。

銭の戦争 DVD-BOX 1
銭の戦争 DVD-BOX 1
ジェネオン エンタテインメント 2008-02-22
売り上げランキング : 8541


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



原作はコミック「銭の戦争
2007年に韓国でドラマ化、出演はパク・シニャンで、主役のクム・ナラを演じてます。
これが、日本版/草彅剛君が演じる白石富生ですね。
数学が得意で、数字には抜群の記憶力を持ってます。

共演の大島優子さんは、恩師の娘役で派遣の仕事をしている紺野美央。
これがパク・ジニ演じるジュヒです。
最終回では結婚式のシーンがありますが・・。

青池ファイナンスの早和子は、後半で大きく絡む会長です。(婚約者/梢の祖母)

簡単に書くと・・
主演
パク・シニャン (クム・ナラ役)草彅剛(白石富生)
パク・ジニ   (ソ・ジュヒ役)大島優子(紺野美央)
キム・ジョンファ(イ・チャヨン役)青池梢(木村文乃)
シン・ドンウク (ハ・ウソン役)ポン女史部下

渡部篤郎(赤松大介)赤松金融を経営/マ・ドンポ
津川雅彦(紅谷祐蔵)伝説の金貸し/トクゴ・チョル
ジュディ・オング(青池早和子)青池ファイナンス経営/ポン女史

玉森裕太(白石光太郎)富生の弟/ウジン

韓国ドラマの方を視聴、大体の内容を知ってるので簡単に説明します。リメイクらしいので、基本的にストーリーは同じだと予想です。

韓国版では妹がいる主人公ですが、日本のは富生の弟として玉森君が登場です。

ハ・ウソン役は割と重要な人物なので、誰が演じるのか気になります。
ポン女史・・つまり、青池早和子の部下です。

父親の借金で、仕事も婚約者も失ってしまう富生の人生を描いてるドラマです。
草なぎ君は、復讐ドラマと言ってますけれど・・それほど復讐という展開ではなかった韓国版でした。

父親が借金で追い詰められ自殺、母が倒れ、手術費も稼げないまま亡くなる。
家も失いホームレスになって、お金がない事で見下した人を見返す・・と、決意します。

伝説のヤミ金業者/紅谷祐蔵(トクゴ・チョル)に会い、助けを求めるのです。
指示された事は、悪徳ヤミ金業者の下で働け、ということ。
これが、赤松大介(マ・ドンポ)になると思います。

後半、隠してる赤松の金庫から大金を奪います。
逃げ切れず、その大金を慈善事業に寄付する富生だと思います。

金庫のお金を富生に盗まれ、ショックで倒れる赤松は入院します。

婚約者/梢の祖母(早和子)は消費者金融から、会社を大きく育てた会長。
借金を背負った富生に、梢と別れるよう命じます。
その代わり、お金を返さなくて良いと。
金貸しを営んできた家系なので、ヤミ金融にも詳しい早和子です。

別れられない富生ですが母が倒れ、手術費が必要なので別れを決意します。でも、母親は亡くなってしまうのです。
病院にまで、借金取りが来てお金を奪われてしまうから。

日本版は母親の手術費用として、手切れ金を受け取った富生だけれど、ヤクザに回収として奪われてしまいました。

「お前よりお金が大事!」「これが本性!」と、わざと梢を怒らせる富生。
富生の本音も知らず、別れてしまう青池梢でしょう。

借金取りの脅しで、臓器売買の契約書にサインしてしまう白石孝夫(志賀廣太郎)。
孝夫は追い込まれ自殺です。

大島優子が演じる恩師の娘/紺野美央との恋愛はあまりない感じでした。でも、結婚へと・・

金庫破り、ホームレスなど面白い展開も多いです。
韓国版では全16話でした。
日本版は10話、もしくは11話くらいで終わると思います。

あらすじは当時、書いた韓国ドラマのレビューサイトに飛びます。

読みたい回の数字をクリックしてください。

1話 2話

3話 4話 5話 6話 

7話 8話 9話 10話 

11話 12話 13話 14話

15-16(最終回)

最終回では驚きのラスト!日本版も変更しないで欲しいです。

最終回のネタバレ
(韓国版から予想、名前を日本版に変更して書いてます)

紺野美央との結婚式の日、ヤミ金の赤松大介から呼び出される富生。

赤松は杖で富生を殴り殺します。
富生に金庫のお金を盗まれたから・・

言葉もなく、血だらけで倒れたシーンで終わった韓国版でした。
衝撃が大きいので日本版は少し、変更すると思いますね。

あくまでも、韓国版を視聴、リメイクという事で予想した内容です。
日本のは短い分、変更する事もあると思います。

追記感想 1/7
リメイクだけあり、韓国版とほぼ同じですね。
富生と紺野美央の出会い、これは500円玉を落とす美央と拾う富生。
これも同じシーンでした。

恩師の紺野洋は借金で悩んでます。
今後、富生は伝説の金貸し/紅谷の元で修行します。最初の仕事が、韓国版では紺野の取り立てでした。

お金を借りるため、後輩に会う富生。
後輩が、○○したものを食べたらお金を貸す・・と言います。
このシーンも同じです。
リアルな描写ですが、韓国版の方がもっとリアルで泣きそうでした^^;

お金に振り回される主人公がやっと、幸せをつかむ・・と、思った瞬間・・
最終回のラストで、どん底気分になったドラマなのでした^^;



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
スポンサーサイト
[ 2015年01月06日 18:22 ] カテゴリ:銭の戦争 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天