ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」47回「大政奉還」あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」47回「大政奉還」あらすじと感想

前半はどうなる?と、緊張と焦りと苛つき。そして後半は敵だらけの龍馬を描いてました。弥太郎は信じたおかげでお金を儲けることに成功です。あのまま、自分の考え通りなら大損だったでしょう。後藤の表情、すごく良かったです。

龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den Reviews
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
お龍    真木よう子


47回

山内容堂の書いた大政奉還の建白書を、徳川慶喜に差し出す後藤象二郎。
これに激しく動揺する慶喜。

幕府サイドとしては当然、これに激怒で反対する声もあったが、
「山内容堂公は世の中の先を見る目がある。これは忠告かもしれない」と、意見もでる。
悩む慶喜。

龍馬は、京で新撰組が守っている永井玄藩頭に話があると近づく。
これ、新撰組がいるのに・・危ないと思いました。

永井玄藩頭は、慶喜に近い人間であり、勝麟太郎の師匠でもったんですね。勝が弟子だったと、龍馬の話を聞く永井でした。
神戸の海軍総連所で学んだことだと龍馬は話す。

船で嵐に出会ったら、大切なのは荷物ではなく船客、船員の命と。
つまり今、
「徳川幕府という国は、異国に狙われ、薩長に責められそうな今・・まさに大嵐と同じ・・船長である徳川慶喜の取るべき行動は、徳川の人を守ることではないでしょうか?」と、龍馬の考え。

これに驚き、納得する永井は慶喜に戦をしないで、大政奉還をすることを進めるのです。
この時の永井、「上様、道はひとつしかありません」と、強く強く大政奉還を進めてました。
これで納得したのかしら。

文字で書くと本当にあっさりだけど、この前半はとても緊張した雰囲気と、空気を感じます。
慶喜の苦悩、龍馬たちの焦り、西郷たちの苛つきやら。

悩む慶喜は、二条城へ40もの藩・重臣を集めるといいだす。

二条城へ藩・重臣たちが集まり、慶喜は聞く。
「もしも、大政奉還になったらどう、思うか?」と。
これに多くの重臣たちは、「上様、申し訳ありません。即答できません。藩に戻ってから・・」と、続き苛立ちの慶喜。
誰も応えられない。

焦る後藤は決意
「申し上げます。」と、ここで今、慶喜が大政奉還を成し遂げれば、歴史に名前も残り、未来への日本を作ることになるので賛成、戦にもならないと。
驚く慶喜は人を払い、1人で考える。

これに驚く人々は
「きっと、建白書を拒否する!」と、慌てて軍の準備をする。
薩摩、長州はもちろん、武力で幕府を倒すと勢いの準備。

これで驚く龍馬は、すぐに後藤象二郎に手紙を書く。
「もしも、慶喜が建白書を拒否したら、すぐに海援隊を呼び、慶喜を殺す。」と。
慶喜1人の命ですめば、戦になるよりはマシ!と、考えの龍馬に感動の後藤。

この後藤の表情も素晴らしい。驚きと感動、動揺の入り交じった顔でした。

で、この騒ぎで弥太郎は儲ける!と、土佐商会にいながら?最新の銃を買う準備を進める。

「戦になれば、大儲け出来る」と、弥太郎は日本1の金持ちになるという。
これを聞いて、沢村惣之丞(要潤)は、
「わしらは龍馬さんに思う存分、動いてもらうために稼いでる。」と、自分の私利私欲に走る弥太郎をせこいという^^;
悔しい想いの弥太郎。

長崎の商人たち、グラバーは、龍馬の行動力と今までの働きを、認めてるので
「きっと、大政奉還になるだろう。戦にはならない」と、考える。
これに焦りを感じる弥太郎は・・戦になると思い、銃を仕入れ買い集めてたのを・・・

先に銃を仕入れ、戦になれば高く売れると見込み~1人で買い占めに走ってたと思うんです。
でも、商人たちの話を聞いて・・ギリギリの段階で龍馬を信じてしまう。つまり、銃を売ったんですね。

だから、それはそれで儲けた。でも、悔しい弥太郎は「負けた!また、負けた!」と、龍馬に勝てないと、悔しい想いでいっぱいだったと思います。

慶喜が1人、考えてる間は長くて。
その間に龍馬は、のんびりと夜の星をながめて「早く船に乗りたい。新しい海に出たい」と、先のことを考えてました。

そして・・勝麟太郎が来る。
幕府の人間として来た勝は、幕府には2万の人間がいると・・幕府がなくなればどうなる?と、龍馬に聞くも龍馬は
「そんなんことはどうでもいい。みんなその2万人も、好きに自由に働けばいい」と。商人でも、職人でも自由に。
これに笑い出す勝。

ただ、勝は慶喜がもしも、大政奉還を決意したらそれは、勇気と大変な決断力が必要であり、慶喜を敗軍の将としたくないという。
慶喜を認めてる勝でしょうね。
薩長が動かないよう、幕府を襲わないように龍馬に約束をさせる。

大政奉還を宣言する慶喜。
安堵の龍馬たち・・だが、これに面白くないと思う人物が・・・

「あいつを生かしておきべきではなかった・・」と、つぶやく西郷たち。
新撰組も、龍馬を斬ろうと騒ぎ始めるが・・これを止める勝麟太郎。

人きりをすれば、慶喜の意見に逆らうことになる・・と、諭す勝麟太郎でした。でも、近藤は怒りでいっぱいの顔。
龍馬の「新しい日本を・・」と、言葉にも納得出来ない顔で立ち去りました。

そして「なぜ、こんなことになったのか?」と、悔しい思いの慶喜。
「これに関わった人物は・・土佐の下士、坂本龍馬!」と、知ります。

大政奉還は「夢だった」と、喜んでいるだけの龍馬ではなかったです。まだまだ、人々の考えも、行動も同じまま。
これから、変えていく必要があると強く感じてる龍馬でした。

龍馬を信じて、お金を稼いだ弥太郎の悔しさ、これも伝わってきます。
大政奉還を成し遂げたのに「まだ、やることが残ってる」と、龍馬でした。

「龍馬暗殺まで・・あと一月やったがじゃ・・」
(弥太郎語り)

続く・・・

次回はついに最終回、暗殺です(涙)
歴史だから仕方ないけれど、悲しいです。薩摩黒幕説もあるけれど、慶喜も怒ってる、新撰組も・・と、感じです。
長州の桂さんも・・怒りの顔に見えました。本当に敵が多いと、龍馬です。
出来れば、慶喜が帝に返上する様子をもうちょっと、描いて欲しかったです。

大政奉還とは、言葉でしか感じないけれど、当時の人々には「武士も上士、下士もなくなる。幕府も・・」と、信じられない出来事なんですね。
それをこのドラマで感じます。
あ~~もっと、もっと日本史を勉強しておけば良かったです^^;


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年11月24日 15:42 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。