ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  龍馬伝 >  「龍馬伝」41回「さらば高杉晋作」あらすじと感想

「龍馬伝」41回「さらば高杉晋作」あらすじと感想

見終わってため息と放心状態です。本当に悲しいけれど、前に進もうと決意も印象に残りました。志半ば29才の若さでした。伊勢谷晋作の素晴らしい涙です。

龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
桂小五郎   谷原章介
お龍    真木よう子



41回

土佐藩と手を結ぶ龍馬は、亀山社中を土佐にいれ、海援隊とする。
表向きは「ビジネス」をする海援隊だけど、本当の目的は「土佐と薩長を結びつけ、大政奉還を成し遂げること。」

海援隊とは、名前を変えた亀山社中と同じなんでしょうね^^;
まあ、土佐藩のバックがあるからもっと、大きな仕事も可能となったんでしょう。

白と赤の日の丸じゃないけど、旗も作る。
海援隊の規約として、仲間同士を支え、切腹も許さないと龍馬。
脱藩した者も多く、沢山の人数が集まった海援隊です!
ここは長崎の商人、小曽根の屋敷。

そこへくる弥太郎は、「格好付けて!」と、大殿の命令で土佐藩からの給料も含め、会計を担当するという。
「後藤さまに感謝しいや!」と、偉そう自慢げな弥太郎なんだけど(笑)

「おまんら!アレを持ってこい。」と、龍馬に弥太郎は
「なんじゃ?菓子折か?」と、喜ぶのだけど・・持ってきたのは亀山社中のツケ!
「亀山社中からのツケがたまってる。頼むな!」と、龍馬が面白かった(笑)

驚く弥太郎に
「船が欲しい。海援隊じゃ。ボロボロの船はだめじゃ。蒸気船や!」と、口が上手い、調子のいい龍馬(笑)
唖然とする弥太郎でした^^;

ツケの精算から、船まで用意するハメになるとは。早くも龍馬に振り回されてる弥太郎でした。

長崎奉行の朝比奈は、土佐藩の後藤に会って
「薩長を結びつけた坂本龍馬はどこにいる?」と、聞いてくる。これを完璧にとぼける後藤でした。

「坂本の名前を名乗ってるだけの誰かでしょう。」と、後藤は龍という女も、知らないという。
悔しい朝比奈。
ここは後藤がキッパリ、「詮議無用!」と、言い切ったのでスッキリします。

ここは土佐藩が表に立ち、龍馬を守ってくれる~って感じです。お龍のことも知らないと言い張り、龍馬たちを守る土佐藩でした。
でも、危険なのは変わらない。
これで後藤は龍馬に「お龍」も危険と知らせたんでしょうね。

龍馬はお龍に「下関にいってほしい。わしの頼みを聞いてくれ。」と、危険だから長崎から移動するように頼む。
「いやや・・」と、お龍だったけど、頼まれ渋々と了解するのです。

寺田屋のように巻き込みたくないと、龍馬の想いですね。長州なら、幕府も手が出せないと行く龍馬とお龍でした。

龍馬は、「才谷梅太郎(さいだにうめたろ)」と名乗り「こんにちは」と、連呼してました。
船を見つけた弥太郎に、気に入ったと龍馬。いろは丸。

下関
寺田屋事件、命を助けられた三吉真三と再会の龍馬。
キチンとお礼をいう龍馬に対して、三吉も「長州の恩人」と、いってました。

木戸に会いたいと龍馬は、高杉の余命が・・と、知り向かう。

龍馬が来ると知り、起きて着物を着る高杉。
医者からは絶対、安静と言われてるも
「養生しようがしまいが、長生きは出きんです。好きにさせてつかあさい。」と、笑顔をみせる高杉。
何もいえない龍馬と、木戸でした(/_;)

余命わずか・・それでも明るく笑顔を見せる高杉です。
長崎に海援隊を作ったと、説明する龍馬は、「本当の目的」と、話す。土佐の後藤が、龍馬の大政奉還すると話に乗ってくれた・・と。

驚き嬉しそうな高杉でした。
改めてお願いがあると、龍馬は「土佐と一緒に大政奉還を目指してほしい」と、木戸に頼む。
木戸は、山内容堂がこれに賛成してるのかを聞き、まだ話していないと龍馬。

