ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」35話 あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」35話 あらすじと感想

尽力す・・こんな言葉、使わないですね。史実派には評判良くないようですけど、私はすごく感動で永久保存版にしたいと思える内容、映像で感動なのでした。
本当に龍馬!最高ぜよ。嵌ってるので今回、本気です^^;

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ Ryoma-Den
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
小松帯刀   滝藤賢一
桂小五郎   谷原章介


35話 「薩長同盟ぜよ」視聴率 15.4%

龍馬は近藤長次郎の妻、お徳へ写真を届ける。(長次郎の写真)
「長次郎は、最後までお徳さんと百太郎のことを心配しちょった。」

「悪いことをしたのですか?」と、徳に
「もっと学びたい」と気持ちがあったが、そのことで亀山社中に迷惑をかけてはいけないと思いで自害した・・と、説明。

「長次郎が腹を切ったのは誰よりも、自分に厳しかったから・・」と、龍馬。

そう、本当に自分に厳しいから、責任を感じて自害したのでした。もっと、軽い人ならば、逃げるとか、他の方法を探したかもしれない。
責任を取った長次郎でもあります(涙)

「うちの旦那さまは・・立派な侍になれたのですね・・」と、泣き笑いの妻。

「旦那さまの分まで志を成し遂げてください。」

「必ず・・約束しますき。」

すでにここで涙腺崩壊でした(/_;)

幕府による長州征伐が目前となる。
徳川家茂が
「薩摩は大丈夫なのか?船を出すとはいっていない。」と、心配をするが「薩摩は幕府に力を貸すはず・・」と、言い切る一橋慶喜。

桂小五郎は、名前を木戸貫治と変え、危険な京に入る。
この動きはすぐに幕府に漏れる。

会津藩主・京都守護職・松平容保はこれを「長州藩士?」と、噂を知る。

薩摩藩邸にて、桂は「木戸貫治」として西郷に挨拶。
話を進めようとするが、
「立会人がいないのか?話は坂本くんが来てからにします。」と、言い出す。

薩摩を信じてるのだろうけど、長州を背負ってる桂としては「龍馬に立ち会い」と、粘るのです。

この藩邸に向かう龍馬だけど、幕府方の隠密、新撰組がうろつき・・危険で薩摩藩邸に近づけず。
弥太郎が新撰組に捕まってしまう。

捕まった弥太郎はなんと!簡単に
「後藤象二郎の密命、薩摩の西郷を監視に来た。」と、話してしまう^^;

呆気ない弥太郎でした(笑)
まあ、拷問を受けてたので・・仕方ないかも。
それでも、新撰組の近藤が「こいつは喋りすぎる。」と、また拷問を。

ノンキに寺田屋に来る龍馬に
「新撰組が土佐の脱藩浪士を探してる。」と、危険と伝えるお龍。

「わしは悪い事はしていない。逃げるわけにはいかない。」と、龍馬なの。
命が危ない!と、真剣に止めるお龍なのだけど。

龍馬の「薩摩藩邸に行くのは日が暮れてからにしよう・・」と、会話を聞いているお龍。

「長州と薩摩を必ず手を結ばせる」と、龍馬に長府藩士・三吉慎蔵は
「わからない。坂本さんは土佐の下士だったはず。なぜ、長州と薩摩を結びつける!と、言い切れるのか?日本を変えると、約束できるというのだ?」と、聞くのです。

これを笑う龍馬なんですね。
「おしゃべりだ。」って。

「わしは土佐の下士じゃった。その土佐もない。ただの日本人じゃ。力のない者でも、本気で声をあげ本気で動いたら・・必ず・・必ずこの国を変えることができるじゃき。」

と、笑顔の龍馬なんですーー。
そんな自信はどこから来るのだろう?と、普通に思うのだけど龍馬だから「必ず」成し遂げてくれる・・そんなオーラがあるのです。
それがもう、龍馬伝の魅力でもありますね。

西郷は、薩摩と長州が手を組むことは、幕府に戦をしかけるようなもの。
なのになぜ、龍馬を呼ぶ?待ってる?と、聞くのです。

「これから我々が交わす約束は・・外にたいしていうものではありません。薩摩と長州だけが知る密約です。
じゃからこそ!立会人は坂本龍馬じゃなくちゃならん。なぜならば、ボクは彼を信用してるからです。西郷さんも、彼を信じたからこそ、ここにおられるのじゃないですか・・」と、桂小五郎。

