ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  冬のサクラ >  「冬のサクラ」最終話あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「冬のサクラ」最終話あらすじと感想

奇跡は起きなかったけれど、人を愛するという大切なことを萌奈美から学んだ裕でしょう。もしかしたら、手術で生きるのかな・・と、思ったけれど。航一も安心のラストでした。

出演
草なぎ剛、今井美樹、佐藤健、加藤ローサ、吉田日出子、江波杏子、高嶋政伸~
主題歌
「愛してるって言えなくたって」山下達郎


最終話

「萌奈美さんを失いたくない・・」と、強く思い航一に手術を頼むが拒否されてしまう。
「死を現実にして・・怖くなったのか。断る。・・それに俺が手術してもダメかもしれない・・」と、航一。

「人は何のために生きるのでしょうか・・」

「あのサクラが咲くのを見るのが・・私の生きる道標になるような気がして・・」と、萌奈美は裕に感謝する。
生きる希望を与えれば・・と、医師に言われたことを考える裕。

章子と一緒に病室に来る琴音。
耳が聞こえなくなり、言葉を理解出来ない萌奈美。
章子に「航一のこと・・ごめんなさい・・」と、いわれる。

言葉の理解力が弱くなった萌奈美のため、メモ用ボードを用意してくれる裕、笑顔になる萌奈美。

琴音に母・萌奈美の具合が、良くないことを告げる章子。
「ママを支えてあげようね・・人生って・・思い通りにならないことが多いのよ。人はね、苦しいことをバネに出来る力があるの。あなたにもあるわ・・」と、琴音を抱きしめる章子。

萌奈美のため、鳥の絵を描く裕。視力も衰えてくる、
「夕暮れの空って寂しいですね・・今日も終わっていくって・・」
琴音に手紙を書こうとするが、握力も低下・・ペンすら持てない萌奈美は、思うように動かない体に苛立つ。

外出許可をいうも、危険と医師にいわれる裕。

理恵は航一に「やり直しましょう」と、戻って来るが拒否する航一。
「いつかは・・愛してくれると思ったわ・・」と、航一をナイフで刺す理恵。倒れる航一。

琴音に書きかけた手紙を落とし、痛みに苦しむ萌奈美。
「私は・・何のために生きて・・悔しい・・惜しい・・」と、手紙を読む裕。

航一の手術が始まるが、血液型は特殊で血液の確保に苦労する病院。

萌奈美にサクラの花を見せる裕は、手紙を想い出す。
「萌奈美さん・・俺、何の役にも立たなくて・・」
「もう、十分役にたってます。」と、萌奈美。

ニュースで航一が、理恵に刺され重症と知る萌奈美は、車いすから立とうとするが、立ち上がることも出来ない。
裕が代わりに行く。
航一の血液型と同じ肇に頭をさげ「息子の命を助けてください。」と、章子に同意する肇。

航一の手術中、「院長と同じ血液型で・・」と、肇がいるので驚く裕。
父を心配する琴音も来る。手術は成功、安堵の家族たち。

裕、肇に感謝する章子。
「俺は院長は嫌いです。でも、院長を必要としてる患者は沢山いる・・」と、肇。
「航一の父親は・・山形出身なんです・・何か・・ご縁があったのかもしれませんね・・」と、章子に驚く裕、肇。

「俺の家族は兄ちゃんと、母ちゃんだけだから・・今もこれからも・・」と、肇。
萌奈美を支えるため、何をすれば良いのか悩む裕。
院長のため、血液をあげたのは「いつも、人のことを考える兄ちゃんを見てたからだよ・・」と、肇は裕を応援する。

章子の言葉を想い出す肇。

「あなたを助けてくれたのよ。萌奈美さんを許してあげたら・・許すのも夫婦です・・」と、航一にいう章子。

萌奈美にサクラの写真を見せる裕。まだ、蕾は堅いが毎日届けるという。
カメラを買ったと裕に、笑顔を見せる萌奈美。

コルクボードにサクラの写真が増えていく。治療を続ける萌奈美。
写真を撮り続ける裕。
医師からは、「春までは・・患者の生きると強い意志が必要です。」と、言葉を聞いている。

「いつか・・あの桜が咲く姿をみたい・・裕さんと一緒に・・」と、言葉を想い出す裕。

デジカメを見る萌奈美は、写真の日付に気がつく。
丘の桜はまだ、時間がかかるので東京の桜の写真を見せ、誤魔化していた裕だった。
「どうしても・・あなたに生きてほしくて・・」と、裕は萌奈美を抱きしめる。
「生きてください。萌奈美さん・・お願いですから・・誰のためでもない。俺のために生きてください。」

「人は何のために生きるのか・・最後の答えを教えてくれたのは・・あなたでした・・」

治療には限界があり、本人に負担がかかるので、治療不可能と医師にいわれる裕。

狭い病室よりも、在宅医療を選択する裕にアドバイスする肇。
「辛い現実を目の当たりにすることになるよ・・がんばれ。」

「僕を恨んでるだろうね・・君を追い詰め・・君を苦しめてしまった・・そして失ってしまった・・」と、子供の頃から病院を継ぐことを期待されていた自分をいう航一。

家族を作ることが希望だった萌奈美を「まぶしかった」と、いう。
「琴音のことは心配しなくていい。僕が君の分まで愛していくから。・・萌奈美・・初めてあった時から、君の笑顔が好きだった・・」と、航一を呼び止める萌奈美。

