ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  四十九日のレシピ >  「四十九日のレシピ」3回「別れ道」感想

「四十九日のレシピ」3回「別れ道」感想

何回みても、温かい気持ちになれる家族愛のドラマです。日本でももっと、家族ドラマを放送してほしいですね。

全4話
出演
和久井映見、徳永えり、伊東四朗、風吹ジュン、宅間孝行、渡部豪太

原作 伊吹有喜「四十九日のレシピ」
脚本 大島里美
主題歌 なゆた「宇宙のレシピ」
総合テレビ 2011年2月22日 午後10時放送

3回「分かれ道」

東京に浩之と、話しあう為に戻る百合子。
井本は渋谷に行くと、一緒について来る。

浩之と話していると、不倫相手の亜由美(野波麻帆)が割り込んでくる。
百合子に「早く離婚して!」と、亜由美。百合子はすでにサインして、浩之に渡してあるというが。

浩之は離婚届けを出していなかった。しかも、亜由美には「まだ、サインしてくれない」と、ウソをついていたことがわかる。

きっと、出せない、出したくない離婚届けだったのでしょう。亜由美はなんと、「離婚してくれないと、死ぬよ!早く私と一緒に!」と、浩之を脅していた。

浩之の家で話した時、義母が動けない体で、亜由美を追いだして怒っていました。
息子が情けないと、思う母だったんでしょうね。あんな女と・・百合子は自分にキチンと世話もしてくれて、楽しい日々を送っていたのでしょう。
そんな優しい百合子を裏切った・・と、申し訳ない気持ちの浩之・母でしょう。

亜由美の子供・カイトが男と会う時間、部屋から追い出されてるのを知った井本は胸を痛める。
幼いカイトに自分を見たのでしょう。
「男がくるたび、寒くても、家の外で待っていなければならなかった・・」と、話す井本は泣いていました。

そんな彼女も、百合子の家にずっと、いられるわけはないとわかっていて。
「家族ってなんだろう?」と、考えるのでした。

百合子にとって家族は、オッカがいた家なのか、それとも浩之との生活だったのか。

「どうして・・あの人だったの?」と、百合子。
浩之は、不妊治療で頑張る百合子を励まそうと、気分転換に子犬を買ってきた。
だけど、百合子は
「犬なんて飼ったら、赤ちゃんを諦めるような気がして怖い・・」と、見向きもしなかったと、話す浩之。

会社で子犬の話をして・・子犬を引き取った亜由美(野波麻帆)と、浮気をしてしまうことに。

「今、思うと家族ごっこだった。」と、浩之。
「家族ごっこ?・・・私じゃ、子供が出来ないから?」

「違うよ、ずっと・・・百合に泣いて謝られるのも辛くて・・1番、頑張ってるのは百合で、努力してるのも百合・・子供がいないと家族になれない・・と、お前を励まして励まして・・励ますのが疲れた・・」と、浩之の言葉に驚く百合子。

百合子は「子供が欲しい・・子供がいないと家族を作れない・・」と、考えだったんですね。でも、浩之は違う。
「俺は君の家族じゃないのか?」と、ずっと思っていたようです。

その気持ちに気がつかず、不妊治療を続け、ダメだったら泣いて、自分を責める日々の百合子。
そして妻を慰める浩之は、疲れきってしまったのでしょう。

「こんなことなら、もっと早くにすれば良かったね・・ケンカ・・」と、言葉で家を去る百合子でした。

ケンカと会話も少なかったのかも。
浩之は、子供だけを考えず、百合子に気晴らしで色々と、話や旅行に誘ってくれた。
でも、百合子は子供のことしか考えられなかったようです。そこに食い違いが出てきてしまったのかも。
そして偶然、子犬の行き先として・・亜由美(野波麻帆)と。

浩之は最初に言ったように、「あの人と百合子」と、選べないのではなくて。
「子供と百合子」を選べないのでしょう。亜由美のことは、何とも思っていない~というか、遊び心だったように思います。

百合子はカイトの世話をして、ホットドッグを作ってあげるのですが・・迎えに来た亜由美に言われてしまう。
「子供に串がささったモノなんか食べさせて!」と、危ないことに気がつかなかった百合子。
カイトもかわいそう。

百合子と本当に離婚してしまうのか・・きっと、考え直す浩之だと思います。
でも、亜由美の中にいる赤ちゃんは・・?男が複数いるような亜由美だけど。

父・良平(伊東四朗)は、先妻の万里子(笛木優子)と、後妻の乙美(風吹ジュン)、2人に冷たい言葉で最期となってしまったことを後悔しています。
「もっと、優しい言葉をかけてあげれば良かった・・」と、ありがとうの一言も、言わなかった良平です。

今クール、ドラマ「冬のサクラ」も視聴中。
生きてる間に、大切な人に大切な思いを告げるべきか・・と、「冬のサクラ」だけど、言葉にしないと思いは伝わらないと思います。
たとえ、いわなくても通じても。
それでも、言葉にして言ってくれた方が嬉しいですよね。

だから、生きてる間に大切な人にはちゃんと、言葉で伝えたい、つたえるべきなのだと思います。


このドラマの原作本は、「四十九日のレシピ」 だそうです。(NHKサイトより)
四十九日のレシピ四十九日のレシピ
伊吹有喜

ポプラ社 2010-02-16
売り上げランキング : 134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年03月08日 23:06 ] カテゴリ:四十九日のレシピ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天