ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  Woman >  Woman 最終回(11話)あらすじ

Woman 最終回(11話)あらすじ

生きる事の大切さを再認識した秀逸なストーリー。「Mother」とは違う意味あるものを教えてくれた気がします。

日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック音楽:三宅一徳

バップ 2013-08-20
売り上げランキング : 17312


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演
青柳小春 (満島ひかり
青柳信  (小栗旬)
植杉紗千 (田中裕子)
砂川良祐 (三浦貴大)
砂川藍子 (谷村美月)
植杉健太郎(小林薫)
植杉栞  (二階堂ふみ)
青柳望海 (鈴木梨央)
青柳陸  (髙橋來)

脚本 坂元裕二
音楽 三宅一徳

主題歌
「Voice」
Voice(通常盤)
Voice(通常盤)androp

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-08-20
売り上げランキング : 13862


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小春は望海、陸、紗千、健太郎たちと明るく楽しい時間を過ごす。

小春になぞなぞを出す望海。
「望海のものなのに、お母さんがよく使ってるものは・・?」
考える小春。

洗い場のバイトを始める栞。

栞と会う小春。
信の夢を見ると言う栞。
「この人、痴漢です」という夢。もうひとつは、「お兄ちゃんと呼んだ夢・・」と言う。

信が生きてると仮定、2人で会話する小春たち。
栞の事を「家族になれるよ」と、信なら言ったであろうと言う小春。

「お願いします。適合したら、その時だけ、妹だとおもって下さい・・」と、言う栞。
頭を下げる栞を見つめる小春。

栞からの電話で骨髄検査の結果、適合とわかり感涙の紗千と健太郎。頷く紗千の顔を見て、結果を知る小春。

由季が来て、信の遺品を返してもらう小春。部屋に信の写真を飾り、紗千が用意してくれた花も飾る。

離婚する良祐と藍子。

「子供たちに恥ずかしくないように・・」と、信の言葉を思い出す小春。

夜、家に栞が来る。
「私、許せるかどうかわかりません。子供たちが知っても・・。信さんを好きな気持ちで、人を憎んで欲しくない・・。検査を受けてくれてありがとう。手術の時はよろしくお願いします。あなたのおかげで生きられる・・あなたも生きてください・・」
栞に言う小春。

なぞなぞの答えがわかり、望海に言う小春。答えは「のぞみ・・」

夜、紗千とワインを飲みながら話す小春。
子供の頃、台風で怖かった事を話す小春に、覚えていると頷く紗千。

小春が子供の頃、1人で台風に怯えていた夜、入院してた紗千がびしょ濡れで帰ってくる。大雨に怯える小春の手を、しっかりと無言で、握ってくれた母・紗千を覚えていた小春だった。

「守られてる感じ・・大事にされてるのを感じた・・台風は良い想い出・・」
離れていたけれど、続いていたと思う・・と言う小春。

手を握ってくれたぬくもりを忘れていない・・小春。今は、そのぬくもりを望海と陸の手を握り伝える。

「何もしてあげていないのに・・」と言う紗千。
「大きくなったのを見せたかった・・」と言う小春。

「また、会えて良かった。小春・・」と、言う紗千。
「ただいま・・」と、言う小春。
「おかえり・・」

望海が日記を読む。「10月10日、入院・・」

半年後、家に戻る小春。

「お母さんが帰ってきた・・」
庭で、望海と陸を笑顔で抱きしめる小春。

-------完--------
無事、終わりましたね。
ラストのシーン、栞に見えてしまい驚きました。よく見たら、小春だったのです。

予想通り、母親の紗千の骨髄は適合しないで、信をあんな目に遭わせた憎むべき栞が適合でした。許せないけれど、生きて欲しいと言った小春。

栞が骨髄を提供してくれたので、生きられる事に感謝する小春ですね。

最初、シングルマザーを大きく描くのかと思ったら、そうでもなくて。「生きる」ことを描いたのだと感じます。

どんな事があっても生きる。
生かされた命に感謝して今を精一杯、生きることを教えてくれたドラマだと思います。

小春が病気の展開には驚きましたけれど、母親と和解して、家族が出来た小春で安心でした。栞の事実を知り、きついことを言った紗千でしたが、遠くから見守る形でしょうね。

母親から愛されていた事を覚えていた小春だから、優しい女性なのだと思いました。

今までずっと、栞にべったりなほど愛情を注いでいた紗千。
今度は離れていた小春と、一緒の時間を大切に過ごす・・そんな風に思いました。

「Mother」のうっかりさんのようなキャラとは違い、別人のような田中裕子。母親の束縛から、逃げずに良い子を演じていた栞。

信の事故にも負けず、1人で子供を育てようと懸命な小春。3人の女性の生き方も印象的でした。
映画のような演出が素晴らしいドラマ、特にスローモーションのシーンが好きです。

そして、子役の演技も自然で可愛かったです。高橋來君、鈴木梨央ちゃん、今後も期待しています。

坂元裕二の脚本で好きなのは、「Mother」「最高の離婚」そして「Woman」の順に好きです。
また、驚くような作品を楽しみにしています。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。
「Mother」の方はもっと詳細に台詞から書いています。

【送料無料】Woman DVD-BOX

【送料無料】Woman DVD-BOX
価格:14,333円(税込、送料込)



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年09月22日 16:39 ] カテゴリ:Woman | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天