ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  デスパレートな妻たち5 >  「デスパレートな妻たち 5」19話 「唯一無二」イーディの死

「デスパレートな妻たち 5」19話 「唯一無二」イーディの死

今回は、感電死でドラマから消えてしまうイーディを思いだす形のストーリー展開でした。本当に口は悪いけれど、憎まれキャラだけど、愛情深く友達思いの彼女でした。
いなくなるなんて寂しい(/_;)


「デスパレートな妻たち シーズン5」BS2 4/7~(水)午後11時00分~全24話
キャスト(吹き替え・声)
スーザン・メイヤー     テリー・ハッチャー   萬田久子
ブリー・バン・デ・カンプ  マーシア・クロス    渡辺美佐
リネット・スカーボ     フェリシティ・ハフマン 唐沢潤
ガブリエル・ソルス     エヴァ・ロンゴリア   日野由利加
NHK公式サイト

19話 「唯一無二」Look Into Their Eyes and You See

イーディは感電死・・自分の語りで始まり、彼女の遺灰を息子のトラバースに渡す、知らせるためにみんなで車で向かう中、イーディのことを話してました。

「この間の夜、車で走ってたら何が起きたと思う?事故を起こして・・しかも・・感電しゃって。
最悪な日だったわ。音を聞いたご近所さんたちが、慌てて駆けつけてくれたわ。
みんな野次馬根性丸出しよ。
でも、それがわたしだと思うと・・異様な空気に・・突然、みんな心配してくれたの。有り難かったけど・・無駄に終わった。
私はご近所さんが見守る中、息を引き取ったんだ。救いはこれ。みんなの注目を浴びながら死ねたこと・・」
(イーディの語り)

と、病院に行くこともなく、その場で亡くなったのでした。
でも、ご近所さんたちが大勢、集まってイーディをかこむ感じだったので、注目は浴びてるの^_^;
これは、イーディらしいかな。

その後、スーザン、ブリー、ガブリエル、リネット、キャサリン、マクラスキーさんたちで、イーディの息子・トラバースに死を知らせに向かうのです。
途中、イーディのことを話すブリーたち。

一番、感動したのは最強とは思えるリネットがガンと戦ってる時。
メインキャラなので、死なないと思ってたけど、心がすごく疲れてしまってたのを思い出します。

リネットの想い出。
ある日、ガン治療中のリネットの家に来るイーディ。
キャサリンが、治療に付きそう日だったけど、あまりに甘えてるリネットだったので。
バーへ連れ出すイーディ。
驚くリネットは、30分後に放射線の治療が待ってる。
その時、イーディがいった景気づけの言葉。

「わたし、闘病中の患者なの。何をさせたいの?」と、リネット。

「知ってる。もっと、闘う姿勢みせて。あんたは誰よりも強い人間なのよ。このあたしよりも強い。
それ、半端じゃないから。強者だと思い出させたくて・・ガンをやっつけて!あんたはリネット・スカーボなんだから。」

言葉の意味を理解するリネットは・・涙を流し、テキーラを飲む、
イーディなり、ちょっと乱暴だけど励ましてくれたことです。
コレが一番、感動です。
スーザン、ギャビーの話はパス(笑)


トラバースの学校に到着、亡くなったことを知らせてもあまり、動揺もなく授業に行くと言葉に驚くブリーたち。

トラバースは、捨てられたって、母親とは「血」だけの関係だったという。
「疎遠だった。」と。

それを聞き、マクラスキーさんは「この話を聞きなさい。」と、想い出を語ります。

マクラスキーさんの想い出は・・
息子を亡くした日、命日?に1人寂しく飲んでいるとイーディが来た。

「実はわたしも息子がいるの。でも、父親が育てている。」と、告白するイーディ。
「辛い気持ちは同じ・・子供を失う思い。」と、言葉にマクラスキーさんは
「同じじゃない。私の子は亡くした。あんたは子を手放した。軽々しく言うな!」と。

