ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  夏の恋は虹色に輝く >  「夏の恋は虹色に輝く」1話あらすじ

「夏の恋は虹色に輝く」1話あらすじ

父親があれだけ名優だと、息子は気苦労が多いでしょうね。この大雅を演じるの松潤、花男のキャラと似てるけれど良いドラマになりそうで楽しみです。

夏の恋は虹色に輝く」フジ、21時~
出演:松本潤、竹内結子、沢村一樹、桐谷美玲、 笠原秀幸、松重豊、伊東四朗、 松坂慶子、永山絢斗
主題歌
「Love Rainbow」

1話 視聴率 15.7%

楠大雅(松本潤)は、売れない俳優。
父は名優・楠航太郎(伊東四朗)。誰もが大雅のことを「楠楠航太郎の息子!」と、呼んで名前を呼んでもらえない大雅。

母・楠真知子(松坂慶子)は、「お嫁さんにしたい女優ナンバーワン」に3年連続輝いた大女優。天然ぼけのやさしい母。

大雅の兄は小学校教師、大貴・35歳(沢村一樹)。しっかりしてるが女好きのもよう。

レッドカーペットで授賞式・・最優秀男優賞は、父の楠航太郎が受賞。これを同じ会場にいる大雅は、虚しい思いで見つめる。満足そうな女優の母。

会場を出ると・・
「いいよな~二世さんは。映画に1回も出なくてもこんな賞に呼ばれて。」と、嫌みをいうのは、新人賞を受賞した伊良部譲・26歳(永山絢斗)
「僕みたいなのは、実力で頑張るしかないから。」と、いわれる。
オーデションでも、大雅が欲しい役を次々と奪い取るライバル俳優。

ドラマや映画の作品に出演することもできず・・下手くそなので仕事がない。あってもちょい役の大雅は、たまに出演するバラエティでは
「七光り二世俳優」として紹介されている。しゃべりが苦手な大雅。

ある日、友人の植野慶太・25歳(笠原秀幸)と、スカイダイビング中~飛ばされて・・・森の木に引っかかってしまう。
降りられず、困っていると、走ってきた北村詩織に助けてもらう。

世間体を気にして「警察を呼ばないで欲しい。」と、大雅に呆れる詩織は・・パラシュートのヒモを切って木から落とす。
これに怒る大雅・・名前もいわずに去ってしまう詩織に心ひかれる。

自分を助けてくれた女性(詩織)に会いたいと、海に行く大雅は・・浜辺で号泣している北村詩織・30歳(竹内結子)をみつける。
(この時、竹内結子さんのスカートが可愛い)

「あなたに・・・会いたくて・・」と、お礼を言いたかったと、言い訳の楠大雅(松本潤)。
詩織も会いたかったという・・理由は
「私ね・・あなたのお父さんの大ファンなんです。」と、詩織に驚く。

「あの後、楠大雅さんだと思いだしたの・・」と、詩織は父の大ファン。
珍しく・・自分のフルネームを呼ばれ嬉しい大雅。

また、ここでも父の名前が出てうんざりの大雅でしょうね。それでも、詩織に会いたいと気持ち・・
あの時、初めてあった時から「生意気なやつ・・」と、気になる存在になっていたから。

父と違う、ニセ俳優であり、金とヒマだけは沢山あると大雅。
「父が俳優だったから、自分もなった。」と詩織にはいう。でも、子供の頃から大雅の夢は俳優だった。
本当は父が大好き、やさしい大雅。

父は売れない息子に「人生・・風のごとく・・」と、名台詞を残して亡くなる。息子には「お前は自由でいればいい・・」と、言葉を残していた。
これをあとで「ちゃんと、お礼をいえば良かった・・」と、父が亡くなって想う大雅。

あまりに真面目で堅物のせいか、女性の箸の持ち方が気に入らないと、別れたり。これが演技にも影響しているもよう。

突然の・・・楠航太郎の死後・・2ヶ月後
大雅の事務所に子役から活躍している女優・宮瀬桜22歳(桐谷美玲)が入ってくる。
表面は良い子に見えるけど、裏は何を考えてる?って感じの子。

