ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」37回「龍馬の妻」あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」37回「龍馬の妻」あらすじと感想

「わしらは・・ひとつぜよ」と、お龍の目をまっすぐに見て言う龍馬、ステキでした。母からもらった大事なお守りを、お龍のクビにかけるのは結婚指輪のようですね。
TVでこの札「望」とあるのが人気と見ました。

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
桂小五郎   谷原章介
お龍    真木よう子

37回 視聴率 17.6%

寺田屋で瀕死の重傷をおった龍馬。
これを必死に介護するお龍。

この時代、どうやって治したのかが気になりました。大出血と見たので。
他の番組で、トイレに歩く程度でも血が止まらず・・と、言ってました。
薬草?とか、漢方も使用だったろうけど、異国が入ってる時代だったから、西洋の薬も使ったのかな・・とも。

とにかくやっと、龍馬が起きれるようになったとき、梅の花があったので、
冬の寒い時期から、その時期までお龍がそばにいて、看病したのだろうな~って、思いました。

そして、西郷に薩摩には良い温泉があるのでそこで、ゆっくりと傷を治せば良いとの言葉に、お龍は悲しくなるのです。

「わたしが出来るのはもう、ここまで・・」と、身をひくお龍でした。

もう、薩長同盟をするほどの人、あまりにも大きな志を持った龍馬は遠い存在、
自分にはもう「お守りできません」と、身をひこうとするお龍の気持ち、これも伝わってきます。
それでも、好きなんですよね。「いやや」って。

以前、妹を助けるために、龍馬からもらったお金を少し返し、
「必ず、残りも返します。」と、お龍をひきとめる龍馬でした。

「このまま薩摩に行ったら・・2度と会えないかもしれない。それでもお前は良いのか?」と、龍馬にお龍は初めて素直に泣いて。

「いやや。坂本さんと離れたくない。うちも一緒に行きたい。」と、本音を言ったんです。

そして龍馬は
「わしら・・めおとになるがじゃ。」と、夫婦になろうと龍馬の言葉でした。
「うちなんかで・・ほんまにいいんですか?」と、お龍に
「おまんじゃなきゃ。」と、お龍じゃなければダメだ!と、強くいうのでした。

ここ、すごく良いシーンで大好き。
殺伐とした龍馬の人生、ここはお龍との静かな時間だったと思いますね。
こんな強い人、志の大きな人にはやはり、龍馬に惚れちゃいます。

薩摩の護衛と一緒に無事、長崎に到着。
亀山社中のみんなに「薩長が同盟をかわした!この目で見届けた!」と、報告。
そして、みんなにお龍を、妻として紹介してました。

グラバー邸で、商人たちと麻雀する龍馬は営業ですね。
今後、幕府をつぶす!と、龍馬の行動をチェックしたい商人たち。

ここで高杉晋作が隠れていたのでした。
イギリスに留学、船が出るまで、グラバー邸・屋根裏部屋で隠れてる高杉と、再会を喜ぶ龍馬は
「あなたは日本を背負う人だ。」と、いわれ。龍馬も同じように、高杉のことを認めるようにいうのだけど・・

もう、病気で自分の余命を感じてた高杉でしょう。
「世界をまわり、面白いことをしたい」と、高杉でした。こんなに若いのに。

引田屋、龍馬の新婚のお祝いをしてくれる亀山社中たち。
でも、皆が喜んでるわけでもなくって。
こんな時期なのに・・女なんて!と、声もありました。

弥太郎は、後藤象二郎に「薩長同盟」を報告、これを褒められるのだけど、自分はもう、龍馬に言われた言葉が気になって仕方ない。

「もう、目先のことばかり考えないで、日本がどう、変わるのか。」と、今後の日本の将来を考える龍馬についに、納得して材木屋を辞めると決意。

容堂公、これも薩長同盟を知り「世の中が変わる」と、気がついてました。

薩摩の援助で亀山社中も、船を持つ事が出来たので、今後はもっと、仕事が出来るでしょう。
芸子のお元を呼ぶ亀山社中だけど、お龍はすぐに女のカン!お元が龍馬を好きなことに気がついて。
そしてお元も「船宿で働いてた?」と、お龍のことをちょっと、バカにした感じでした。

自分は本当に龍馬の助けになっているのか、役にたっているのか・・と、不安を感じるお龍に龍馬はいいます。
「これをおまんにやるき。わしを生んでくれた母上が下さったものじゃ。おまえのお守りじゃと・・」

「ここに書かれてるのは ”望み” いう文字や。これはおまんのお守りじゃいうて。
どんな時でも、望みはある・・望みがわしを・・生かしてくれちゅう・・おまんも一緒に闘こうてほしいがじゃ。この世の中を変えるゆう・・
坂本龍馬の望みを叶えるために・・」と、お龍のクビに大事な母のお守りをかける龍馬でした。

お龍にお守りを渡し、自分の想いを一緒に叶えようと気持ちが良かった。
ここはもう、信頼のお龍ですね。
不安が大きかったお龍には、どんな言葉よりも、この龍馬の
「わしらは・・ひとつぜよ・・」と、言葉でこれから先に来るだろう・・試練をも超えていける決意が出来たでしょう。

高杉謙信は、留学をやめるといいだし驚くグラバー
自分の余命を感じて、藩にもらった1000両で軍艦を買うと、長州に帰るという。
血を吐いてた高杉だったので・・これはもう、無念!悔しい想いだったでしょう。

世界をまわり、「面白いことをしましょう。」と、龍馬と約束したのに。こんな風に、日本にとって大事な人たちがまた、亡くなってしまうとは。
あ、まだ生きてる高杉だけど、あれはもう長く生きられないと思います。

「幕府の反撃はまさに・・始まろうとしちょったのじゃ・・・」
(弥太郎)

龍馬のまわりにいる人たち、悲しい運命と無念な思いで亡くなったり。知れば知るほどに、日本は本当に良い?歴史を持って今があるのだと実感です。
大河ドラマを見てれば、歴史の勉強も楽しかっただろうな~とも^^;

こうして、ドラマや映画でみると歴史もすごくはいりやすく楽しいです。
昔、高校生の頃にいった修学旅行、あれでいった長崎のグラバー邸も、こうして見ればもっと、感慨深く思えたと思います。
勿体ないことをしてしまって(;´Д`)
もっと、勉強すれば良かったです(笑)

また、記事を書くのを遅くなりました^^;
韓国ドラマのリアル放送を追いかけて、英語を訳しながらレビューを3本書いてるのでかなり忙しいです。

ちなみに韓国ドラマに興味ある方、字幕なしの動画が全話あって、それをあらすじ書いてるので見たい方はぜひ、どうぞ♪
読みにきてください。(1話に動画とキャスト紹介あります)
1本は映像を見なくても、わかるほど詳しく台詞入りで書いてます。
ラブコメディ「僕の彼女は九尾狐」です。たぶん、来年あたりにTBSで放送されます。
日本のドラマとは違う、面白さ、胸キュンあります。

「製パン王キムタック」というドラマは、定番のお約束的な内容であり、これも面白いです。
(日本で言う昼メロ的なドロドロ系)
韓国版「イタズラなKiss 」も書いてます。

新館ブログ・韓国ドラマあらすじ園に来てくださいね。
http://amethyst476.blog120.fc2.com/

遅くなっても、それでも、大好きな龍馬伝は必ず、書きます。

龍馬の携帯ストラップ



ランキングに参加中です。応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年09月24日 13:00 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。