ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」31話 あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」31話 あらすじと感想

知ってるけれど緊張の連続でした。龍馬を信じてくれた桂小五郎を裏切ってしまい、悔しそうな顔でした。でもまた、西郷を説得に向かう龍馬でしょう。
口約束だけで信じてくれる・・それだけでもすごいと思います。
追記あり

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
小松帯刀   滝藤賢一
桂小五郎   谷原章介
中岡慎太郎  上川隆也


31話 「西郷はまだか」 視聴率 16.0%

薩摩の経済状況、幕府に貿易を支配されもう、長州と手を組まなければ、
強くなれない・・「長州と手を組んでください・・」と、龍馬の提案。

龍馬は西郷から、長州と手を組む話に「イエス」と、返事をもらう。
けれど、「手紙を書いて欲しい・・」と、龍馬を断る西郷。

この段階では、西郷だけの意見であり、手紙に書くのは出来ないという。とても、薩摩は幕府を倒す・・と、賛成できる状態でもない。
でも、それでもあとで説得できると、思った西郷なんんでしょうね^^;
これだけの大きなこと、自分の意見だけで決めてしまうのもすごいなあって。

喜ぶ龍馬は、陸奥陽之助(平岡祐太)を連れていき・・これがラッキーなことに、話上手だったせいか、三条実見らに信じてもらえ、桂小五郎あての手紙を書いてもらえる。

「薩摩と長州は手を組むべき」と。
坂本龍馬を信じた三条は、「長州も助かる方法は、幕府を倒すために薩摩と手を組んだ方がいい。」と、勧めるのだわ。

これを信じて龍馬と一緒に下関で待つ・・しかし、来ない西郷に焦る桂と龍馬。
1回目は西郷、すっぽかしてしまうんですよね。

でも、龍馬がまた、西郷に会いにいって説得・・これで完全に手を組む流れだと思います。
他の番組でみた時、そうでした。

家茂はもう、「篤姫」で見て、体が弱いイメージあるので・・なんとなく納得のシーンでした。あの大阪へ行って帰らぬ人になったんじゃ(記憶曖昧)

龍馬たちは、長次郎たちとともに日本初の商社「亀山社中」と、名前をつけて作る。
この時、「船侍」なんて名前もほんとにあったのかしら(笑)

追記 
船乗り侍でした^^;

却下され、龍馬がつけたこの名前に決まる。
社中とは「仲間」の意味。

薩摩が長州と手を組む・・
この大事な情報を幕府に知られたら大変!


この情報を探る芸子の元は・・またもスパイで奉行所に告げる。
でも、とても「薩摩がいれば、長州も勝てるかも♪」なんて、信じない奉行所でしょう。

都を追われた公家の三条らを、守っていた中岡慎太郎。
この中岡も、幕府に対抗するには「長州と薩摩が手を組むべき」と、思っていたので、龍馬に手を貸してくれる。
西郷を、下関まで来るように迎えにいってくれる中岡でした。

桂と久しぶりに会った龍馬が、「おお!龍馬は友達だ。」と、いって迎えてくれて。
ピリピリモードの長州だったけど、龍馬と知り入れてくれた。

でも、「西郷は来ない!」と、わかった瞬間の桂の表情が怖かった、迫力ありました。
いつも優しい笑顔の谷原さんじゃないくらい・・

西郷は、上の許可を取り船で下関に向かうのだけど・・船内で隠密を発見!
たぶん、これで気が変わり、京に向かった西郷なのだと思います。
これを知り、激怒の桂でした。

「結局・・・西郷にはそれしきの志しかなかった・・」

「坂本くん・・君の言葉を信じたボクがバカじゃった・・」と、桂。

ここ、すごく迫力あって
「2度とボクの前に現れないでくれ・・」と、桂だったので次回また、会うときにもめそうです。

そういえば、後藤象二郎が弥太郎のところにきて、楠から取れるなに?かで、商売をしようと、弥太郎に仕事を命じてました。
これを断りたいけど、断れない弥太郎ですね。

う~ん、龍馬が西郷から「イエス」と、返事をもらったあたり~前半の短いシーンだったので感激は薄いかも。
その分、後半で裏切られた表情が良かった。やっぱり、福山龍馬が好き(*^^)v

坂本龍馬・・・ドラマで見るまで全然、名前だけの人でした。
こうして大河ドラマとなり、映像もきれいでキャストも現代向き、とても見やすいと思います。
これがおじさん世代の俳優だったら~やはり、見なかったかも。

他の俳優さんが演じた色々な龍馬、見たくなりました。
西郷が乗った船の中の隠密、あれは誰が仕向けた?お元の情報を信じて奉行所・・が動いたなら、すごいスパイ活動かも。

桂小五郎の「ボク」発言にちょっと、びっくりで新鮮でした。高杉晋作だけでなく、もう色々な人が「ボク」と、言ってたのかな~
福山龍馬に、刀を向けた桂小五郎のシーン、ステキで何度もリピしてます(笑)

お元と、お龍・・どんな風に龍馬と親しくなるのか~それも早くみたいです。
予告だと次回で、お龍と絡むようですね。

とても迫力あるのだけど、低い声でしぼるように話す役者さんたち。
ちょっと、字幕が欲しいと思う事もあります^_^;
土佐弁も難しくって。

ラスト、西郷が来なくて・・怒った桂に
「君の言葉を信じたボクがバカじゃった・・」と、いわれて、龍馬の唇がわなわなと、悔しい思いで震えてる演技もすごかったです。

福山さん、カッコイイ~興味なかったけど好きになりました(^^ゞ
ところで・・まさか、私のこの記事を毎週?読んでくれてるような人はいないですよね^^;^^;^^;

もし、いたら・・拍手ボタンをクリックしてください(笑)
ちゃんと、次回から書きます。誰も読んだないだろうな~と、自分の覚え書きだと、軽く書いてしまってます。

追記 8/5
うそみたいです。拍手ボタン、ありがとうございます。
このドラマは、もっと歴史に詳しい人、上手に書いてる人も多いのに・・私なんかの記事を読んでくれてる人がいるとは驚きでした^_^;
文才ないので下手くそな文章で恥ずかしいです。

普段、韓国ドラマのレビューをメインで書いてますけど、日本のドラマも嵌れるほど面白いです。

現在、韓ドラだけで週4本、その他はデスパレートな妻たち、龍馬伝、夏の恋は虹色に輝くを書いてます。
でも、一番好きで夢中なのは、この龍馬伝ですね。

来年の大河ドラマ、大好きな姫モノ、主役は上野樹里で「江(ごう)~姫たちの戦国」を今から、楽しみにしています。
鈴木保奈美さんもこれで、11年ぶりに復帰するので期待も大きいドラマです。
これも書くので・・読んでくれると嬉しいです(^^ゞ
大好きな「篤姫」のようにヒットすると願ってます。

怒濤の「Mother」も終わり、今はノンビリと、このブログを更新しています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


上川隆也/竜馬がゆく



ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年08月04日 18:26 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。