イーディは、
「私は息子を守るために手放したの。私からね。いい母親になろうとしたけど、わたしはわたしなの。だから・・まっとうな子に育つためには・・わたしから離れるしかなかった。」

「自分勝手な・・責任逃れじゃない。」と、マクラスキーさん。

「どんなにけなされてもわたし・・自分を最低だと思ってる。それであの子が羽ばたけるなら・・その価値はある。」

「将来、恨まれるの怖くない?」

「恨まれてもいいくらい・・愛してるから。」と、イーディ。

涙を流すイーディと、飲むマクラスキーさんなのでした。

こんな想いで息子を手放したんですね。そこまであの時、わからなかったので・・イーディって本当にいい人だった。
自分をよく理解してるからこそ、父親に任せたのでしょう。
本当は愛してる息子、一緒にいたかったはず。


トラバースは最初、「自分を捨てた母」と、怒ってたけど、この話を聞いて驚くの。そして、遺灰は
「友達であるあなたたちの方がよくわかってるはず。」と、託します。

この遺灰、やっぱり!私も思っていたけど、彼女の好きだったウィステリア通りにみんなで最後、まいたのでした。
公園や、彼女が歩いた所、休んだ木の下・・とか。

マクラスキーさんが、受け取り「イーディ、あんたどうしてほしい?」と、言葉に応えるかのように~風で玄関のドアが開いて・・
ウィステリア通りを見つめるマクラスキーさんなんです。それでわかったんですね、「ここにまいて」と、彼女の思いが。

みんな、一言でイーディのことを表現します。
「イーディ・ブリッドすなわち・・セクシー」(ガブリエル)
「鋭い」(ブリー)
「強い」(リネット)
「美しい」(マクラスキーさん)
イーディの人となりを現すには、「四字熟語でいい?これしかない。」と、スーザンが
「唯一無二」(スーザン)

いい言葉ですね。唯一無二って。

「こうして私は・・ウィステリア通りに永眠することになった。遺灰は生前、私が歩いた芝生の上や、その影で休んだ木の下や・・
井戸端会議をしたフェンスの横に・・まかれた。そして友人たちがお別れをいうと、一陣の風が・・残ったわたしを空へと舞あげた・・
上空から見下ろすうちに・・この世への未練が消えてく・・ウィステリア通りに別れを告げ・・コーヒーカップなどに別れを告げる。
それらが積み重なって人生は形作られる。そうして・・唯一無二の人生となるのだ。まだ、予感だけど・・十分生きたって思える・・往生際がいいみたい。
だから、大丈夫・・わたしは目一杯、いきたから・・」
(イーディの語り)

これで終わった19話でした。
すごくいいお話と、イーディの最後で感動。とても良かったです。
いなくなるのは本当に寂しい。
降板を知っていたので、「死」は予想してたけど、実際にみると呆気ない感じも。

でも、「十分生きた」ってのが、イーディらしい言葉でした。
あんな風にあっさり、この世の未練を捨てて逝けたらいいな~って。

そしてイーディが起こした事故、そもそも!夜にマスクをつけて、泥棒をした帰り、歩いてたオーソンはどうなる?
これをブリーにいわないと、またケンカになるでしょうね。
予告では、怒っていたブリーでした。

デスパらしい展開に期待です。ただ、車の中、後ろの背景、思い切り手を抜いてる感じの絵でした(>_<;)
あれ、いまどきもうちょっと、CGでやれば~カッコイイのに残念。

今回、皆さんの感想を読んでると厳しいーー。回想シーンだったようだけど、すでに以前、見たもので忘れてました^^;
あまり、回想と気にならなかったですね。
結構、わたしは感動して視聴でした。

イーディが亡くなり、夫のデーブの罪、そしてマイクへの復讐がどうなるのか。
それも大きな問題ですね。
最近の中、13話の「ほほ笑み返し」が一番、感動で最高でした。さすが100回記念だけありますね。
毎回、あのくらいクオリティをあげてほしいです。(笑)


ランキングに参加中です。読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年08月27日 14:35 ] カテゴリ:デスパレートな妻たち5 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天