ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  デスパレートな妻たち6 >  「デスパレートな妻たち 6 」23話(最終回) あらすじ「不屈のマドンナたち」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「デスパレートな妻たち 6 」23話(最終回) あらすじ「不屈のマドンナたち」

デス妻、シーズン6が終わって寂しいです。感動と驚き、アンジーも良いキャラで好きでした。ブリーのガブリエルへの告白が気になります。怒るカルロスでしょうね。スーザンも戻ってくるでしょう。

NHK BSプレミアム
キャスト(吹き替え・声)
スーザン・メイヤー     テリー・ハッチャー   萬田久子
ブリー・バン・デ・カンプ  マーシア・クロス    渡辺美佐
リネット・スカーボ     フェリシティ・ハフマン 唐沢潤
ガブリエル・ソルス     エヴァ・ロンゴリア   日野由利加


23話最終回 「不屈のマドンナたち」  I Guess This Is

エディの家で、人質になったリネットは家族を思い出す。

リネットを探すトムが家に来るも、隠れるエディ。警察に自首することを勧めるリネットに、
「逃げるしかない・・警察にいうのは少し、待って。」と言うエディ。
トムが来て興奮するリネットが破水。その場で出産することになる。

「病院はもう遅いわ。だから生むのを手伝って。」と、リネット。
エディは出来ないというも・・
「これはチャンスよ。その手で1つの命を助けて・・」と、首にへその緒が絡まってるのを指でほどき無事、出産するリネット。

「絶対、出来ない。気持ち悪い。」と、エディに無理矢理、頼むリネットでした。エディも、リネットの思いが通じて、わからないなりに手伝うのです。

「ダニーだけでも逃がして。」と、頼むアンジー。
「ダメだ。これが不発だったら戻って殺す。これでいいのか?」と、聞くパトリックに爆弾をチェックするというアンジー。
ここで何か、細工したアンジーかも。

スーザンは引っ越しセールで近所の人たちを呼ぶ。
思い出の品もすべて売るスーザンは、MJの大切なTレックスのオモチャも売ってしまう。
「不要品ってなに?僕のTレックスは?」と、息子に聞かれ、買い取ってくれたロイに事情を話し、買い戻そうとするスーザン。

ロイの孫は耳が不自由で、取り戻すことをやめたスーザンとマイク。MJには、「恐竜は絶滅したの。」と、言い訳をする。

ここ、面白かった。可愛いMJ。
親の都合で引っ越すのだから、オモチャくらいは残してあげようとスーザンでした。


病院に勤める看護師は、最後の告白を牧師さまにする。
事実を認めないと、病院はつぶれるほどの内容だそう。子供の取り違えのようです。

サムに会社を譲渡するブリーは、条件としてアンドリューの秘密は、他言しないと約束させる。

「僕の事、憎んでるでしょうね?」と、聞くサムに
「憎いなんて気持ちないわ。不憫なだけ。・・家族になりたくてここに来たのに・・結局、手に入れたのは顧客リストと調理器具と私の名前だけ。すぐに満足出来なくなるわ。いつも、空虚感を抱えてるのは、あなたが人を大事に出来ないから・・そんなあなたを大事にしてくれる人・・見つかりそうにないわ。」と、言うブリー。

バッサリ、サムを切ってくれたブリーです。この言葉を聞いて何も感じないサムなら、どうしようもないですね。
いつか、反省して返してくれたらいいのに。


アンジーの手作り爆弾は完成。
アンジーを連れ、ダニーを1人家に残し、逃走しようとするパトリック。爆弾を家に置いて逃走する。

家を出る時、パトリックは爆弾を置いたので憎いアンジーの1番、大切な息子の命を奪うのだと感じました。予告で車の爆発を見てたので少し、予想出来たけど。

マイクのせいで、大切な思い出ある家を出なければならない。悔しいスーザンはマイクにいわれ、辛い感情をはき出す。
「絶対に取り戻す。約束する。」と、マイクでした。

オーソンは、ブリーがサムに8年かけて築き上げた事業を簡単に渡したので驚く。
「こうするしかないわ。会社はまた、作れるけど息子を刑務所に入れることは出来ない。」と、ブリー。

オーソンは自分の時は、容赦なく刑務所へ入ることを望んだブリーが、アンドリューには甘いと指摘する。

「僕はマイクをひき逃げし、アンドリューはカルロスのお母さんをひき逃げした。どこがどう、違うの?」と、聞くオーソン。
夫には厳しい処罰を求めたブリー。謝罪が欲しいオーソンではない。
ブリーのおかげで、人としてやり直せたと。

ひき逃げ事件とサムの事を聞いて、オーソンはこれはテストだと思ったと。ブリーに合格して欲しかったと。
けれど、ブリーは選択を誤り、オーソンの求める合格を得ることは出来なかった。

ブリーは偽善者ということですね。ブリーの求める完璧で正しい行いをする男を目指していたオーソンでしょう。
でも、ブリーは息子には道を誤ったまま、子供だからと言い訳で自首もさせないのです。
そんな女性は断ると、オーソンから別れを告げられたのでした。


人々は皆、完璧で真面目なブリーを尊敬するけれど、そんな資格はないブリーに興味はないと、オーソンですね。
家を出て行くオーソンは、「僕は君の夫をやめる道を選ぶ」と出て行く。

