ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」46回「土佐の大勝負」あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」46回「土佐の大勝負」あらすじと感想

まさに命がけです、大殿・容堂との話し合いは迫力ありました。最後に後藤と手を結ぶ姿にも感動です。乙女ねえやんと会うのもあれが最後なのでしょう(涙)


龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den Reviews
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
お龍    真木よう子


46回

土佐に戻る龍馬は、久しぶりに実家の家族と再会を楽しむ。
「もう年だから・・」と、兄・権平(杉本哲太)は、龍馬にこの家を継いで欲しいというが、龍馬は
「もう少し、待ってほしい。今、関わってることが終われば、必ず戻る。」と、約束をする。

本当に大政奉還を無事、終えたら戻るつもりだったんでしょうか。でも結局、命を狙われる龍馬なんですよね。
それだけこの「大政奉還」に、命を賭けていた龍馬なのだと強く感じました。

土佐に着いた龍馬は後藤に頼み、大殿・容堂に会わせてほしいという。
しかし、龍馬と会おうとしない容堂。

容堂公に頼む後藤はついに、
「憎み合う薩摩と長州を結んだのはあの男です。土佐と薩摩との盟約をかわしたのも・・」と、告げる。

これに驚く容堂は
「お前、なぜそれを今まで黙っていた?」と、聞く。
「妬ましかった・・脱藩した下士の龍馬が、あんな大きなことを成し遂げたことが妬ましかった。」と、告白する。

これは驚きでした。
容堂はなぜ、龍馬と会おうとしないのか~と、謎だったから。でも、後藤がこの事実を黙っていたんですね。
さすがの容堂も、あの薩長を結んだ!この時代の流れを変えようとしている男!と、わかって龍馬と会うのでした。

容堂に会い、幕府の徳川慶喜に大政奉還の建白書を書いて欲しいと頼む龍馬。
建白書を書いてくれとは、直訴でありこれを拒否されたら切腹すると龍馬。

最新の銃をみせ、これを「幕府に向けるのか?それとも薩長か?」と、容堂も迫力ありました。
結果、容堂は後藤の告白(龍馬が薩長を結び、時代の流れを変えていた)ことを知り、龍馬の書いた新しい日本のありかたを文書を読んで、建白書を書く容堂でした。

容堂、銃は土佐が買い取るが、これを幕府には向けない!土佐を守るために使うと言葉でした。

「わしが憎くないのか?」と、容堂に聞かれ、龍馬は
「憎いです。」と、日本の長く古い幕府のしきたりが憎いと答え、上士も武士すらもなくなる時代へ変わるべきと説得する。

容堂としては、武士という身分がなくなれば、自分の立場・藩主というのも消えてしまうかも?と、不安が大きかったと思います。
そして、藩も幕府もいらないと龍馬の大胆な考えに驚きつつ、それが日本のために良いと、決断だったのでしょうね。

自分が建白書を書けば、「山内家は潰されるかも・・」と、思いもあったけど、書いた容堂もやはり、日本を変える必要があると考えだったのでしょう。

この龍馬が、容堂に建白書を書いて欲しいと頼むシーン。これがドキドキと感動でした。
頭をさげて、刀を自分の前にだし、頼む姿です。

そして驚いたのは、隣に座る後藤までもが、刀を置いて龍馬と一緒に頼む姿でした。
つまり、後藤も命がけで容堂に頼んでいたんですね。

建白書を書き終えた容堂は、龍馬に聞きます。
「なぜ、わしが建白書を書くと信じてた?」と。龍馬は武市の牢に入り、同じ地面に座りこみ
「お前はわしの家臣じゃ」と、いったことで涙を流して感動した武市の思いをいいました。

きっと、武市を嫌っていた容堂だったけど、あれだけの一途に大殿を、信じるその忠誠心を認めた容堂だと思います。
そんな容堂ならきっと、建白書も書いてくれると信じてた龍馬でしょう。

建白書を書き終えて、お酒を飲む容堂は後藤にも杯を差しだし
「飲め(わかった)」と、お前たちの思いを理解した!と、ように見えました。

容堂も、吉田東洋を暗殺したのは「自分だ」と、ウソをついた龍馬を知ってたし、5年前に来た時のことも覚えてた。
酔ってばかりじゃなくくて、やはり先を読む目を、考えを持った人なのだと思いましたね。

弥太郎は、土佐商会の主任をおろされ、自分の会社を作ると帳簿を見てるとき、弥太郎が辞めさせられたのを、納得出来ない人も多いと。
これからは世の中は変わる、刀よりもそろばんを持つ時代と、弥太郎と一緒に商売をしたいと、いいだした武士たちには驚きました。
あれで弥太郎の会社の仲間が増えていくのでしょう。

姉・乙女から「命だけは大事にしてほしい」と、いわれる龍馬は、蒸気船でお龍を連れて必ず戻ると、春には家族で異国へ行こうと約束をする。

この乙女(寺島しのぶ)はもう、危険な龍馬のことを感じてるようでした。大きなことを成し遂げる弟・龍馬を心配する姉ですね。
これが乙女とも、最後になってしまうとは(涙)

「龍馬に残された時は・・もう・・40日しかなかったがぜよ。」
(弥太郎語り)


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年11月24日 13:07 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。