容堂には、土佐と薩長が手を結んでから、言うつもりと。
大殿さまにはやはり、先に手を結んでからいおうとしたんです。これを
「無理じゃ」と、アッサリ拒否する木戸孝允(きど たかよし)・桂小五郎。

「僕たちは朝敵のままなんじゃ。ならば・・力ずくで幕府を倒すしかないんじゃ。」

薩摩は朝廷に訴えていた。
「長州を朝敵とした勅命を撤回するように・・」と。
それでも完璧に拒否する木戸。

もう、聞く耳も持たない!って感じの強い姿勢でした。
これでフラフラの体で高杉が
「僕の遺言と想って聞いてくれ・・。」と、言葉にハッと姿勢を正す龍馬と木戸でした。
もう、この辺りで目から涙が・゚・(ノД`)・゚・。
高杉さーーん。

「なんじゃ・・?」と、木戸。

「坂本さんは・・奇跡を起こしてくれた・・馬関の戦いは奇跡じゃった。土佐藩の参政が大政奉還を目指しているなら、真ならば・・それは奇跡のような話じゃ。容堂公も・・・げんくんと呼ばれる方ならば、時勢を見る目をお持ちのはず・・
大政奉還建白と、動き出すかもしれん。
木戸さん。坂本さんの起こす奇跡に・・我ら長州も・・賭けてみてはどうだろう・・?・・いや、今一度、賭けてみてほしいんじゃ・・」と、真剣に木戸に告げる高杉でした。
これだけいうともう、ひどく咳きこんでしまって(>_<;)

でも、木戸の返事は・・木戸はもう、高杉をみていられず、屋敷を出ようといってしまう。それを追う龍馬。
「高杉さんは・・・あとどれくらい生きられますか?」と、龍馬に
「医者は・・・桜をみせてやりたいと・・」と、答える木戸。

もう、それだけ残りわずかな命だったんです。この龍馬とお龍が下関に来たのはたぶん、3月~くらいなのかな。
冬から春にかけて~と、ありました。

「高杉さんは・・桜の花をみたいとは想っていないはず。見たいのは・・新しい時代にふさわしい・・生まれ変わった・・そういう日本の姿ぜよ。」と、龍馬。

ここは土佐弁は難しいので標準語です^^;

「そげなこと、僕もわかっちゅう・・」と、木戸も泣いていて。

「この国を一刻も早く生まれかわせるためには・・武力で幕府を倒すしかないんじゃ・・」木戸の強い想い。
「木戸さん・・けんど・・けんど・・」

ここで・・「どうか、高杉さんに会わせてください。」と、必死に来る貧しい人々。
奇兵隊の人々なんです(/_;)

「高杉さんにひと目あいたい。」と、隣村から来た男、女、子供たち。
みんな高杉の病気が治るようにと、お百度を踏んでるという。
「お願いします。高杉さまーーっっ。」と、呼ぶ声に男泣きの高杉でした(涙)

ここも突然のシーン、まさかの平民というか、普通の百姓のような人々。
こんなに慕われている・・と、シーンでした。
「せめて・・これだけでも・・」と、持ってきたのは卵。

涙を流す木戸、龍馬でした。ここはもう、私も何度みても号泣です(涙)
この回だけあれば、辛いことがあっても、生きていけそうなほどたまらないシーンです。
歴史に疎いけれど、高杉の死を無駄にしたくないと思えます。

弥太郎は、大洲藩に船を貸して欲しいと営業。
あまり使用しないので、借りるたびに使用料金、海援隊の儲けの一部を出すと、話に貸してもらえることになる。

下関の海岸
龍馬に支えられ、浜辺に来る高杉。
お龍は「高杉さんと、龍馬さんはよく似てる」と。
このお龍は寂しそうでした。先が短いのはきっと、龍馬も・・と、意識があるからでしょう。

海援隊で新しい世を作る、
「日本を・・日本人を幸せにしようと志の高いものが・・国の政をになう・・そういう世の中にしたい。」と、龍馬。

「そりゃ・・ええ・・」と、嬉しそうに聞いている高杉。

「わしは・・必ず、成し遂げられると想うちゅう・・高杉さんのおかげでのぅ。」
「ボクの・・?」

高杉の作った奇兵隊は、身分の差がなかった。侍、商人、百姓・・と、一緒になって自分の国を守ろうとしていたことを指摘。
「これこそが、新しい日本の形じゃ・・わしは確信したのじゃ・・」と、龍馬。

