ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」30話 カステイラ あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」30話 カステイラ あらすじと感想

面白かった~内容が濃かったですね。西郷に長州と手を組むことを提案する龍馬でした。それまでの流れも納得です。カステイラが美味しそうでした(^^ゞ

龍馬伝」NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
西郷隆盛   高橋克美
高杉晋作   伊勢谷友介
元      蒼井優
小松帯刀   滝藤賢一




30話 視聴率 17.9%

高杉晋作、最高にカッコイイ冒頭でした。

「長州はもう、幕府には従わん。我らは・・独立するんじゃ!!!」と、高杉晋作(伊勢谷友介)。
これ、カリスマあるから・・ついていってしまいそう^^;

幕府の長州責めに加わる藩は「みんな敵です。」と、高杉の考えを聞く龍馬。

2年前、上海に行った高杉は
「清国人がイギリス人に・・牛や馬のように使われている。」と、国による侵略の恐怖を実感していた。
だからこそ、「独立する」と。

井上たちはイギリスに留学してたので・・・ヨーロッパの学問、西洋文明の脅威を強く感じていた。
「愚かなのは・・戦おうともせず、異国にこびを売って生き残ろうとする幕府と、何も考えずにそれに従う連中。」と、高杉の意見を聞いて驚く龍馬。

でも、異国の脅威を知ったのなら、よけいに「日本人同士、争ってる場合じゃない」と、感じなかったのかなあ。

これだけの知識、信念を持ってる長州とは思わなかった龍馬だったんでしょう。
これを聞いて考えが変わる。
この長州を滅ぼそうとする幕府・・だけど、長州に勝てる見込みはないと、池内蔵田。

踏み絵をこの時、してたんですね・・マリア様を踏む芸子の元(蒼井優)・・だけどキリシタンだった。
奉行所のスパイのようなことをしてたけど、お金が目的のようす・・どう、龍馬と関わるのか。

商人たちの麻雀を、初めて見る龍馬は、商人の小曽根乾堂(本田博太郎)に、カステイラを作るお金を貸して欲しいと頼むが・・良い顔をしない。

「薩摩に帰るのでは?これを西郷さんは知ってますか?」って。
ここにいた商人の大浦慶(余貴美子)が、龍馬に何かを感じて・・「先物買い」と、お金を貸してくれる。

この会話をそっと、聞いていたのがお元。
「世の中のしくみを変えたい。」とは?って、龍馬に聞くのだけど龍馬は
「みんなが笑顔でいられるように・・」と、答えたのは、お元が自分たちの話を聞いてたことに警戒して、言ったのだと思います。
きっと、「お元は・・?」と、感じた龍馬かな。

小松帯刀(滝藤賢一)は、薩摩は長州と戦うべきと、武器を外国人から購入しようとするけど、「利益」がとれない商売はしないと言われてしまう。

薩摩には砂糖があるけど、値下がりすると読まれている。
「損をする取引はしない」と、外国人。
これで・・西郷も焦りを感じてるはずです。でも、西郷は戦うのをためらってますね。

弥太郎は、材木の商売が大成功、大きな家に引っ越し、新・岩崎家となる。
「家族水入らず・・」と、弥太郎だけど、当然・・弟、母、父も一緒な弥太郎(笑)
もっと、稼ぐんでしょう。

カステイラを作る長次郎たちも面白かった♪
あんなに簡単に出来るものなんですね~でも、味が良くなかったようで・・作り直す長次郎たちでした。
このカステイラを作り、売って商売をしようと計画です。

作るとき
「卵を入れて・・混ぜて・・」と、「粉を入れて混ぜて・・」
「かき混ぜてばっかりじゃあーー」と、(笑)

そして完成したのを食べた龍馬の一言。

「これは・・いかんぜよ。」に爆笑(笑)
味が良くなかったんですね~

でももちろん、基本は「日本を異国の侵略から守る」と、わかってるけど今は、カステイラを作ることに夢中な感じが可笑しかった。

龍馬の頭の中はそれよりも、商人たちの厳しさ。たとえ、嫌な相手でも、儲けるためには「手を組む」ことが必要と、思い始めてますね。

朝敵である長州と薩摩が手を組めば・・幕府に対抗できる!勝てる!と、感じたのがすごいです。
誰もそんなこと、考えつかないと思うから。

商人の麻雀シーンは、龍馬にそのヒントを与えるためのものなんですね。
「敵でも手を組めば利益に繋がる、強くなれる。」と、ここで閃く龍馬はやはり、柔軟性ある考えの人だと思います。

そして最後の西郷に
「長州はどこよりも、底力がある。今の幕府は藩の支えがなくては、戦もできない。薩摩がどっちにつくかで!勝負の行方は変わるのじゃ・・
長州と薩摩が・・犬猿の仲とはわしも知ってる。けんど今は、そういうことを言う場合じゃない。長崎の商人は、儲けを生むためには、誰とでも手を組むしたたかさを持ってる。

西郷さん、わしら侍もつまらん意地を捨てて・・・長崎の商人を見習うべきじゃないのか?薩摩が助かる道は・・・それしかないがです・・」

「うにゃーーそりはありえん。」

「西郷さん、わしが説得しますき。西郷さん・・一言・・うんと言ってつかあさい。頼みますき。」と、西郷に土下座で頼む龍馬。

あの顔、西郷も追い詰められてるし・・
この龍馬の話を聞いている商人の小曽根乾堂、この人も龍馬の考えを聞いて、手助けをしてくれそうです。
(土佐弁、難しいです)

福山龍馬、カッコイイ~早く続きが見たい~(*^^)v

長崎カステラ



ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年07月27日 17:17 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。