ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  篤姫 >  「篤姫」41回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「篤姫」41回

タイトルの割には薩摩と長州の流れ、もう少し丁寧に描いて欲しかったかも。後半、展開が早いです、家茂の死は次回なのですね・・はやーい!とにかく早いわ!もうちょっと家茂を描いて欲しい。龍馬役で玉木宏、やっぱりステキです^^♪


41回「薩長同盟」視聴率 24.2% あらすじ感想

将軍・家茂の出陣!
「将軍であるわたくしが行けば、長州もすぐに降伏するでしょう」
そういうつもりの家茂だったのですね。
幕府の維新をかけた長州との戦い、その長州藩に薩摩藩が接近しようとしていた。
薩摩は、幕府を改革するための協力者として長州を必要とした。しかし、蛤御門の変で戦火を交えた両藩の間には、深い溝が残っていた・・
長州は、桂小五郎、薩摩は、西郷隆盛。

この溝をうめるべき登場する男が!坂本龍馬!小松帯刀・・2人の行動が幕府、そして天璋院を追い詰めることになる。
うーん、濃い内容だわ。

家茂の出陣前に撮ったフォトグラフィ・・あんな風に本当に3人で撮ったのかしら。残っていたら見たかったけど、見たことないので燃えてしまったのかも。
天璋院に願いを頼む家茂、世継ぎを決めると?早いわぁ・・縁起でもない。
決めておけば、将軍をめぐる無駄な争いもないだろう~と、家茂なのね。
賢いわ。で?
田安家の亀之助?誰?これ・・まだ3才なので形だけの話なのね。

天璋院、家茂が出陣するほどの戦ではない~と、いうけど、家茂は
「戦うためではなく、一刻も早く戦を終わらせるために出陣するのです。」って。
和宮の言葉を想い出す天璋院、笑って見送ることなどできない。
家茂は、天璋院が「本当の母上」と、いってくれる・・その言葉で感激する天璋院なのね。
「笑って見送りましょう」「それが一番、有り難きごとにございます」と、家茂。
武家の女の強さを感じました。戦があるのはこの時代、避けることは出来ないし。

京の西陣織をおみやげに~と、家茂は和宮にいう・・そんなモノよりも、無事に帰ってきてほしい和宮なのだわ。いいえ、それよりも出陣などしてほしくないかと。
「ご出陣をおとめすることはできしません・・わたくしに言えますのは、少しでもはよう、おするするとお帰りになって欲しいゆうことだけです・・」と、和宮。

「おするする・・」なんだかとてもいい響き、京都では「するする」ってまだ、普通に使うのかしら?
写真を見つめる和宮、寂しそうでした。この京の西陣織が後で和宮に届くのよ。

ええー?観行院が倒れた?
「おたあさん?」と、和宮、天璋院もやってくる・・まさか?
観行院、あの場でいったのは娘を頼む~ではなく、「どうか御上をお守り下さい。」
長州の者たちが御所を襲うことを心配している・・そっか、観行院には帝は息子だものね・・心配なはずだわ、日本国という意味でも。
「お任せください・・」と、家茂。

家茂、出陣の日・・3人の写真をもっていく家茂なのですね。
和宮、天璋院が笑顔で家茂を見送るので驚いていたわ!たぶん、笑顔に驚いてる和宮かと。
家茂の「では、これにて!」って言葉、まるで最後の言葉のようでなんともいえない・・家茂のあとを追う和宮、もしや・・
あぁ、分かっておる・・・・分かっておるが・・・家茂の死・・

薩摩
帯刀の帰着、久光に報告~坂本竜馬を連れてくる。
いつかは薩摩のためになるであろう・・と、帯刀なのね。
国府(久光)、長州攻めには不服なのね!一橋慶喜らが、幕府の対面をまもるために始めた戦!と、久光なのだわー。
久光は、長州など薩摩にかかれば1日で潰れる・・と、これに帯刀が意見する。

大久保もビックリ!「長州と手を組む?」と。坂本も同じ意見の様子。
確かに仲間割れしてる時じゃないと思う。
西郷も同じ意見である。薩摩と長州が手を組めば、新たなまつりごともみえてくる!と、帯刀・・そうよ、同じ日本人同士、手を組み異国に立ち向かうべきかと。

大久保、これに大反対する。
今までが今までだったし・・向こうもねぇ。
これに坂本
「まずは、わたりをつけんと!」わたり?「恩を売ること」と、坂本。
わたりって理由、口実みたいなモンかな^^;
相手が今、何を求めているのかを知り、それを気前よく差し出す!と、坂本。

長州藩が求めているモノとは・・武器!
戦を前に、長州は武器を求めているけど、手に入れる方法は困難。これを薩摩が用意する~と。これを帯刀が間にはいることになる。
大久保、長州から御所警護の兵糧米を買う!っと、提案する。これで五分五分になる。
これで喜ぶ帯刀たち・・でも、天璋院を追い込むことになる・・

