ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  Woman >  Woman 6話あらすじ

Woman 6話あらすじ

辛いことが重なる。運命は残酷です。

日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック音楽:三宅一徳

バップ 2013-08-20
売り上げランキング : 27347


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演
青柳小春 (満島ひかり
青柳信  (小栗旬)
植杉紗千 (田中裕子)
砂川良祐 (三浦貴大)
植杉健太郎(小林薫)
植杉栞  (二階堂ふみ)

脚本 坂元裕二
音楽 三宅一徳

6話

病院
澤村と話す小春。
「輸血や投薬が効かなかった場合のため、家族に骨髄移植の適合検査を受けてもらっった方が・・」と、担当医の澤村に言われる。
担当医の妻も、小春と同じ病気で亡くなっていた。

倒れた場合、そこに子供しかいなかったら・・不安を感じる小春。

紗千の家に行き、病気の事は説明せず、一緒に住まわせて欲しいとお願いをする小春。
「私を恨んでるんじゃ・・?」と、呆れる紗千。
「いいえ、恨んでいません。感謝しています・・」と言う小春。

「家族なの?私を母親だと思っているの?」と聞く紗千。
「はい。私の母だと思っています・・」
「この子、嘘を言ってるわ。おかしい。何か別の考えがあって・・」と言う紗千。
「嘘でもいいじゃないですか・・小春ちゃんが住みたいと言ってくれた。この20年間、望んでいた事でしょう?」
紗千に思いを告げる健太郎。

部屋の更新料も払えない・・家賃は入れます。家事はすべてする。台所は空いてる時間に使わせて下さいと言う。
嫌だと断る紗千に粘る小春。

仕事をしてる間、子供たちを見て欲しい。仕事を続けながら、1人で育てるのは困難と説明する小春。
「更新料は払うわ。私に出来ることはこれくらい・・」と、家に住む事を拒否する紗千。

話を聞いていた栞が来て言う。
「私・・お姉ちゃんと一緒に暮らしたいな。それに・・この子たち、お父さんがいない可哀相な子なんでしょ。いいよね?」
栞に言われ、何も言えない紗千。
そして、一緒に住む事を許可される小春だった。

数日後
1人で、料理を作っている小春をこっそり、見ていた紗千。突然、倒れた小春のためにお粥を作ってあげる。

お粥を食べながら、信との出会いを話す小春。
母の事は話さない信さんだった、もっと、色々な事を聞いておけば良かった・・と、言う小春。

「おかしな疑惑の事も、ちゃんと調べた方がいいのかな・・」と、言う小春。
「申し訳ありません。私があの日、梨を渡したから・・ごめんなさい。あなたの大事な人を・・」
頭を下げる紗千に驚く小春。

「謝らないで下さい。信さんの事をそれで終わらせるような事・・やめてください。」と言う小春。

「そうね・・私とあなたは昔、母と子だったけど・・ずっと、こうなんでしょうね。あなたに許してもらえるなんて思ってないから・・あなたを捨てたこと・・親子にも相性、あるもの。」と言いだす紗千。
「知らなかったんです・・父があんなこと・・」
「細かいことよ。母親が娘を捨てた事に比べたら・・許されるわけないもの・・あなた、あの子たちを捨てられる?」と言う紗千。

「ずっと、こうなんでしょうね・・私とあなたは昔、娘と母だったけど。今は別々の場所で生きている母親だから。お互いのこと、1番に思うことはもう、ないのでしょうね・・」と言う小春。
「そうね・・」と答える紗千。

仕事中、由季から、信の痴漢疑惑を調べる気はないかと聞かれる小春。
ネットで検索すると、痴漢容疑者として信の名前が残っている。
「いつか、望海ちゃんが知る事になったら・・」と、心配する由季。


健太郎から信があの日、忘れていったと言うオレンジ色のマフラーを渡される小春。見覚えがないが信が持っていたと驚く。

マフラーに書いてある住所に電話する小春は、信が4年前に置いていった妻宛の手紙があると知る。
望海たちと一緒に、信の出身地へ向かう小春。

続く・・

信の生まれ故郷へ向かう小春たちです。
4年前、紗千の家に行く前に故郷へ行っていた信。

手紙を小春に残したのは、母子が和解して欲しいからでしょうね。自分のようになって欲しくないと思いかも。
母親の事を話さない信だったのですから。

移植の件はいずれ、紗千たちも知ると思います。
澤村が言った言葉、憎くても適合する時はする・・。どんなに願っても、愛情があっても適合しない時はしない。

つまり、憎むべき相手の栞が適合するのだと予想しています。

紗千は自分1人が悪者になってるのでしょうね。栞を守ってる気がします。



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年08月14日 22:30 ] カテゴリ:Woman | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天