ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  龍馬伝 >  「龍馬伝」40回「清風亭の対決」あらすじと感想

「龍馬伝」40回「清風亭の対決」あらすじと感想

撮影はもう、終わったようですね。ニュースで見ました。感慨深い1年だったと思います。本当にステキな福山龍馬のましゃ、お疲れさまでした。最終回の48回は11月28日の予定で時間を拡大のようです。

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
桂小五郎   谷原章介
お龍    真木よう子


40回 

龍馬は幕府との戦、長州に参加して大勝利。
これで長崎に戻るも、お尋ね者になり外をまともに歩けないほど。
長崎の商人の家に隠れる。

亀山社中も荒らされ、龍馬を探す長崎奉行の朝比奈たち。

長崎の商人・小曽根が龍馬を匿ってくれ、亀山社中たちも呼んでくれるのです。これがバレれば、自分も危険な小曽根です。
でも、長州にも負けた幕府を見切った感じでしたね。今後、日本の将来は龍馬に賭けた小曽根だと思います。
危険なことも承知、亀山社中までも守る気だったのしょう。

土佐の山内容堂は、幕府が負けたことでこれもまた、
「もう、幕府は前のような力を持つことが出来ない」と、読み・・・80万両もの大金を用意するよう命じる。

これは何に使うのでしょうね。このお金を用意出来ない弥太郎。

後藤象二郎に名案はないかと聞かれ
「さ、さ、坂本龍馬!」と、いいたいところを悔しい、象二郎の前でその名前を出せない。
だから「さ、さ、三年後にはなんとか・・」と、誤魔化すには笑った(笑)

象二郎にしたら、土佐の脱藩浪士であり下士の龍馬は「吉田東洋を殺した」と、自ら名乗り、逃げた人物だから。
恨みを持っていても当たり前。しかも、相手は下士!って意識が強いでしょうね。
ようするにバカにしてるんです!

突然、容堂が命令したことはなんと!薩長と橋渡し「薩長と密かに繋がれ」と、言い出す。

これに困る弥太郎。象二郎に命じられたからね。
象二郎は最初、長崎の商人の小曽根、お慶に頼むのだけど、幕府を相手に商売をしてるので、そんな危険なことは出来ない、そもそも知らないと。
坂本龍馬に頼めば良いという。
これに驚く象二郎。

弥太郎を責めて
「お前も知ってたのか!長崎にいるんだな!」と。びびる弥太郎だけど、居場所は知らない^^;
必死にグラバーや、小曽根たちに聞くけど誰も教えてくれない(笑)

そんな時、芸子のお元と飲んでいる弥太郎の元へ会いにくる龍馬。
ここもびっくり!
危険なのにひょっこり、登場する龍馬はいたずらっ子のよう。
驚くお元、弥太郎。

「お前がわしに会いたいと・・探してると聞いた。」と、相変わらずノンキな龍馬^^;

弥太郎が自分を探してる理由、「後藤象二郎が自分に会いたがっている。」と、知ってる龍馬は自ら、
「時間と日にちを決めてくれ」と、いって弥太郎を驚かす(笑)

そして・・清風亭での会談。
場を和ませるよう、弥太郎はお元も呼ぶ。
でも、部屋の襖の裏には・・・象二郎を守る土佐藩士たちが、ギリギリで待機している。
弥太郎もいる。

そんな中、龍馬はやってくる。
「後藤象二郎が過去のことをまだ、根に持つようなやつなのか・・それとも、日本の未来を本気で考えるやつなのか・・見極める」と、龍馬。

でも、象二郎も下士の龍馬を薩長を結びつけたし、どんなやつなのか?と、本気でみるつもり。

そして会談。

「土佐のために働いてくれないか?土佐と薩摩、長州との橋渡しをせい!」と、象二郎をキッパリ断る龍馬にはびっくりでした。
まあ、確かに土佐勤王党をつぶし、武市、以蔵を殺したから。
これをいう龍馬でした。

それでも、「道がない(選択肢)」と、象二郎に龍馬も「仲間が待機してるので同じ」と。
ここはもう、ハラハラのシーンでした。

龍馬は木戸に大政奉還の意見をいうも、笑われて「そんな夢」と、いわれてしまう。
西郷も、幕府と戦う決意があるのを知ってるので、ここはなんとか、戦をしないで幕府に政権を朝廷に返すよう、大政奉還させたい考え。

