ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  冬のサクラ >  「冬のサクラ」4話あらすじと感想

「冬のサクラ」4話あらすじと感想

草なぎくんの優しさが溢れるドラマです。医者の家だからと、嫁に厳しい義母の存在も冷たい。逃げ場のない萌奈美が可哀想です。

出演
草剛、今井美樹、佐藤健、加藤ローサ、吉田日出子、江波杏子、高嶋政伸~
主題歌
「愛してるって言えなくたって」山下達郎


4話 視聴率 12.3%

「残念ながら、脳腫瘍で悪性の可能性があります。」と、医師に手術を勧められる萌奈美。
「手術しなかった場合・・最悪の場合、数ヶ月のことも・・」と、医師。

「もう、私は大丈夫ですから・・」と、裕に告げた萌奈美だけど、冷たい家族に病気のことを話す余裕もなくて。

「どうしたんだ?」と、冷たく聞く航一。
「・・・何でも・・ありません・・」と、怯えて答えてしまう萌奈美。
「私は決めたのです・・残りの人生も・・私自身の手で選び取ることを・・」と、思う萌奈美。

義母を見送り、夜空を眺める萌奈美は、娘の琴音を抱きしめて
「幸せ・・」と、つぶやく。
「こんなのが?」と、娘に「そう、こんなのが幸せよ・・」と、萌奈美。

余命を宣告されたら、残された時間で生きること、出来ることを考えてしまうでしょうね。だからこそ、娘を抱きしめる瞬間も、大切と萌奈美ですね。

航一は調べさせた裕の写真を握りしめる。
(写真の裕・目の部分に穴を開けている)

怖い~~航一は普通じゃないわ。

肇の家で食事する裕。
萌奈美は手術をすると、記憶を失うかもしれないと知り、
「医者として助けてあげたいと思うけど・・兄ちゃんに出来ることはないよ。」と、肇。
「でも、誰かが一緒に苦しんでくれることで・・不安も少しは・・」と、安奈。

「好きだから、結婚してても関係ないから・・一緒にいたい!と、言えよ。」と、肇。
「萌奈美さん・・俺に何か、出来ることはあると思うんだ・・」と、裕に何も無いと否定する肇。

肇のいうことも正しい。安奈の「伝えたくても、伝えてはいけない思い」も。

萌奈美は、記憶を失っても「生きる」ことを選ぶのか・・それとも、残された時間を生きるのか・・迷っていた。
医師からは、早急に治療を勧められている。

ガラス細工の仕事をやめ、東京に行くと裕に驚く叔父さんたち。
「あいつの人生、あいつが決めるしかない!」と、叔父。

「私にとっての・・生きるという意味を・・」萌奈美。

イベントに桜を飾りたいと、理恵は「病院の宣伝にもなるし・・萌奈美さんも一緒に行ってくれない?」と、山形に誘う。

「バツイチの私にいわせれば、旦那なんてずっと、いてくれるかわからないわよ。好きなように生きた方がいいよ。人生は1度きりよ。」と、理恵の山形行きを、断る萌奈美。

「山形の男、本気かもよ・・」と、理恵の電話に怒る航一。

「東京で暮らす?」と、驚く駐在の中里はとめる。人妻でもあり、「お前に何ができる?」と。
「あの人はさ、1人で不安を抱えてる。それでも、家族の前では一生懸命、笑ってる・・何か出来る・・って思いたいんだよ。」と、裕。

ご馳走で喜ぶ娘の琴音。

理恵の誘い、山形行きを勧める夫の航一。病院にとっても、大事なパートナー。理恵のイベントと。笑顔で「頼むよ。」と、航一。
「それとも・・行けない何かがあるのかな?」と、航一に
「わかりました・・」と、行く返事をする萌奈美。

デジカメに残した写真、ガラスの鳥、桜をみつめ
「大丈夫・・俺はいつでもここにいますから・・」と、裕の言葉を思い出す萌奈美は、医師の言葉も思い出す。
「出来るだけ早く・・ご家族に・・・」

山形行きを娘に「ママ、今度はちゃんと帰ってきてね。」と、いわれる。

義母の章子に
「あなた、山形に行ってからちょっと、変よ。これだけは言っておきます。あなたは、石川家の嫁なの。この家と病院のことを第1に考えるべきでしょう。
そうでなきゃ、あなたがこの家にいる意味はないわ。」と、言葉に緊張する萌奈美。

新幹線に乗る萌奈美と、理恵。
頭痛で薬を服用、理恵から突然、「仕事で行けなくなっちゃった。お願い。」と、いわれる。
計画的に萌奈美を、山形に行かせた理恵と航一ですね。

東京に来ると、兄の裕に「どうするつもりなんだよ・・」と、肇。
裕のために一緒に暮らすといいだす。

肇に持って行くと、桜の花を持っていく裕。

手術しなかった場合、数ヶ月しかもたない・・と、医師の言葉を思い出す萌奈美。
「もしもあなたが万が一、幸せでなかったら・・ここに戻って来ればいい・・」と、裕の言葉。
無意識のうち、裕の家に向かってしまう・・呼び止める裕。

萌奈美の前にくる航一に驚く・・
「どうして・・?」と、萌奈美。
「初めまして。萌奈美の夫の石川です。妻がお世話になって・・」と、礼をいう航一。
夕食を共にしたいと誘う航一。

