ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」44回「雨の逃亡者」あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」44回「雨の逃亡者」あらすじと感想

本当に誰にでも優しい龍馬です。あの広く柔軟な心だったから、みんなに愛されたのでしょうね。そして何よりも、高い志の人です。

龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
元      蒼井優
お龍    真木よう子


44回 16.2%

後藤象二郎は土佐の大殿・山内容堂に大政奉還論を説明するも、容堂は
「薩摩は戦をする気!」と、最初から読んでいたと拒否。

薩摩は土佐と手を組んだけれど、大政奉還なんてあり得ない!と、薩摩が戦をする気だったと、理解してた容堂はやはり、すごい人物だな~と、思います。
幕府に向かって攻撃するなんてこともない!と、いいはる容堂です。

イギリス軍艦イカルス号の水夫が2人、白ばかまの武士に殺される事件が起きる。
怒るイギリスは、長崎奉行・朝比奈に犯人を捕らえなければ、土佐を攻撃するとう。

これを良いチャンスと、朝比奈は「坂本龍馬のいる海援隊が犯人!」と、龍馬を犯人として捕らえようと動く。
逃げる龍馬。

もちろん、海援隊が人を殺すはずもないので、否定するも話も、聞いてくれない朝比奈。
弥太郎は探した結果、犯人は福岡藩の武士であり、自害したという。その証拠の手紙を朝比奈に見せるが・・中を見ないで破いてしまう朝比奈。

これで弥太郎は、「犯人は誰でもいいのだ。龍馬を捕まえるつもり」と、わかります。

イギリスの水夫が殺されたとき偶然、見てしまった芸子のお元。
朝比奈に呼ばれ、質問をされ
「顔をみたのか?」
「いいえ、見てません。」
「あれは坂本龍馬だろう?」
「いいえ、違います」
「顔をみてないのになぜ、わかる?いつからアイツと?」と、怒る朝比奈。

龍馬を犯人じゃないと、いうお元にも怒ったのでしょう。
お元は龍馬を庇ってる?隠してる?と、思われてしまいます。

そして、お元の部屋を荒らされ、中にあったキリシタンの証拠でもある、十字架が見られてしまい・・
「お元はキリシタンだった!」と、バレてしまいます。
逃げるお元。

雨の夜、弥太郎はお元のことを聞いた龍馬と出会い
「お前がいつもわしの邪魔をする。お前がいなくなれば・・消えてくれ。お元もわしも、お前のせいでこうなった。」と、弥太郎に何も言い返さない龍馬。

弥太郎は、長崎奉行・朝比奈から「土佐商会が、長崎で商売できないようにしてやる」みたいに言われてしまうんです。
イギリスの水夫を殺したことで、イギリスから責められたから。

お元も、龍馬のことを聞かれてしまい・・部屋を荒らされる結果となったから。
確かにそうかもしれない。
龍馬のまわりにいる人たちは、危険な目にあうこともあるだろうけど、それよりも幸せに進む人の方が多いと思います。

逃げるお元を浜辺で見つける龍馬。
もう、泣いて泣いてマリア様の十字架を抱きしめるお元。
「みんなが笑って暮らせるような日本はどこにあるの?」と、お元に心痛める龍馬。

自ら、イギリス公使の所へ行く龍馬は、自分たちは日本を変えないとダメだと。
日本は変わらないといけないと、自分たちの思いを熱く語り、納得してくれるイギリス公使。

龍馬を「使えるやつ!」とも、思ったようです。
それに何よりも、薩長を結びつけた人物なので信じてくれたのでしょう。
これで、イギリス公使は長崎奉行に水夫殺人事件のことは、穏便にするといったもよう。

弥太郎にも、長崎で商売することを認めたから。
ただ、この時の弥太郎はもう、龍馬に対して怒りしかないようにみえました。
自分の邪魔をする!と、自分のことしか考えていない弥太郎にみえてしまう。

そそ、龍馬は弥太郎に土佐ももしかすると・・戦をしたくないけれど、大政奉還がダメになった場合は戦になるから。
土佐にも武器を!と、銃を用意させてました。

キリシタンであったことがバレたら、島流しとか、強制労働とかのようです。
お元はもう、長崎にはいられないし・・どうなる?と、思ったら。やっぱり、龍馬が助けてくれました。
イギリス公使に頼んだのです。
お元を「自由な国。隠れなくてもいい国」へ、行かせた龍馬でした。
きっと、イギリス公使に頼んだので、お元をイギリスに逃がしてくれたのでしょう。

「日本が笑って暮らせる国になったら、戻って来ます。」と、龍馬と約束するお元。
「その時はのぅ、お前が堂々と・・マリア様を拝める国にしちゃるき。わしが・・わしが・・みんなが笑って暮らせる国にするき。」と、龍馬。

ここはもう、泣けて泣けて(/_;)
本当に可哀想なお元だったから、これで自由になれるって。芸子も嫌で嫌で仕方なくやっていたお元。
助けを求めたのが、たまたま「異国の神様」だったと龍馬でした。

「この時・・龍馬の死は・・あと三月に迫っちゃちゃったがじゃ・・」
(弥太郎語り)

もうひとつの龍馬伝

もうひとつの龍馬伝

価格:1,680円(税込、送料別)




ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年11月07日 16:56 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。