正面からいっても、相手にされないほど大きなことなんですよね。大政奉還って。
あの幕府が力を手放すはずがない!と、みんな口を揃えて同じことを言う。

象二郎に
「わしは長州に加わり、幕府を倒した。もう、幕府の時代は終わる。今こそ、大政奉還の時代じゃ。」と、龍馬。

これに驚く象二郎は、「幕府が返すはずはない。政権を手放すわけがない。」と、言い切る。

最初、これだけでも興奮で怒る象二郎だったけど。
「だからこそ、土佐の出番じゃ。」と、龍馬は大きな幕府があるけれど、薩摩と長州に土佐が加われば・・もっと、大きな力になると説明。
「土佐は薩長に近づきたいはず。それなら、ガッチリ手を組むべき」と、龍馬。

これでもちろん、驚く象二郎であって。
龍馬の仲間と、象二郎の部下たちが一触即発の状態でドキドキでした。

お互い、刀を抜いてギリギリのにらみ合い。でも、結論として象二郎は速攻、返事をしたので驚きました。
一応、大殿様の意見を聞くものかと。

そしたら、象二郎はその場で「いいだろう」と、龍馬の意見に賛成するのです。

「土佐が幕府に戦をしかけるのは・・天地がひっくり返ってもない!」と、言い切ってたのに。
慶喜と大殿・容堂も親しい関係というし。それでも、その場で返事をした象二郎でした。

土佐は幕府に刃をむけない。薩長をおさえる力になると。
この考えが「土佐を新しくする。大殿さまの望むこと」と、龍馬。

これを気に入らないなら
「土佐も後藤様も・・とんでもない大馬鹿ものじゃ・・」と、龍馬でした。

ただし、条件があるという。
「必ず土佐が・・日本の要になると約束しろ・・」と、象二郎に
「約束のシェイクハンドじゃ!」と、手を差し出す龍馬でした。
握手ですね。

ここに初めて、土佐の上士と下士が手を握った・・感動のシーンでした。
これを見ていたお元、弥太郎がもう、腰を抜かしそうなほどに驚がくしてました。

「あいつは口だけ」と、いつも龍馬のことを、文句いってた弥太郎だったけど、この会談を目の前でみたらもう、認めるでしょうね。
そしてお元も、未来に期待したと思います。

「亀山社中も土佐藩の元に入れ」と、指示に龍馬は「土佐藩と対等な立場なら」と、条件をつけ、これを了解する象二郎。

そそ、一橋慶喜は第十五代将軍、徳川慶喜となる。
フランスの力を借りて「必ず、長州を討つ!」と、叫んでいました^^;

お元の話を聞く弥太郎でした。
家は漁師、父が博打に狂い、母は9才の時に亡くなりその後、売られたお元。
「こんな世の中、大嫌い。すべてひっくり返ればいい。今よりはマシになるはず・・」と、本音を聞く弥太郎でした。
父と世の中を憎んでいるお元。

それでも
「坂本さんは決して悪い国にはしない・・」と、お元の言葉にまた
「龍馬に何が出来る!!!」と、悔しい弥太郎(笑)
それが、目の前であんなすごい会談を成立させ・・悔しいけれど、尊敬する弥太郎に変身でしょうね。
一筋、流れる龍馬の涙も感動でした。

お龍に名前を「才谷梅太郎(さいだにうめたろ)」と、変えると告げる龍馬でした。
でも、お龍は「そんな名前いやや」って。
でも、「わしはわし。」と、龍馬ですね。それだけ危険を感じてるからでしょう。

もう、前回の「馬関の奇跡」は高杉が切なくて涙だったけど、この回は感動が大きかったです。象二郎は怖い顔をしてたけど、きっと龍馬の言葉に笑い出すと、予想してました。
笑うっきゃないですよね。あんなすごい話だから。今度は木戸たちを説得でしょうか。早く続きも見ないと^^;
全48回中~龍馬の最後は45回だそうです。
その後は回想かな・・寂しい。
龍馬、最高にカッコイイですーー。


ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年10月12日 15:46 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天