ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  デスパレートな妻たち6 >  「デスパレートな妻たち 6 」9話あらすじ「身を守る術」

「デスパレートな妻たち 6 」9話あらすじ「身を守る術」

アンジーとニックの謎がまだわかりません。逃亡生活も長いので驚きのサスペンス。さすがデス妻、殺人事件が続々です。

「デスパレートな妻たち」シーズン6
NHK BSプレミアム 金曜日 夜11時~4/8~午後11時00分~全23話
キャスト(吹き替え・声)
スーザン・メイヤー     テリー・ハッチャー   萬田久子
ブリー・バン・デ・カンプ  マーシア・クロス    渡辺美佐
リネット・スカーボ     フェリシティ・ハフマン 唐沢潤
ガブリエル・ソルス     エヴァ・ロンゴリア   日野由利加



9話 「身を守る術(すべ)」 Would I Think of Suicide?

ウィステリア通りのカフェ、店員が殺されてしまう。驚き、怯える住民たち。

会社に行くリネットは、「フロリダ支店!栄転お祝い」をされ驚く。
カルロスに、「ここに空きはない。フロリダだけだ。あとは辞職だな。」と、リネットの仕事と部屋はティムに譲ったという。
居場所がなくなるリネット。新たな部屋は狭い倉庫のような場所。
フロリダ支店か、辞めるか!と、これしか選択のない状況に追い込むカルロスも厳しいわ。

みんなで護身術を習うスーザンたち。
ジュリーは「後ろからよ。狙われたら最後。」と、恐怖心でいっぱい。
「7才のころのあなたは・・こんなに複雑じゃなかった。」と、スーザン。
「大人になってごめん。」と、ジュリー。

もう、スーザンの望むような素直なジュリーじゃなくて、自分の意志で行動してるから。自分を襲ったのはニックじゃないと、信じてるジュリーなのだわ。

自首を考えようと、提案するニック。
カフェの最後の客だから、警察に事情を聞かれる可能性を話す。
「ここは気に入ってるの。友達もいるし、仕事もある。18年の逃亡生活に戻る気になれない。」と、アンジー。

カフェで殺された店員と、最後に話したのは自分だろうと、アンジーに話すの。すると、犯人はニックじゃないかも。

ブリーはオーソンの刑務所仲間を訪ね、「オーソンがあなたに会いたがってる」と、ウソとお金で家に呼ぶ。
自分も仮釈放中の身、危険なので断る男だったけど、お金で取引をする。

これでオーソンと男が、一緒にいる写真を撮り、脅して離婚を決意させるのが目的。オーソンを刑務所にいれるつもりはないはず。離婚が目的ね。

不安なジュリーの「犯人は私の車も知ってるはず。」と、言葉で娘のためと、車を交換するカール。

キャサリンは、MJに「ママはパパを取ったから、ひどい人」と、吹き込み怒るマイク。
子供にあんな事を言わせるなんて。キャサリンもやりすぎだわ。マイクもかなり怖い。

偶然、スーザンはジュリーの車が、ラブホテル前にあるのを発見。
「カールと車を交換中」と、知らず・・・ブリーと一緒にいるカールを目撃。2人の関係を知ってしまう。
ジュリーの車でホテルに行ってたカール。

ブリーは、オーソンを刑務所に入れるつもりはない。離婚を決意させるため、刑務所仲間との写真がほしい。
「自分の自由を得るために、オーソンの自由を奪う気はないわ。」と、ブリーを理解してるカール。

カルロスのあまりな処遇に嘆くリネットは、ガブリエルに泣き言。
「うちはまだ、借金まみれ。昇進が必要だったの。友達でしょ。」
「私に妊娠をいえば、カルロスに言うと思ったの?・・信じてないのね。その信じてない友達に今度は頼むんだ!」と、怒るガブリエル。
リネットの助けを拒否。でも、気にしてるガブリエルなの。

ジュリーを誘うダニーは拒否される。
「うちの親父と寝てたから?」と、ダニーは好きだから気にしないという。
「ダニー、ごめんなさい。可能性ないから。」と、断るジュリー。
犯人はダニーかも。この異様なしつこさはストーカーのような感じだもの。

護身術を習いながら、スーザンはブリーに「なぜ、カールと?」と、聞くシーンが面白かった。
「ブリー、苦しい!」と、スーザンの叫びも(^_^;


ガブリエルは、リネットの辛そうな顔を思い出し、カルロスに
「私たちが出来なかったこと、”許す” チャンスよ。」と、長年の友人を許すことにする。
最初、妊娠を隠して昇進?と、驚き騙されたと、怒るガブリエルたちでした。
でも、大事な友人のリネットを思い、「許す」ことに決めるのです。


リネットは、「許せない。訴える。やられたから、やり返す。わたしたちは悪くない。」と、カルロスに訴状を送ることを決意。

翌日、花とぬいぐるみを持参。ガブリエルがリネットに抱きついて「話し合いましょう。ケンカはいや。」と、言葉に感激のリネット。
その瞬間、弁護士はカルロスに訴状を・・怒るカルロスはガブリエルに電話。
「一生、許さないからね。」と、激怒のガブリエル。

無理な仕事をリネットに依頼、弁護士を通すカルロス。
「与えられた職務を遂行出来ない」状態に追い込む。
夜、ペニーの学芸会に行くリネットはタイムオーバー。仕事は徹夜しても終わらない。
これで解雇のリネットの様子。

スーザンは、カールと本気で付き合う気ならと、今までの事を話す。悪事がボロボロとばれるカール。
「それでも、すべてを信じて受け入れることが、愛することだと思う。変わりたいと言葉は信じられる。」と、ブリーに本気を喜ぶスーザン。

自分もマイクと今、幸せだからブリーにも幸せを願う気持ちね。

「FBIに連絡して、君の人生を楽にするつもりが・・」と、ニック。
ダニーは2人の会話を聞いて自殺未遂。
ここは謎が多いのでまだ、逃げる理由がわかりません。人を1人殺してるようです。薬も関係してるもよう。

病院で目覚めるダニーは「ダニーじゃない。僕はタイラーだ。」と、言う。

MJを勝手に迎えに行き、家に連れ込むキャサリン。驚くマイクは怒り、
「俺たちには何もなかった。君といてもスーザンの事しか考えていなかった。なぜ、スーザンじゃない?と、思ってた。」と、マイク。

「本当なら殺して・・」と、キャサリンは1人・・。

続く・・・

キャサリンは救急車を呼んでから、自分で刺した感じです。「マイクに刺された」事件にするのかも。

ダニーは自殺未遂で、記憶を取り戻したような雰囲気でした。別の記憶を入れてたアンジーなのかもしれません。

カールとブリーはあのまま結ばれそうです。スーザンの理解も得てます。問題は、リネットとカルロスの件ですね。ドロドロな裁判になりそうな予感。
予告でも怒るガブリエルでした。友人と思い「許す」ことを、初めてしたガブリエルたち。
これを訴えたリネットも早業で・・失敗でした。仕事もあれで解雇された様子です。

ガブリエルの声優さん。フジTV韓流αという時間帯の韓国ドラマ「逆転の女王」のヒロイン役です。声がギャビーそのまま。
楽しい主婦のサクセスストーリーが面白いです。
リンク欄にある本宅ブログ・韓ドラの奇跡で1話から、あらすじを書いてます。

人気の集中ダイエットDVD



ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年06月04日 13:44 ] カテゴリ:デスパレートな妻たち6 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天