坂本龍馬、帯刀に長崎の土地を借りて暮らすのね~これで薩摩の仕事をすることにもなる坂本龍馬。
ここで起こす事業は土地の名をとり「亀山社中」と、名付ける坂本。この亀山社中こそ、のちの海援隊の母体であった・・ふうん。
ここでジョン万次郎、坂本龍馬のご対面~♪
有名なジョン万次郎に会えて感激の坂本なのよ。

イギリスの貿易商・グラバーを訪ね、銃、軍艦の注文をするジョン万次郎。
帯刀、英語出来るのー?薩摩と長州が戦をする?と、驚くグラバーなのよ。これを帯刀は
「違う、銃を使うのは長州、薩摩と長州の同盟!」と、これにオマケの銃をつけてくれた貿易商なんだわ~そしてこのまま京へいく。

「そうか、かんばしくないか・・」と、観行院の様子を知る天璋院・・
まだ若いのに病気なのかしら?
「何か出来ることはないのか?」と、天璋院は京を思う観行院のため、お見舞いに
・・?あれは?あの音は・・
「あれは都の音色や・・」
京の雅楽の演奏を聞かせてくれた天璋院なのでした。懐かしい都の音色で涙を流す観行院・・でも、夜には・・和宮のことを頼み息を引き取る。
若いのに・・何の病気だったんでしょう。

大阪城
観行院のことも知らず、家茂は一橋慶喜に!
「勅許を仰ぐ?」と、驚く家茂・・長州征伐をいってもらおう!と、慶喜。
「出しゃばるでないぞ、慶喜!」
急ぐ!と、慶喜に焦る家茂だわ・・(>_<)
家茂、京に入り~長州を討つ許しを朝廷から得る。

薩摩、「長州征伐を断る」御所の警護を理由に断ったみたい?
そこへお琴がくる・・坂本龍馬の相手?「お龍」は帯刀に礼をいう。
え?お琴は帯刀の家においてもらう~って・・お近がいるのに?芸妓をやめてまで来たお琴なんだわ(゚д゚)!

家茂の出陣から半年以上・・
天璋院、「長州を討ったという、知らせも届かない」って・・知らないのね!
勝に聞く・・と、いうも軍艦事業で城には来ないとか・・
おぉ!重野は勝にいうのだわ。
「公方さまを連れ戻せと?」と、驚く勝に、天璋院の頼み、願い・・と、重野。
でも勝にはそんな力はなかった。
そして耳よりな情報を教える勝!
「薩摩が長州と繋がっておる?」と、帯刀が動いたことを知り、驚く天璋院。
理解できない天璋院なのだわ・・大奥にいると何も情報がはいらないのがもどかしい。

薩摩と長州の同盟が結ばれようとしていたのだが・・長州藩士・木戸孝允(桂小五郎)、西郷の話が進まない。
「気持ちが理解できない」と、西郷なのだわ。
先に同盟の話をすると~弱い立場の長州は、薩摩に従うしかない!ってことで、同盟の話をしない木戸の様子・・これを間にはいる坂本みたい。
「まずは、自分の腹をみせろ」と、坂本なのよ。そうだわ、木戸も危険な京に、わざわざ来てるのだし、腹の探り合いもねぇ・・
納得する帯刀!

帯刀、木戸に
「薩摩藩と、長州藩、日本国のため、共に力を尽くしましょう。よろしくお願いいたします。」と、頭を下げる。西郷たちも頭をさげ、それを見る木戸、
「よろしく・・お願いいたします・・。」と頭を下げ、同盟成立する。
慶応2年1月21日薩長同盟締結・・坂本の働きは大きいわ。

これが幕府に知れたら?朝敵とされてる長州との密約だから~薩摩も同罪となる。
危険なのは帯刀、坂本も同じだわ。
長州藩士・美吉慎蔵と酒を飲んでる坂本~そこへ奉行所の役人が!
あー!坂本龍馬が狙いなの?どうなる?

家茂の写真をみつめる和宮のもとへ・・天璋院が。
今回の出陣が長引くかも・・と、天璋院に気が強い和宮だわ^^;
「ご心配は無用にございます。」
天璋院は、家茂が出陣の時に笑顔で見送ったのをいう和宮なんだわ・・あれを怒ってる和宮・・想いがすれ違うことを悲しむ天璋院。
「笑って送り出して欲しい」・・そんな想いを知らない和宮だし。ここは武家、公家の女の違い、潔さもあるのかもしれません。

薩摩と長州が手を組み、幕府に向かってきたら・・と、心配する天璋院。
この時はまだ、信じていない話だったんですね。

あーー!予告では次回で家茂の死が・・(/_;)
やっぱり今回の出陣で最後の別れだったのですね。悲しい。
これが歴史なのでいたしかたないのかも・・今回、次回~と、流れが早い感じがしました。篤姫をメインなので家定あたりを丁寧に描いてたわりに、ここ数回の展開があっさりな印象でした。
お龍さん、さすが坂本の妻!って感じで逞しかったですね。
出陣を見送る天璋院の笑顔が印象的な回でした。
家茂の死後は↑の「篤姫日本史サスペンス劇場あらすじ2」にあります。

↓「拍手」ボタン押して応援よろしゅうおたの申します^^
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年10月13日 16:02 ] カテゴリ:篤姫 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。