ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  龍馬伝 >  「龍馬伝」34話 あらすじと感想

「龍馬伝」34話 あらすじと感想

約束通り、長次郎とお酒を飲み涙を流すラストに泣けました。責任感強く真面目な人だったのに、こんな形で終わり残念です。無念・・と、思うのは私だけじゃないでしょう。

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
小松帯刀   滝藤賢一
桂小五郎   谷原章介

34話 「侍 長次郎」 視聴率 16.3%

展開が早くて、アッという間に終わってしまいました。先週、あんな大仕事をした長次郎だったのに。

簡単に書くと・・
帝は徳川家茂に「長州征伐」を命令。追い込まれる長州、薩摩。

ユニオン号を「桜島丸」と、変えて運ぶ亀山社中。
薩摩名義で軍艦と銃を購入、この時、長次郎は交渉に参加した井上(長州)に、
「船は亀山社中も自由に使える。船の名義は薩摩。船の運航は亀山社中。」と、条件をのみ取引は終わった。

けれど、軍艦が届いてみたら・・
「薩摩名義じゃ、納得いかない!そんな話は聞いていない!」と、怒り出す桂小五郎たち。

長次郎は「その条件を聞いていない?」と、驚く。

怒る桂をなだめるため、龍馬は「名義は長州、船は亀山社中は使えない。」と、言い出す。
これでやっと、納得する長州。

長次郎としては、亀山社中の仕事のために船が必要。
だから、この条件を入れた。

でも、龍馬の言葉によってそれがダメになり衝撃をうける。
やっとの想いで交渉をしたから、それをひっくり返された長次郎でした。

「船があれば、仕事が出来る。」と、長次郎をせめる惣之丞(要潤)たち。

「私利私欲に走れば、この薩長同盟は成立しない。自分たちの欲に走るとは、長州からも、薩摩からも信用されなくなる。」と、責められてしまう。
ここで「ニセ侍」とも、言われてしまう長次郎。

グラバーは長次郎に会い、お金を差し出す。
これは
「長州から、亀山社中へのお礼。井上さんは約束を守れなかった・・条件をダメにして済まない。」と、いう気持ち。

これを「有り難い」と、思うが受け取れるはずもない長次郎。

グラバーは
「ではあなたが、受け取ればいい。あの交渉はあなたがしたのです。」と、拒否する長次郎に
「あなたは使い道を知ってるでしょう。」と、言葉で心動く長次郎。

「イギリスに行く手伝いをしてほしい・・」と、頼む。(密航)

亀山社中の仲間から、ひどく責められがっかりの長次郎は、このお金を密航に使ったのかな。
嵐で船は出航せず、密航は失敗に終わる。

奉行所にこれを知られてしまう長次郎は、長崎の商人・小曽根乾堂の家にかくれる。

長次郎が、密航?と、騒ぎ出す亀山社中、奉行所。
「亀山社中が奉行所に疑われてる」と、知る長次郎は驚き、責任を取り切腹でした。

これを知り、悲しみの龍馬は芸子の元を呼び、2人で飲む。
長次郎はもう、亡くなってるので・・写真とともに飲むのでした。涙を流す龍馬にまた、涙です(/_;)

感想

亀山社中の人たち、会社の経営状態を把握してないせいか、ちょっとノンキな気もします。
飲んで芸子を呼んで・・写真を撮ったり、制服(袴)を作ったり。
そのお金をすべて工面してたのが、長次郎(大泉洋)なのでした。

志はあっても、大事でも、お金も必要でしょう。だからこそ、長次郎は船を「亀山社中も自由に使える」と、条件を入れた。

これを反対されたので悔しい思いだったでしょう。しかも、龍馬の一言でひっくり返されたので・・あの顔は相当なショックです。
この時、龍馬は
「終わったら、一緒に飲もう。」と、言ったのでラストのシーンになったのでしょうね。

「今度こそ、長州のいうことを聞かないと・・」と、龍馬が長州の条件を飲んだ。

これに悔しい思いの長次郎・・あの顔、龍馬がもうちょっと・・その気持ちを理解してくれたらな~って思いました。
笑顔を作っても、納得いかない長次郎です。

もちろん、龍馬としてもここまで来てまた、長州が怒ってしまったら、すべてはダメになると思い、条件を飲んだのでしょうね。

でも、タイトルにあったけど知らなかったので・・まさか切腹という責任で終わるとは驚きました。
留学したい!と、長次郎だったので、イギリスに行くのかと^^;
そんな簡単じゃないんですね。

また、こうして龍馬の大切な仲間がいなくなってしまう。
何よりも、亀山社中の経理を担当してた長次郎がいなくなり、今後は「火の車の亀山社中」を、誰がどう扱うのか・・

切腹する前、長次郎は妻に手紙を残して・・それと龍馬にも。
子供が小さいので頼む父の姿でした。
何も死ななくても(>_<;)

でも、侍だけが許される「切腹」で自害なのだから、本当に責任を取ったのですね。

弥太郎は、後藤象二郎の命令、土佐の楠を数えていたけど・・今度は
「薩摩と長州の動きが怪しい。薩摩の西郷を監視しろ・」と、命令で京にいくようでした。これを驚き嫌がる弥太郎^_^;

高杉晋作(伊勢谷友介)が、すべての武器を手に入れて安心。龍馬と話、西郷と会いに行く龍馬たちに警護をつけるといって。
そして、自分の大事な銃を龍馬にくれたんです。

「あなたは長州の恩人じゃ。つまり・・それは多くの敵をつくってしまった事でもあります。これからは日本のために働くつもりなら、坂本さん・・・
あなたは決して死んではならない。」と、高杉の言葉も格好いい。

「わかった・・」と、うなずき納得する龍馬でした。

長崎の商人・小曽根乾堂は、ずっと亀山社中を支えていたようですね。

奉行所に頭をさげて
「長次郎は侍です。なにか訳があって切腹したのです。」と、密航のことは何もしらないと、言い張る龍馬の姿、表情も凛としてました。

この密航のこと、これを小曽根乾堂も、グラバーも何も言わなかったのです。

小曽根の庭で切腹・・と、あったのでそれは日本の男としてわかるけれど、グラバーまでもが、奉行所に言わなかったのが「侍」の心と、日本を理解してくれてるのだと思いました。

志だけでは日本を守れない。そして生きて行けない・・と、長次郎が教えてくれた気がします。
カステラ売るだけじゃ、亀山社中も仕事も出来ないでしょう。
次回は・・・薩長同盟ぜよ!


ランキングに参加中です。読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年08月25日 15:48 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天