病院にいるニックに協力するガブリエル。車の中で意識を失うニック。
仕方ないのでガブリエルだけで、アンジーを助けようとするが・・スーザンを利用。ダニーを助けるガブリエル。

無事、リネットの出産が終わり、1人出ていくエディに、「待って。今から、あなたのお母さんになるわ。逃げるのは間違ってる。警察を呼んで。あなたなら出来る。」と、言うリネット。
「無理です・・一生、刑務所で過ごすなんて・・」
「今でも、刑務所にいるのと同じよ。逃げ回っても、怒りがうずまいてるし・・・苦しみは続くわ。みんなに大丈夫だと、わかってもらいたいなら、行動で示さなくっちゃ。」

無理だと家を出るエディは・・戻ってくる。安堵のリネット。
ここは間があるので、実際はドキドキでした。

ダニーを家に置いて、アンジーを連れて逃走するパトリックは、車に乗り家から離れ、
「リモコンを押せば、30秒だな・・息子を助けたければ、早く行け。」と、笑う。
爆弾は家にあると知り、家に向かって走るアンジー。

途中、振り向き手を振り、「ふっ・・爆弾はそっちよ。」と、笑うアンジー。爆弾はリモコンだったので爆発する車。

アンジーと別れを告げるガブリエル。

ダニーにチケットを渡し、「行き先はアトランタじゃ?ニューヨーク?僕も一緒に行くよ。」と、言うダニー。
ダニーはもう、大人なので振り回すことはやめるというアンジーとニック。

パトリックは死んだがまだ、FBIに追われてる身のアンジー。息子と別れて、別行動にするという。
突然で驚き悲しむダニーに、
「ニューヨークでは自由に生きるべきよ。」と、アナとおばあちゃんもいるというアンジー。

「お前にはお前の人生がある。もう、逃げなくていい。お前なら大丈夫だ。」と、言うニック。
「そうだな・・それも親父のおかげだ。」と、ダニー。
2度と、会えないかもしれない・・と、別れの3人でした。

オーソンが出て行き、その意味を理解するブリーは、アンドリューに自分のする事を理解して欲しいという。

これは警察に通報、もしくは息子に自首を勧めるブリーでしょうね。もう、大人のアンドリューなので状況を理解した顔でした。

スーザンがウィステリア通りから引っ越す日、みんなでお別れを告げる。
毎週のポーカー会には会うというスーザン。家はリーが紹介してくれた人が借りる。
「人として成長できたのは・・みんなのおかげ。尊敬してる・・」と、笑顔のスーザン。

「私はそんな資格はないわ。」と、ブリーに驚くガブリエル。
「聞いたら・・そこで友情が終わるかも・・時間をちょうだい・・」と、言うブリー。

リーが案内したスーザンの家に入るのは・・ポールだった。

メアリーアリスの夫ですね。懐かしい。

ウィステリア通りを離れるスーザンとマイク。

「走り出した車から・・スーザンは愛してやまない通りを見つめた。そこには・・子育てをする親もいれば(リネット)、余生を楽しむシルバー世代もいる。(ロイ、マクラスキーさん)。親しい友人が秘密を打ち明ける姿も(ブリー、ガブリエル)・・・そんな通りを見ながら・・スーザンは必ず、戻ると胸に誓った・・」
(メアリーアリスの語り)

すれ違う車に、新しいウィステリア通りの住人がいた。

------完-------

ポールの登場にはびっくりです。スーザンの貸した家に戻ってくる展開とは。
メアリーアリスの旦那さんで、ザックの育ての父でしたね。あとは覚えてないです^^;
ボブとリーは別れても、不動産の仕事でウィステリア通りに来たリーって設定でしょう。

看護師の告白、これで誰かの子供は取り違えられたと思います。それが誰なのか、気になります。
リネットとエディの会話、「あなたの息子なら」っていうのも気になるけど。

サム、これで次シーズンまで持ち越す内容なのかも。
反省して会社をブリーに返すのかと思ったら、あのまま受け取るようですね。
いつもシーズンでやっかいな事をする人物は突然、事故などで亡くなることがあったので・・サムかと思ったら、パトリックでした。
危険な男だから、あれはスッキリでした。

このデスパもシーズン8で終了が決定、寂しいですね。視聴率が厳しいようです。

面白いから、これが終わるのは本当に残念。SF、アクション、サスペンス、医療~と、それだけでは飽きてしまうのでコメディと恋愛、主婦がメインなドラマなのでこれが好きです。
取りあえず、8まではあるので続きを楽しみにします。

普段は、ここでは日本のドラマや、映画をたまに書く予定です。
別ブログ、「韓ドラの奇跡」と、「韓国ドラマあらすじ園」では毎日更新してます。韓国ドラマ、台湾ドラマのあらすじを詳細に書いてます。「茶々な気持ち」(猫ブログ)も。
(リンク欄にあります)

最後まで、拙い文を読んで下さった方たち、ありがとうございました。(間違いもあると思います。スルーしてください)
これでシーズン6は終わりです。次は7が放送されたらまた、書きますね。
その時、思い出してブログに遊びに来てくれると嬉しいです。


【21%OFF】デスパレートな妻たち シーズン6 COMPLETE BOX




ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年09月25日 00:32 ] カテゴリ:デスパレートな妻たち6 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。