これで龍馬が来るまで待つことになるのです。

寺田屋
お登勢に
「夜には出て行く・・わしらのことは忘れてください。」と、龍馬。

初めて会った時は、龍馬の母に似てるので驚いた龍馬だった・・・その話をするお登勢は
「あの時から、あなたの母のつもりです。忘れません。息子が命がけの仕事に向かおうとしてるときに・・気にならないわけがない・・世の中のどんなことよりも、息子のことが心配です。」と。

気持ちを知る龍馬は
キチンお登勢の正面に座り直し、正座。
「ありがとう・・けんど・・けんどわしは決して・・死にはせんき。心配せんでつかあさい。ありがとう。」と、感謝。

ここも映像がすごくキレイ、龍馬の横顔と泣いたお登勢との2人だけのシーンで泣けるんです。
真剣に思ってくれるお登勢にキチンと、感謝する龍馬です。

お龍に頼まれ、店を閉めてることを知る龍馬は
「坂本さんを新撰組から、匿わないとあかん。」と、お龍を知る。

それを聞いて龍馬はお龍にいう。
「わしがしようとしてることを教える・・・長州と薩摩を結びつけて、徳川幕府が支配してるこの世の中を変える・・幕府は異国の力を借りてなりふり構わず、日本を抑えつけようとしている。
このままでは・・この国は異国に乗っ取られてしまう。わしはこれから、幕府に追われる人間になる。
もう、ここに戻って来ることはないき。
わしを心配してくれるがは・・これで最後にしてくれ・・」と、いって立ち去る。

お龍に向かって真剣、そしてまっすぐに見て言うのです。
映像も映画のようにきれい。素晴らしいシーンでした。ここも泣けて。
別れを告げられた・・そんなお龍なのです。

無言のお龍は・・走って・・


龍馬と三吉慎蔵が夜、薩摩藩邸に向かう時、ものすごく緊張するシーンと映像であり、迫力もありました。

弥太郎を責める新撰組も所詮、幕府サイドからみれば「人斬り」であり、コマなんですね。これを怒るけれど耐える近藤勇。

弥太郎が
「薩摩と長州の間に立つのは・・坂本龍馬しかおらん・・」と、いってしまう。

これもまた、なんで弥太郎はそんなことをーーって感じです。

「武市さん・・以蔵・・長次郎・・みんな・・いってくるぜよ。」と、身なりを整えた龍馬が襖を開け、出て行くシーン、ここも格好良くて。
いわゆる紋付袴すがたでした。

「ほんなら・・おたっしゃで・・」と、お登勢に告げる龍馬。

「そんな・・これが今生の別れみたいな言い方・・やめておくれやす。」

そこへお龍が雪の中、走って戻って来る。

出て行って・・どこへいったのかと思ったら・・なんと!龍馬の手助けを。

お龍は薩摩藩邸に向かい、危険なことを知らせ、薩摩藩邸からも使者が来る。薩摩藩邸は、新撰組たちがいるので危険!
これを知らせたお龍です。

西郷、桂たちは小松帯刀の屋敷へ移動、これを案内で行く事になる。

龍馬は
「おまん・・なんちゅうことを・・」

土佐の侍が、新撰組に捕まったことを告げ
「どうか・・お気を付けて・・」と、おにぎりを用意、龍馬の手を握り渡す。

「うちは・・うちは・・ずっと、坂本さんのお役に立ちたい。これでおしまいなんていやどす・・お役目が終わったら、ここへ戻ってきておくれやす。」と、お龍。

「・・・わかった・・行ってくるき。」と、お握りを懐にいれる龍馬。

ここも2人の視線、感動と音楽、映像とリンクしてドキドキの緊張感でした。
すでにここも(涙)

無言で番傘を渡すお登勢。
うけとる龍馬。

これだけ危険なことを知り、それでも「役に立ちたい」と、真剣なお龍の気持ちを感じた龍馬でした。だから、戻って来るのでしょうね。
でも、次回は(/_;)
まだ、大丈夫だけど大ケガするはず。

