ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  デスパレートな妻たち6 >  「デスパレートな妻たち 6 」20話あらすじ「虐げられた魂」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「デスパレートな妻たち 6 」20話あらすじ「虐げられた魂」

モンスターはモンスターに作られる・・と、言葉が印象に残りました。あまりにも辛い人生のエディです。

NHK BSプレミアム
キャスト(吹き替え・声)
スーザン・メイヤー     テリー・ハッチャー   萬田久子
ブリー・バン・デ・カンプ  マーシア・クロス    渡辺美佐
リネット・スカーボ     フェリシティ・ハフマン 唐沢潤
ガブリエル・ソルス     エヴァ・ロンゴリア   日野由利加


20話 「虐げられた魂」  Epiphany

エディの母、バーバラはウィステリア通りで有名なアル中。酒を買ってこいと、いつもエディに命令する。
ある日、エディのいない日に部屋にお酒を隠していないかと、探していると、ベッドの下にスクラップブックがあった。

ウィステリア通りの女性たちを襲う事件の犯人はエディだった。なぜ、殺人鬼は作られたのか・・

4歳の時、バーバラとケンカして家を出る男を目撃するメアリーアリス。
エディの前で、「俺は子供なんて欲しくなかった。お前にハメられたんだ。」と、怒るエディ父。
4歳のエディを家に置いて、クラブで男と酒を飲むバーバラを忠告するメアリーアリス。

その後、バーバラが1人で子育て中、ウィステリア通りのスーザン、ガブリエル、リネット、ブリーたちはバイトでエディを雇い、近所の若者として接していた。

ガブリエルが初めてウィステリア通りに来た日、4歳のエディと出会い、メイドのように便利に用事を頼んでいた。
カルロスに怒られ、ガブリエルの家には来なくなったエディ。

親しい友達関係だったけど、子供が毎日、自分の家に遊びに来るのは不自然、年相応の友達を作れとカルロスでした。
エディが子供とは思えないほどに大人の顔色を見て可哀想です。

母親が恋人を家に連れてくるので、家にいられないエディ。

ブリーの家でペンキ塗りのバイトをするエディ。
女の子とは縁がないというので、アドバイスするブリーは、花を贈ることを教える。結果、エディが好きな女の子はダニエルだったので困るブリー。

バーバラに断りの返事を伝えてもらおうと行くが・・状況を理解するバーバラは、「娘さんのストーカー行為をやめろってさ。」と、言葉で傷つくエディ。
「高嶺の花」と、笑う母に怒りと寂しさを感じる。

ストリートガール相手にブリーに教わったように花を贈ると、驚く彼女は大笑いする。傷つくエディは怒り、彼女を殺してしまう。

カフェで絵を描くエディを見て、才能あるから教えると言うスーザン。スーザンを好きになってしまうエディ。
気がつかないスーザンはマイクと別れ、すぐに再婚。

結婚式当日、花嫁姿のスーザンにショックのエディは「僕と結婚して。」と、いうもジョークだと思われ、笑うスーザンにショックを受ける。
その夜、ゴミを捨てにでた女性の首をしめる。見るとそれはジュリーだった・・驚くエディ。

ジュリーの首を絞めたのはエディでした。
狙ったのはスーザンだったのね。本気で好きになり、裏切られた想いだった。

病院で意識のないジュリーを見て、「どんなモンスターの仕業なのか・・」と、スーザンに
「モンスターじゃない。モンスターは大きくて強いけど、こんな事するのは弱い小者で・・この世に存在する価値もないクズです。こんな最低なやつ、世間から消えるべきです・・自殺して・・」と、エディ。
「こんな事するやつには・・その勇気もないわ。」と、スーザン。
同意するエディ。

リネットの家でゲームをしてると、エディを呼びに来るバーバラ。その態度の戸惑いを感じるリネットとトム。
バーバラの事はウィステリア通りでは誰もが知っている。その息子エディが、どのように育っているかも想像出来る。

「今まで傍観者だったわ。でも、もうそれは出来ない。」と、リネット。

エディがどんな育てられ方をしたのか、それも想像出来るけど、誰も何も言わないと。でも、我慢出来ないと感じるリネット。

バーバラはエディにスクラップブックを差し出し、事件に関係あるのかと聞く。認めるエディ。
「アンタをそんな恐ろしい子に育てた気はない。」と、いわれ、「よく言う・・」と、驚くエディ。
「人生最大の過ちはお前を生んだことだ。」と、警察に通報しようとするバーバラのクビを締めるエディ。

リネットが突然、家に来て一緒に住もうと提案する。この家の環境は良くないと、一緒に住むことを誘ってくれる。
倒れているバーバラをみて驚くも、酔いつぶれていると勘違いするリネット。

笑顔でリネットの家に行くと返事をするエディ。
遺体を運ぶエディ。

続く・・

犯罪を犯しているけれどあの母親じゃ、おかしくならない方が不思議でした。

それでも、普段は笑顔でみんなと接してるエディも痛々しい。
リネットはさすがです。傍観者にならず、行動を起こすのは。でも、遺体を見ても酔いつぶれていると、勘違いなのもリネットらしい。
あれはいつの事なんでしょう。

お腹の大きいリネットだから、最近だと思います。何も知らず、リネットの家で犯罪者と一緒に暮らす事になるなんて。
この20話、まるまるエディで終わったのも凄かったです。


人気アロマ



ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年09月06日 23:11 ] カテゴリ:デスパレートな妻たち6 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。