ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  龍馬伝 >  「龍馬伝」33話 あらすじと感想

「龍馬伝」33話 あらすじと感想

キリシタンのお元と話をするシーン、ドキドキでした。難しく大きな商談を成功させる。交渉人な龍馬は本当に賢い人ですね。
柔軟な考えだから、グラバーに対しても啖呵を切れたのでしょう。

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
小松帯刀   滝藤賢一
桂小五郎   谷原章介
中岡慎太郎  上川隆也

33話 「亀山社中の大仕事」 視聴率 13.7%

西郷は覚悟をきめて・・長州のために
「わかりもした。軍艦と銃を用意しもす。長州のために・・」と。

これを龍馬の亀山社中が運ぶので、成功したら
「薩摩と手を組んでつかあさい。」と、手紙を読む桂小五郎、高杉晋作。

「金を用意してください。」と、桂も覚悟をきめる。

やっと、龍馬の願いである薩摩と長州が手を組むことに・・それにはまず、交渉をしなければならない。
船と銃を用意してくれる商人と、話をつけねば。

長州の欲しい船と武器、これを薩摩名義で購入しようと提案した龍馬(福山雅治)。
龍馬の心にやっと、桂小五郎(谷原章介)と、高杉晋作(伊勢谷友介)たちは、取引に応じるんです。

喜ぶ高杉がまた、ステキでした♪
あの着物の着方、あれは本当にあの時代の高杉はあんな風に着てたのかしら。

長州の求める船と銃、これを買いたいと、トーマス・グラバーに話をもっていくも、「お金の出所」を、ハッキリいわないのでアッサリと断られてしまう。

まあ、薩摩名義で買うと龍馬たちであり、薩摩の人間がいなかったので、怪しむ商人ですね。
事情を隠したい龍馬たちだったから、長次郎と行ってたし、信頼されない龍馬でした。

西郷は、武器を購入するのに薩摩の人間が誰も参加していない・・だから、苦労している龍馬と知っていた。
でも、それよりもとにかく「長州と薩摩が手を組む」と、この事実を幕府に知られたら終わり・・と、警戒で動けない。

龍馬は、他の商人に頼むも、これも難しくて不可能。

そんな時、龍馬は「すべてを隠して物事を運ぶ」難しさを、キリシタンと隠れて生きる芸子の元をいう。

ここ、なぜ龍馬はお元がキリシタンとわかったのだろう。どこか、見落とした部分あるのかな。
まだ、この時は知らないはずの龍馬なんだけど。

その後、グラバーに会いに行き、そこでキリストの像をみつけてそっと、お祈りするお元を目撃。
これで確実に、「芸子の元はキリシタン」と、わかった龍馬です。

当時、異国の神様を信じることは「血を吸う」とか~妙な噂もあり、これを禁止していたから、隠れて集まるキリシタンって本当に大変だったと思う。

見つかれば、重罪とのこと。だから、これを隠してほしいお元。

ところで、龍馬はお元のことを
「やっぱり・・お前はやそじゃったか・・」っていったんです。
「やそ」とは意味的には「キリシタン」と、同じだと思うけど初めて聞きました^_^;

キリシタンと、バラされたら終わり・・と、怯えるお元は取引を提案。
長州の武器を買う交渉を、見られそうだったから。

龍馬が、襖の外で待機してたので見られない、聞かれないけれど、「長州の人が来てる」と、お元にはわかってしまった。
龍馬もこれを隠したい。

「いかんのぅ・・侍をみくびってはいかんぜよ。おまんがその・・戸から出るまえに・・わしの刀がおまんに・・届いてしまうきのう。
心配すな。おまんのことは誰ちゃいわんき。」

と、お元を脅すような・・龍馬だったけど、刀をあげるはずもなくて。
ただ、この龍馬が格好良くて(笑)

あと、お元がキリストの像を見て祈ってるとき、その姿をみつめる龍馬!
これ、最強でした*・゜゚・*:.。.(*´ω`).。.:*・゜゚・*:

もう、福山龍馬にはまってま~す。

断られたグラバーともう一度、話をする。
「商売いうものは、風向きをよむものじゃ。風向きによっては金の流れも変わってしまう。」と。

龍馬は
「日本がこれからどう、変わるのか・・考えれば大もうけ出来る!」と。
この話に参加する女商人のおけい。

「薩摩が買おうとしている軍艦と銃、金の出所は長州ぜよ。」と、事情を説明する龍馬。
薩摩名義で買おうと
「徳川幕府はもうすぐ終わる。薩摩と長州が手を組んで、幕府にとって変わる。」と、言葉に驚くおけい、グラバーたち。