レストラン
「やましい事なんて何もないの。でも、どうして彼のことを知ってるの?調べたの?」と、萌奈美。
「君にそんな質問をする権利はない。」と、航一。

そこへ来る裕。
緊張で汗をかく裕に驚く航一は笑う。
診療所は古くてぼろい。だから、皆でジャンケンで、萌奈美を預かることにした・・と、裕は家には介護をしてた母がいたので、迷惑だったかもしれない・・と、話す。

「父親のことは知らない、生きてるかどうか・・わからない。」と、裕。家族のことを聞き出す航一。頭痛で苦しむ萌奈美を気にする裕。
話も上の空・・萌奈美が苦しむのを見ていられない裕。

「あなたとは、住んでる世界がまったく違う。もう、2度とお会い出来ないのは残念だ。」と、航一。
突然、萌奈美が倒れてしまい、慌てる航一は救急車を呼ぶ。

「帰れ、君なんかに出来ることはない!帰れ!!!」と、裕に怒鳴る航一。

「最近、ママの様子がおかしいと思ったことない?」と、聞く義母の章子。
貧血と連絡をいれる航一。

「時々、過去の断片が見える気がして・・酷く息苦しいのを感じる・・」と、萌奈美の言葉を思い出す裕。
航一の態度を思いだし、家族に言えない萌奈美を思う。

「脳に腫瘍?」と、驚く航一は、検査結果には、裕もいたと知る。

病院まで来る裕に
「私は医者だよ。君の心配など無用だ。君は心配する資格もない。我々と、同等と考えて欲しくない・・そうか。金が欲しいのか?」と、裕にお金を投げ捨てる航一。
「金なんかいりません・・」と、裕に「2度と現れるな!目障りだ!消えろ。」と、航一。
お金を受け取れないと、返す裕は帰って行く。

裕に対する口のきき方が酷い航一です。完璧に見下しているというか、バカにしてますね。父親もいない?と、身分の違いをハッキリと告げてます。

病院
目を覚ます萌奈美に、レストランで倒れたと航一は
「話があるとは・・そのことだったんだな。」と、東京に戻り、病院で検査をして決めるという。
裕にはお金を渡し、来ないように言ったと、航一は携帯を取り上げる。

「君はボクのいう通りにすればいいんだ・・」と、笑う航一。

手術によって記憶障害が出る・・と、医師から聞いてる萌奈美は「治療方針は自分で決める・・」と、言いたいのです。

肇に電話で「教えてくれないか・・自分がどうしようもなく・・無力に感じる時、どうしたらいい・・?」と、聞く裕。
「う~ん、そんな時は、”ありがとう” っていってくれた患者さんの笑顔とか、ムリヤリでも思い出すかなあ。・・そんで言い聞かす。”こんな俺でもきっと、誰かの役に立っている” って。」と、肇。

納得する裕。
「兄ちゃんが弱音吐くの・・初めて聞いた・・」と、励ましてくれる肇は、裕が苦しむのは嫌だと、電話を切る。

病院から、裕の家に電話しようとするが・・番号がわからない。調べても見つからず・・ふと、ガラスの彫刻(鳥)を見つける萌奈美。

鳥のガラス細工を持って外へ出る萌奈美。
「ついさっき・・置かしてほしいと男性が・」と、看護師。

裕に出会う萌奈美。
「萌奈美さんに持っていてほしくて・・作ったんです。」と、笑顔の裕。

「本当に・・すみませんでした。」
「いいえ・・大丈夫ですよ。大丈夫です・・」と、肩を抱く裕。

東京に帰れば、夫の病院で検査、手術を受けることになる。すると、記憶を失ってしまうかもしれない・・と、話す萌奈美。

「それでも・・答えが出せなかった・・」と、裕に大丈夫と言ったが
「怖いんです・・自分がこの世から消えてしまうことも・・記憶を失うことも・・わたし1人じゃ、どうしていいか・・」と、涙を流す萌奈美の手を握る裕。

「たったひとつ、この世で大切にしたいものがあるのなら、俺はそのために生きたいと思います。・・萌奈美さんもでしょう?」と、東京に行くという。

「1回くらい、東京で暮らしたかったし・・きっと、萌奈美さんはこれからも、頑張っちゃうと思うけど、泣きたい時は・・・俺が引き受けますから・・あなたが・・どんな道を選んだとしても・・・」と、裕。
「ありがとう・・」

東京に向かう裕に、声をかける町の人たち。

ガラス細工の鳥をみて
「私は決めたのです・・残りの人生も・・・私自身の手で選び取ることを・・たとえ、それがどんなに過酷な道であろうとも・・」と、萌奈美。

手術を受けないと、医師に告げる萌奈美。航一は、検査に来ない萌奈美を知る。

「忘れてはいけないものがあるんです・・・たとえ、命にかえたとしても・・その大切なもののために・・私は生きたい・・最後に羽ばたくための勇気を・・あなたが与えてくれたから・・」と、萌奈美。

続く・・・

萌奈美の大切な記憶は、家族である娘のことでしょうね。夫のことは忘れても良いんじゃないかなあ。

裕のことはよく知らない萌奈美だけど、今は心から頼りたいのでしょうね。
あんな優しい言葉、言われたいです♪
それにしても、勝手で冷たい航一です(>_<;)


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年02月06日 22:57 ] カテゴリ:冬のサクラ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天