これ見て「福山龍馬」に惚れるな!っていう方がムリ!ってほどに男らしい。

会津藩主・京都守護職・松平に
「土佐の脱藩浪士は、坂本龍馬」と、告げる近藤勇。

龍馬と間違われ、男が捕まった・・と、知る龍馬はなんと!新撰組の屯所に行くといいだす。
自分に間違えられた男を放っておけないと。

ここはハラハラとドキドキの緊張でした。
ここで新撰組へ行くなんて!あり得ないと。誰も見捨てない男なんです。

これを止める三吉。向かうと・・ちょうど、弥太郎が解放された。
三吉に傷ついた弥太郎を頼み、小松邸に向かう龍馬。

もう、この辺りでは「次回で取り決めのシーンかな?」と、思うほどに緊張感が映像から伝わってきました。

やっと、龍馬が到着・・安堵の桂小五郎、西郷。
やっと来た!と、安堵の桂たちを見て思い出したのは「走れメロス」でした。メロスのように、ギリギリになっても、約束を守り来る龍馬に見えました。

ここで薩長の密約が交わされた。それを見ている龍馬。
長州代表の桂は最初、西郷の意見に納得いかず。

これは、すべてがおんぶに抱っこ~みたいな内容だったので、男として甘えてばかりじゃ・・みたいな桂でした。
「このままじゃ・・ボクは長州にかえれん。これは対等じゃない。」と、桂。

薩摩が徹頭徹尾、長州の味方になる内容。幕府が一橋らと組んで、朝廷をとりこもうとしても、「薩摩はあくまで戦う。」と、西郷。

それを聞いて龍馬が意見。

ここに来るまで、沢山の命が犠牲となった。薩摩、長州、龍馬の友たちも・・
その彼らの志もいれてやりたいと。

「ほんなら・・こうしませんか。今、いれたことにもうひとつ、加えるのです。立場は違えど、みんな国家のために志を貫きとおして・・消えていった命ですき。」

「薩長両藩は・・真の心を持って合体し、日本のためかたむきかけちゅう・・この国を立てなおすために・・双方とも・・粉骨砕身・・尽力す。」

「おいに異論はありまはん。」

「ボクもじゃ。」

皆が納得。

「ほんなら・・これをもって・・薩摩と長州の盟約はなったということで・・ええですね?」
無言でうなずく西郷、桂たち。

早朝、外にでる龍馬は
「長州と薩摩は・・しっかりと手を握りましたき。」と、言葉に感激の三吉慎蔵。

感謝で頭をさげる三吉に
「決めたのは西郷さんと木戸さんとじゃき。」と、自分の手柄じゃないというのです。

「あんたに礼をいいたい。坂本さんがいなければ・・わが長州はどうなっちょったか・・」
首を横にふり
「ここまで来れたがは・・三吉さんのおかげぜよ。」と、三吉も長州を救ったと笑顔の龍馬。

このシーンも感動でウルウルでした。
自分だけじゃないと、常にまわりの人を立てるというか、本当に損得を考えていない人なのだと、強く感じます。

薩摩と長州が密約?そこに坂本龍馬が?と、知り怒る会津藩主・京都守護職・松平は寺田屋に龍馬を捕らえるよう指示。
これで・・次回は追われる身となるのでしょう。

命がけで龍馬を守るお龍ですね。そして手を斬られてしまう龍馬なんです(涙)

この大事な歴史の瞬間、密約のシーンが軽い、短いと意見も多いようですけど、私は龍馬たちの心理を描いてて、すごく良かった回だとおもいました。音楽も本当にステキです。


【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

Amuse Soft Entertainment =dvd= 2010-09-22
売り上げランキング : 442
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ランキングに参加中です。読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年09月02日 00:00 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

大河ドラマ「龍馬伝」あらすじ
NHKの大河ドラマはやっぱり、面白いです!外れがないというか、日本の歴史は興味深いですね。 この18話、武市を孤立させたモンスター土佐藩主の山内容堂(近藤正臣)!これがいい演技で引き込まれたストーリーでした。 近藤正臣さんの演技、さすがに渋いですね!悪役ピッ?...
[2010/09/03 20:33] 韓ドラえもん
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。