「日本を守るにはこれしかない。」と、龍馬の言葉の意味が、理解できないグラバー。
仕組みを変える・・これを守る・・と、理解出来ないかなあ。

外国人だから、幕府がどうであろうと~関係ない、ただ、儲ければいいっていう外国人だったのでしょうね。

「グラバーさんにとっては、どうでもいいことじゃき。それでかまわんですき。
わしゃ、今グラバーさんに金儲けの話を持ちかけてるんじゃ・・」と、龍馬。

最初、断られたので考えを変え、「儲ける」と、ここを強調して話を進めるの。

「長州はいくら、用意できるというの?」と、おけいに龍馬は
「15万両・・」と、おけいに告げる。
これを聞いたグラバーは驚がくする。

桂小五郎の書いた証書をみせ、これを事実とすべて話す。

「この話に乗るか、乗らんかは・・グラバーさん次第じゃ。」と、龍馬。

「うちがうけるばい!坂本さん。」と、証書をひったくるおけい(笑)

「ひとつだけ、質問があります。」と、グラバーに
「あなたの取り分は?」
「一銭も・・いらんがじゃ。」と、龍馬に驚く。

「日本を守りたいだけじゃ。私心あっては志とはいわんきにのう。」

「私心?」

「自分のことは・・どうでもいいってことぜよ。」

商人であるグラバーには、マージンを取らない龍馬に驚いたんです。そして

「軍艦と銃を用意しましょう。こんないい儲け話を断るわけにはいかない。」と、引き受けるグラバーでした。

交渉には、元・まんじゅう屋の長次郎(大泉洋)、沢村惣之丞(要潤)が行く。
龍馬は
「難しいことはわからない。これは亀山社中の大仕事だから、みんなで始めよう。」と、言葉に感激でした。

確かに交渉は、商人の方が上手いだろうけど、「みんなでやろう」と、龍馬の大きな心を感じますね。
ここもウルウルのシーンでした。みんなもこれで大喜び。

交渉には、長州からも2人参加、船の写真をみるも、長次郎は
「これは古い。20年も前のタイプ。」と、指摘。

最新のスクリューのを見せてもらい、それでも値段が高いのを
「じゃあ、それではボイラーを交換してもらおう。」と、条件をいって。
これ、さすが商人だけあり、交渉がうまかったんです。
それを認めたグラバーですね。

長次郎がいなければ、古い船を売り付けられてたかも。船に詳しい長次郎の知識、これは海軍艘練所での体験が役にたってました。

これだけの儲け話、それでもお金を受け取らないと龍馬はすごいです。

ただ・・(>_<;)
予告では大変なことに!
グラバーが商談を成立させた長次郎に、マージンを差し出すようです。そしてどうも、それを受け取ってしまったような・・

「おめでたかお方」
これは、芸子のお元にいわれた言葉。
龍馬の「日本をかえよう。みんなが笑える国にしよう」と、言葉に対してです。

元はやはり、芸子として親に売られた身、自分の苦しい、悲しい思いが強くて。
芸子を早くやめたいと、奉行所の隠密となり、お金を得ていた。

これは「お金をためて、芸子をやめたい」って気持ちだったんです。でも、ただそれだけじゃなくて
「この国を出たい」と、言葉にはびっくり。

きっと、隠れてキリストを信じるのもいやだったんでしょうね。
堂々と、自分の信じる神、宗教の自由な国が羨ましかったんじゃないかな。

キリストを信じる、異国の神を信じる理由を龍馬が聞くと
「この世の苦しいことは神様が与えた試練であり、これを乗り越えれば天国にいける」と、お元でした。

元が祈る姿をみた龍馬は、約束します。
キリシタンであることを誰にも言わないと。

これに対して元は、
「取引です。秘密を守ってくれれば、今日の怪しい密談(交渉)を黙っています。」と、元としては「取引」だったんです。

でも、龍馬を知ればそんなことをしなくても、人にいうような人物じゃない・・と、わかるでしょうね。
それはいつなのかしらーー
龍馬とお元って親しいとあったので・・今後の展開でそうなるのかなあ。

長次郎は妻に手紙を書いてたんですけど、これは本当に家族想いで優しい夫でした。
留学をしたい、その時は家族で・・と、長次郎。

「グラバーさんが・・引き受けてくれたがじゃ!」って、亀山社中のみんなに言うシーン、これも感激でしたね~興奮が伝わってくるようでした。

交渉も成立、これでグラバーと握手する長次郎だったけど、まさか・・予告のようなことになるとは。ちょっと、ネタバレしすぎな気も。

そして喜ぶ長州の中、桂小五郎の曇った表情が気になりました。
やはりまだ、西郷を信じられないのでしょう。

龍馬の成長、素晴らしいです。グラバーにすべてを話して「金儲け」と、断言するあたり。
グラバーにすれば、日本の将来などどうでもいいこと。
ただ、商人としてお金儲けに来てるのだから、そこを突いた龍馬の考えがさすが!と、思いました。
本当に見れば見るほど、龍馬って魅力的です。

これが、福山さんとかぶって「福山龍馬」に夢中・・・
HYE!×3に出演してたましゃを見てドキドキです(´∀`*)ウフフ


ランキングに参加中です。読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年08月21日 22:32 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天