「嬉しいのぅ・・わしは・・気のあった人に会えた・・日本を頼みます・・坂本さん・・」と、頭を下げる高杉。

震えて・・ぎこちなく「う・・ん・・うん・・」と、龍馬でした。
もう、命の炎が消えそうな高杉にいわれ、言葉をなくした感じです。

それをみて
「うはは・・あはは・・ボクの出番は・・もう、終わりです・・あとは酒を飲んで・・三味線をひいて・・おもしろ可笑しく暮らしたい・・あの世でね・・」と、笑顔の高杉。

「高杉晋作は・・そういう男ですけ・・」

これに答える龍馬の涙、そして笑う高杉が・゚・(ノД`)・゚・。

お龍に
「人はどうして死んでしまうのか・・天がおまんの役目は終わったと・・想われちゅうき・・」
「そうかもしれませんね・・そやかて・・人の死というものは・・終わりだけではないと想います。その人の役目を・・志を受け継ぐ者にとっては・・
始まりどすさかい・・」と、お龍。

「そうじゃのぅ・・その通りじゃ・・どんなときも・・前にむかわんといかんのじゃき・・」と、納得する龍馬でした。

人の死だけでは「終わり」だけれど、誰かがその志を継いでくれたらそれは「始まり」と、お龍でした。
高杉の死を志を、継いだ龍馬ですね。
なんだか、すべての言葉が大切で、胸に響いてとても捨てられない。覚え書きとして残したいと想える言葉ばかりです。

そこへ来る中岡慎太郎。
木戸に会いにきたと、お龍に紹介する。

龍馬の海援隊を聞いたと中岡に、「おまんも加わんか?」と。
「おまんが海援隊なら、わしは陸援隊を作る・・」と、中岡。

「倒幕じゃ。徳川を討つ!」と、中岡。

龍馬の願いは、徳川幕府を終わらせ、新しい日本のしくみを作る・・と、この目標だけは同じな中岡なんですね。
ただ、龍馬とやり方が違うという。

龍馬の考えは、「大政奉還」中岡の考えは「戦しかない」という。
さすがの龍馬も、この中岡の考えを変えることは出来ず。
「道は違うが、目指す所は同じ」と、龍馬でした。

「わしは・・やるぜよ・・」
「わしも・・おまんには負けんぜよ・・」と、龍馬。

海援隊の初仕事も始まり・・いろは丸は海援隊が動かすことになる。

「高杉さん・・わしは高杉さんに感謝しちゅう・・高杉さんばふとう生きちゅう人間を・・わしは他に知らがぜよ・・
わしも・・高杉さんのように・・己の命を燃やして・・志を成し遂げようと想うちゅう・・」と、この手紙を嬉しそうに読む高杉。

そこへ来る元・奇兵隊のみんな。
高杉が大将のとき、働いていたと大勢来る。
ここには近づくなと、言われていたが・・庭の桜が綺麗に咲いて・・

「みんな・・高杉さまと花見がしたいと・・どうしても、お顔が見たい・・」と、来たのです。その言葉に泣き笑いの高杉。
桜の下、みんなで花見をする・・・あの笑顔が悲しくもはかない。

龍馬の乗ってるいろは丸に、奇兵隊の旗が届く。
出航するいろは丸。

高杉は1人、浜辺で声をあげて泣いて・・どんなに無念だったか(涙)

運の良い奇兵隊の旗を船にしばり
「高杉さん・・ありがとうございました・・」と、龍馬。

「慶応3年4月・・高杉晋作・・死す。けんど、その魂は・・すでに・・龍馬の中に・・あったがじゃ・・」
(弥太郎語り)

「龍馬暗殺まで・・あと・・七ヶ月・・」

続く・・・

辞世の句「おもしろき こともなき世に おもしろく」この高杉、本当に無念だったと想います。
龍馬と一緒に生きて、新しい日本を見たかったはず。自分の手で動かしたかったでしょう。
号泣の41回でした(涙)
続きと高杉が気になり、早めの視聴でした。余命わずかでも、余裕で笑顔を見せて己の運命を受け止めた感じがしました。でも、心は悲しい・・


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年10月13日 23:18 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天