ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  Woman >  Woman 10話あらすじ

Woman 10話あらすじ

楽になる道を選ばない。償いをしようと言う家族です。

Woman
出演
青柳小春 (満島ひかり
青柳信  (小栗旬)
植杉紗千 (田中裕子)
砂川良祐 (三浦貴大)
砂川藍子 (谷村美月)
植杉健太郎(小林薫)
植杉栞  (二階堂ふみ)
青柳望海 (鈴木梨央)
青柳陸  (髙橋來)

脚本 坂元裕二
音楽 三宅一徳

主題歌
「Voice」
Voice(初回盤)
Voice(初回盤)androp

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-08-20
売り上げランキング : 1514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


10話

入院が決まり、紗千に望海(鈴木梨央)たちを頼む小春(満島ひかり)。

家に戻っていない栞(二階堂ふみ)を捜し、適合検査を受けさせると健太郎(小林薫)に言う紗千(田中裕子)。

小春と紗千の会話を聞いて、不安を感じる望海は1人で、病院へ行く。お母さんが来てるのでは・・と、考える望海だった。

望海が来てると知り、友人の由季に迎えを頼む小春。
納得出来ない望海は、病院内を捜して小春を見つける。

病気の事を説明しようとする小春を感じて、明るく学校の話をする望海。
不安で、泣き出しそうになる望海を抱きしめる小春は、治療途中のまま、望海たちを連れて帰ることに。

栞を捜して街を歩く紗千は電話して、検査のことを話そうとする。
「あの男がいる・・」と言いだす栞。
あの日、信の背中を押したサラリーマンを発見、尾行する栞。
そんな栞を心配する紗千。

サラリーマンに話しかけ、お姉ちゃんに会って下さい・・と言う栞。
「酔ってたので覚えていない・・俺のせいじゃない!」と、タクシーで逃げ出してしまう男。

栞に会いに行く紗千。

「楽になることを選んではダメなの。あなたも私も・・それは選べないの。小春が生きようとしてるの・・・亡くなった人に謝っても聞こえないのよ。残された人に尽くしても、届くはずがないのよ。あなたはもう一生、許されないわ。栞・・あなたの人生は終わったと思いなさい・・」と、言う紗千。


望海たちの前で、薬を飲む小春。
病院に来てくれた事を、ありがとう・・と言う。

「助け合おうって言ったのに・・相談してって言ったのに・・望海はそういうの出来ないの?」と聞く望海。
シングルマザーだから、病気になったの?と聞く。

隠していたこと、嘘をついたことを謝る小春は、再生不良性貧血と説明する。投薬、輸血、骨髄移植の事も話す。

栞が適合すれば・・「それが許しにならないかな・・」と、紗千に言う健太郎。

病院で検査を受ける栞。

続く・・

信の背中を押した男を見つけた栞でした。でも、あれはあのままでしょうね。
犯人となる訳ではなくて、栞が反省するべききっかけを描いたのだと思います。

信の事は忘れていなかった栞、忘れさせたいと思っていた紗千。
でも、罪は罪。
人生、終わったと思いなさい・・・と、紗千も人間らしいと思いました。ずっと、栞に甘い母親だったから。

子役たちの演技、素晴らしいですね。
自然体の髙橋來ちゃん、可愛いです。

Woman DVD BOX
Woman DVD BOX
バップ 2014-01-22
売り上げランキング : 2297


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年09月14日 17:55 ] カテゴリ:Woman | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天