「航一さん・・さようなら・・」

裕に萌奈美を託す航一。自分の家につれて行くと、言葉を素直に聞く。
「僕は君に奪われてたんじゃない。とっくに失っていたんだ・・」と、航一。

琴音に絵の具を買って来た航一は「琴音は・・むりに医者になる必要はないよ、好きな道をいけばいい・・」と、笑顔。

肇を呼び出し、「君と血液型が同じとは・・君に救われた命で患者さんのために精一杯、生きたいと思う・・」と、航一は病院に戻ってきて欲しいという。

裕の家に来る萌奈美。手作りの料理、世話をする裕。
「萌奈美さんのために・・何か出来る時間が・・俺には大切なんです。」

琴音が肇、安奈に連れられ裕の家に来る。
「ママのレシピで作るね。ママはずっと、一緒にいるって思ってた・・ママがいなくなるなんて・・」と、料理を作る琴音。
娘の手料理で感激する萌奈美。
「美味しいよ・・琴ちゃん・・」
「ママ・・今までいっぱい、美味しい料理を作ってくれてありがとう・・あの桜も一緒に見ようね・・」と、琴音。

航一に輸血してくれた肇を知り、感謝する萌奈美。

「私には何も・・出来なかった・・それが心残りです・・」と、萌奈美。
「それは違うと思います。兄はあなたに助けられてきたんです・・兄はあなたに出会えて・・幸せだったと思います。今、この家で一緒にいる時間も、大切なんだと思います・・」と、肇。

夜が怖いと裕は「寝てる間に萌奈美さんが・・」と、失う恐怖を感じていた。

車いすで萌奈美を外に連れ出す裕。
「気持ちいい・・こんな穏やかな気持ちで空を見れるなんて・・裕さんのおかげです・・ありがとう・・」


「裕さんとの思いでは・・決して多くはなかったけれど・・一緒にいると自由な気がします・・裕さんに出会えて・・本当に幸せでした・・」
「俺も・・俺もです・・」
「裕さんは・・私の分も生きてくださいね・・あなた自身の人生を幸せに生きてください。それが・・私の願いです・・」と、微笑む萌奈美の手を握る裕。
笑顔で裕の肩にもたれ、意識を失う。

医師から、「もう、意識は戻らないかもしれない。覚悟はした方がいい・・」と、言われる裕。
萌奈美の手を握り続けると、うわごとをいう萌奈美。

「時間がないんだよ!あの桜を見せに行く・・」と、裕を止める肇。

部屋に桜の木を飾る裕。
「萌奈美さん・・咲きましたよ。約束しましたよね。一緒に見るって・・春が来たんですよ。」
「裕さん・・ありがとう・・」と、涙を流し目を閉じる萌奈美。

「・・萌奈美さん・・萌奈美さん・・・あなたの・・あなたの笑顔をもっと、見たかった・・あなたの・・声をもっと、聞きたかったよ・・。本当はずっと、一緒に生きたかったよ・・
俺は俺は・・あなたを愛してます・・・愛してるよ・・」と、泣きながら告げる裕。

萌奈美のお葬式
章子が裕に感謝をする。琴音も「最後まで母を・・」と、お礼をいう。

「萌奈美の顔・・微笑んでいた・・幸せな最後だったと思う・・ありがとう・・」と、裕に頭を下げる航一。
肇は病院に戻ると、決意を安奈に告げ、プロポーズをする。
「幸せになろうね・・肇ちゃん。」

航一は理恵に萌奈美の死を告げる。
「最後まで羨ましい人・・」と、理恵。萌奈美に人生を教わったと航一。

「嫌な予感がする・・平気なわけ・・ないんだよ!・・兄ちゃんは心配かけまいと、辛い顔を見せないんだよ・・」と、山形に連絡の取れない裕を捜しにいく肇。

戻って来た裕を怒鳴る肇は、萌奈美と思いでの大切な桜を見に行ってたと知り安堵する。
毎日、通いこれからのことを考えていた裕。

萌奈美に会い、前に進むことが出来るようになれたと裕。
桜の写真、裏には萌奈美の文字。

「裕さん・・わたしはあなたを愛しています・・」

萌奈美の言葉を想い出す裕。
「兄ちゃんは1人じゃないんだな・・」
「だいじょうぶ・・だいじょうぶ・・俺、だいじょうぶだから。」と、肇にいう裕。

「あなたは優しい人でした。1日1日を大切に生きてる人でした・・あなたの柔らかな微笑みが・・私に羽ばたく勇気をくれたのです・・裕さん・・私はあなたを愛してます・・」

「だいじょうぶ・・春は必ず、来るから・・」

------完----------

結ばれた裕と萌奈美だったけれど、亡くなってしまいました。
もしかして、萌奈美は航一が手術をして記憶をなくしても、生きて行く・・と、ラストなのかな?と、思ってました。

でも、それでは萌奈美の望む人生ではないから。
これで良かったのかもしれません。最後には、愛する裕のそばにいられたのですから。
短い時間だったけれど、愛を知り、生きる勇気をもらった前向きな裕でしょう。生きる大切さを知ってる裕だから、自ら死を選択はあり得ないと思いました。

最後まで拙い文を読んで下さった方たち、ありがとうございました。
春クールのドラマは「仁」を書くかもしれません。以前、大好きで書いてました。

↓DVD


【送料無料】TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年03月20日 23:27 ] カテゴリ:冬のサクラ | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「冬のサクラ」最終回感想
 祐は萌奈美を失う事に耐え切れず、石川総合病院まで行き、航一に頭をさげ頼む。手術をして助けてくれるよう。しかし航一は断る。  仮に手術したとしても「助からない。」そう言って祐を追い出す。
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。