ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  篤姫 >  「篤姫」38回

「篤姫」38回

和宮があそこまで家茂を思ってるのには驚きでした。京へいくのを天璋院が後押し!と、知り怒る和宮はもう、完璧に嫁と姑で対立してしまいそうです。家茂、まだ大丈夫ですよね?
甘党でもあった家茂、虫歯が沢山あったようです^^;


38回「姑の心嫁の心」視聴率 26.1% あらすじ感想

幕末、朝廷の権威がたかまるにつれ、京都は政治の舞台として重要となる。
京で勢力を伸ばしたのが、薩摩藩。兵を率いて上京、御所の警備も任された薩摩藩。しかし、久光が幕府とのゴタゴタの間に情勢はかわる。
新たに長州藩が登場~長州の志士たちは、一部の公家と手を結び、反幕府の勢力を拡大した。そのうえ、当時の京都では「天誅」と呼ばれる暗殺行為も行われていた。
幕府の権威は大きく揺らぐ。

生麦事件を知る天璋院・・25万両も払うはめになった幕府(償い金)
25万両って・・今の時代ではいくらくらいかな?
薩摩を気にする天璋院、緊急の手紙が届く。おぉ!帯刀からの手紙じゃない!
「我らに攘夷を行ったつもりは微塵もありません。生麦のことは不幸な事故でした。」それを読み、安心する天璋院。
あれは日本人でも斬られて当然の無礼でしょう。

老中たちが「償い金」を払うつもりはない!と。薩摩が攘夷をしたのでそれを謝るべき・・って。
これを喜ぶ京方たち。和宮は冷静な様子、庭田嗣子らが騒ぎすぎる。

岩倉邸
岩倉具視は、和宮の縁談に協力したので~幕府に協力したとして命を狙われることになる。隠れて生活してたのね、あのシーンで猫は必要ないわ(笑)

長州藩 藩士 桂小五郎、久坂玄瑞らが、有力な公家に接近する。
姉小路公知、三条実美、朝廷は攘夷だけに染められていた。長州は帝をうまく味方につけようとしてたんでしょうね。
将軍を京に上らせ攘夷を実行させよう!と、長州藩士たち。京によった久光、この状況をどうしようもなく止めることが出来なかった。
「長州めぇぇ・・・このままではすまさんっっっ!!!」と、久光は激怒する。

薩摩に帰った帯刀、イギリスとの戦争を予想していた。
ナマムギムラ・・ナマゴメ・・ナマタマゴ・・

家茂、「攘夷をいつ?」と、迫られ焦る。天璋院に相談する家茂は冷静、異国と戦っても勝てるわけがない。和宮を心配する家茂。
おぉ?天璋院が京へ?と、思ったら・・家茂がいくことになる。
将軍がいけば、帝に対しても誠意をしめすわけだし・・同意する天璋院。これが和宮のためにもなる・・と、考えていたのに。

朝廷の使者と対面する家茂、
「家茂、京へまいります!」と、あのシーンは良かったわ~。
それを心配する和宮、喜ぶ生母たち。
でも、和宮は「攘夷が本当に出来るはずない」と、家茂にもいわれてたし。生母・観行院は和宮に聞く。なにかを隠してる・・と、思う母なのだわ。
家茂がどんなことを帝に伝えにいくのか、それを気にする母なのでしょう。誤魔化す和宮・・母は「役割を忘れないように」と、いうの。これは、まるで篤姫の時と同じだわ。
「攘夷を実行するため、公武合体」のための縁談だったし。
一応、母としてそばにいるのでした。京ではこの時代、母のことを
「おたあさん」?って呼ぶの?^^;

老中たちも、家茂がなにを帝にいうのか心配する。上洛、これを先に一橋慶喜に行かせて様子を探らせるとは。
滝山は「公方さまの上洛そのものが大変なこと」と、いう。朝廷に催促され、行くのだから屈辱!と、滝山なんだわ。
「されど・・公方さまも何かお考えがあるに違いない」と、天璋院。
この時の滝山~おもしろいわ。

和宮は上洛をとても心配する、そしてこの件を天璋院が後押ししたことを怒る。
これが「嫁、姑」に関係にヒビが入るのよー。妻としての誇りが許さなかった和宮、たぶん・・焼きもちもあったのかも。

帯刀、家老職になる。父といい関係の息子だわね。
坂本龍馬、勝海舟にあう!器の大きい勝に弟子にしてくれ!と、いいだす坂本なのよ。
坂本、やはり玉木宏じゃ、若すぎるわ。こんなイケメンじゃないし(笑)
でも、異国の才能のある人物が採用される~っていうのは良いことだと思う。日本は身分の上下が厳しかった時代だし、開国で新しいものを取り入れる必要な時代だったのよね。
海軍を作りたがってる勝海舟。
これは、あとで天璋院にその心を見抜かれる。

「陸路じゃ!」と、天璋院が勝に強くいうシーンはおもしろかった。
結局、軍艦ではいけない家茂でしたねー。坂本竜馬、簡単に勝の話に乗ってしまいした。

天璋院、小さな仏さまを作るように指示、その入れ物の袋・刺繍をする。
和宮もまた、妻としてお守りを用意、家茂に渡す。このとき、天璋院がすぐに渡せないのを察し、家茂から出すようにいってくれたのはやさしい。
妻と母、これを平等に扱う家茂は大変だわ(笑)

家茂を待つ日々を思う、心配する和宮、これは完全に女心でしょうね。でも、いったあと、「忘れて下さい」とは、プライドかしら。家茂の
「わたくしも迷ったけど、上洛を決めた・・母上さまが後押ししてくれた・・」これじゃー!妻としては怒ると思う。

天璋院に文句をいいに来る和宮
「私が笑って送りだせるでしょうか?無事にお帰りあそばすのを楽しみに待てますでしょうか?
わたくしは・・あの方の妻です。母とは違うのです。都でなにかあったら・・わたくしは、大御台さんをお恨みします。」
これには愕然の天璋院・・和宮のことをも思ってだし。
「恨まれてしもうた・・」

文久3年2月家茂が京にいく。
あの大奥と、向こうがわとの扉で別れる和宮は本当に辛そうでした。昔の篤姫みたいな感じ。
天璋院が差し出した仏さまの刺繍をみた和宮の目!あれは嫉妬だわ~(^_^;
後追いする和宮がなんだか可哀想でした。
「母上を頼みます・・」と、家茂はさる。

「扉を開けよ!」っていいたそうな・・和宮でしたね。
「ともにご無事を祈りましょうね」天璋院はやさしく・・
「いやじゃ、私は1人でお祈りいたします」と、和宮。
この2人の間の溝は・・埋まるのでしょうか。
次回は?薩英戦争?
この「篤姫」は広い世代に人気があるようで視聴率もいいですね。こんなに大河ドラマがおもしろいとは。
和宮、家茂のことをとても心配・・・本当に好きになってしまってる感じでした。
でも、嫁と姑の関係ではかなりあやうい雰囲気・・。
2人とも家茂を思う気持ちは同じなのに、「妻」「母」としての心配があると思うし。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しいです^^
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年09月23日 14:16 ] カテゴリ:篤姫 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天