ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  デスパレートな妻たち7 >  「デスパレートな妻たち 7 」15話あらすじ「別れの時」

「デスパレートな妻たち 7 」15話あらすじ「別れの時」

ヒナの巣立ちに失敗したリネット。母の思いを知り感動です。マクラスキーさんのシーンは爆笑です。

デスパレートな妻たち
NHK BSプレミアム
キャスト(吹き替え・声)
スーザン・メイヤー     テリー・ハッチャー   萬田久子
ブリー・バン・デ・カンプ  マーシア・クロス    渡辺美佐
リネット・スカーボ     フェリシティ・ハフマン 唐沢潤
ガブリエル・ソルス     エヴァ・ロンゴリア   日野由利加


15話「別れの時」Farewell Letter

ポールと一緒に、ザックをリハビリ施設へ送るマイク。
やっぱり、ドラッグ漬けのザックでした。

夜中、寝ているリネットを起こして、「うちに卵ある?どこにある?・・オムレツの作り方は?」と、聞くポーターとプレストン。
(実際は1人です。どちらかわからず)

呆れるリネットとトムは自立させようと決意。双子たちに、バイトと家を探して出て行くように言う。

ある日、家が見つかったと引っ越す2人。
「息子たちが自立する。巣立ちする・・」と、感動するリネットとトム。お別れのハグをして、記念の撮影をして再会を約束、別れる親子たち。

しかし、ポーターとプレストンが見つけた家は、目の前にあるマクラスキーさんの家だった。呆れるリネットたち。

「マクラスキーさんなら、あの子たちの根性を叩き直してくれる。」と、期待するリネット。
だが、マクラスキーさんは若い2人に甘いので、作戦を考える。

自立のお祝いにビールを、ポーターとプレストンにプレゼントするリネット。パーティをする事を提案する。

パーティで大騒ぎ、怒るマクラスキーさんに追いだされる2人。

「いつもママが、”自分でやった方が早い” と、やっちゃうから。」と、言うポーターとプレストン。
自分の子供時代を思い出し、反省するリネット。

「自分が子供時代、妹たちの世話をして大きくなったから・・満喫して欲しかった。」と、言うリネット。

お皿洗いや家事に、子供時代を奪われたと思っていたリネット。だから、自分の子供たちには子供時代を楽しんで欲しいという思い。
それで、何でも手を出していたとは。

「悪かった。でも、これ以上、うちにいちゃダメ。自活しなきゃ。」
「いいよ。その前にオムレツ作って。」と言い出すポーターとプレストン。
リネットは作らず、作り方を教える。

子供時代のトラウマと向き合うため、カルロスと一緒に生まれ育った街へ行くガブリエル。セラピストの指示、亡くなった継父のお墓で、手紙を読むのが目的。

嫌々、行くガブリエルだったが街の人々に大歓迎され、スーパーモデルと騒がれる。大スターのように、扱ってくれる事に嬉しいガブリエル。

子供時代、教師だったシスターに再会。思いをぶつける。
当時、母親にも言えなかったガブリエルは教師でもあり、修道女シスターにすべてを話して相談した。だが、目立つことが大好きな子の妄想・・嘘つきと言われたガブリエル。

「あなたこそ、恥を知るべきよ。あの頃の私は、子供で何も出来なかった。あなたは大人なのに何もしてくれなかった!」

お墓で継父への手紙を読むよりも、ガブリエルには大切な事。本当に言いたいことを、問題のシスターに告げることが出来たのよ。

スーザンは車で透析に向かう途中、警察官に呼び止められる。透析・・と聞いて忠告だけで終わる警察官。
一時停止を注意されるスーザンだった。見逃してくれた事に感謝する。

「透析を受けている」と言えば、色々な場所で優遇される事に気がつくスーザン。

チャーリーと楽しく遊ぶキースを見て、反省するブリー。「遠距離恋愛は・・」と言うキース。

フロリダへ帰る息子と会いたいと、ブリーにフロリダへ一緒に行く事を提案するキース。
「ここが私の家・・」と提案を拒否するブリー。

子育てをしたい、会いたいと思うキースの気持ちを尊重するブリー。フロリダへ行く事を勧める。
「あなたに救われた。」

これ、別れる2人って事でしょうね。若いキースにはブリーがすべてのようだけど。ブリーにすればもっと、人生で大切なことがある・・と、若いキースを手放したように思います。

有名ランチの店に行くレネとスーザン。
「透析が・・」と、店の人にいうが、他の客から「俺は糖尿病だ。」と言われる。

「あんたは特別なんかじゃない。特別扱いされたがってるだけ。後ろに並べ。」と、言われる2人。
誰でも何かを抱えている。自分だけが特別じゃないと言うことね。

「気分が悪い・・」と、倒れてしまうスーザン。

夜、思いつめたポールは決意する。

「知ってるんだ。お前の正体だ。フェリシアは憎んでることを隠さない分、お前よりマシだ。出て行け。」と、言うポール。

「母の影響で・・・最初は憎んでいたわ。でも、今はあなたを本気で愛してるの。」と、言うベス。
「信じられない。そんな訳ない。」と、ベスを追いだすポール。

続く・・

親として生きていくため、ブリーと離れ、フロリダへ行くキースのようです。

ガブリエルは過去と決別、シスターに思いを告げたのでトラウマは良くなると思います。

透析をするスーザンを利用するレネが可笑しかった。
スーパーでMJと買い物中、透析を理由にレジの順番を早くしてもらったスーザンの言い訳、最高でした。
「トムとジェリーという先生と看護師さんが・・大喧嘩するんです・・」って。

ポールを本気で、愛してるベスには辛い状況ですね。

↓リネットがこんなシャツを着てて欲しくなりました♪


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012年07月20日 14:21 ] カテゴリ:デスパレートな妻たち7 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天