そして・・詩織が事務所に入ってくる。

生前の父親についての追悼番組に出たくないと、大雅。
「こんな時まで親の七光りかよ。俺には仕事はないのかよ。」と、大雅。

「俺は・・俺は・・俳優としてちゃんとしたとこ、1回も見せられなかったんだよ!」と、涙をためて叫ぶ大雅。
仕事は選べるほどもないと事務所・社長。

大雅の演技は頭でっかちで理屈っぽい。社長も大雅を育てたいと思ってるが・・厳しく俳優として育てている最中。

「好きで親父の息子に生まれてきたわけじゃない!」と、大雅の頬を叩く詩織。

「あなた!何様よ。お父様のこと・・・そんな風にいうのは良くないわ。
あなたの仕事が、うまくいかないのはお父様のせいじゃないわ。あなたが下手くそだからよ。だから、売れなかったのよ。あなたの演技は独りよがりなのよ。
俺が、俺が・・ってそればかり!楠楠航太郎さんは違うわ。どうしたら・・作品が面白くなるか・・そう、考えてるのがつたわってくるわ。いいじゃない。七光りでも。
お父様があなたを・・光らせてくれてるのよ。あなたには素晴らしい父親がいたこと、誇りに持ちなさい。」と、詩織。

大雅にファンレターを渡す。

ファンレターを読む大雅。
内容は自分(楠楠航太郎)のファンである詩織に
「私の死後は・・息子を応援してやってほしい。ありがとう。息子もいいやつなんだ。」と、父からの頼みで応援しにきた詩織かも・・。

そんな父の思いを知り・・お墓参りに行く大雅。
「なんで死んだんだよ・・父さん・・早すぎるよ・・」

父の名台詞をいって・・お墓の前で泣き出してしまう。そんな大雅をそっと、遠くから見つめている詩織。
大雅を見つめる目はあたたかい。

追悼番組に出演した大雅を、何度も見る事務所のスタッフ。
給料は歩合になると社長に驚く大雅。今月はバラエティとコメントで「2万8000円」と、驚く。
今までは、父の航太郎の稼ぎ、大雅もノンキに給料をもらっていた。これを厳しくする社長。

やめた社員の代わり、売り込み、交渉などする社員として、詩織が初めて芸能関係の仕事をすることになる。

父のお墓の前、泣いていたことをさりげなく聞く大雅は・・
「あれは・・演技だから。親父にみせたかったんだ。俺の泣きの芝居・・」と、大雅に
「だとしたら・・すごくステキな芝居でした。」と・・・近づく大雅は、詩織にキスを!拒否され、殴られる大雅。

詩織の娘・海・6歳(小林星蘭)に驚く大雅は
「くそ・・子持ちかよ・・」

(そう、つぶやきながらも・・僕は・・大ざっぱで乱暴で・・よく笑い、よく喋り・・きれいな涙を流す君に・・完全に・・恋に落ちていた・・。)

続く・・・

詩織は父の楠航太郎の大ファン。作品で癒されているもよう。
娘がいる詩織には問題があるようで・・缶詰工場が閉鎖、楠航太郎のファンということで事務所で雇ってもらうようです。

楠航太郎の死後、手紙でファンの詩織に息子を託したようですね。「息子を自分のように応援してほしい」と。
これで出会う二人です。

まだ、娘がいることで大雅は「人妻だった?」と、驚いてるけどたぶん、シングルだと思います。

息子の演技、ドラマでちょい役の警察官を演じる息子、これを見て「お前らしい俳優になればいい」と、父。
演技が固い感じですね~これを、詩織と恋することで・・感情を表現できるようになるのかも。
詩織のアドバイスもあるでしょうね。

ただ、ドラマの長いタイトルが気になります(>_<;)
覚えにくいから(笑)

竹内結子は痩せてまた、キレイになりましたね~そして可愛い。
松潤は好きなので期待のドラマです。 松坂慶子のお母さん役も優しそうで癒し系ですね。

前半、派手な演出で~松潤のミュージックビデオのようでした^^♪
ファンは嬉しいでしょうね。
ちょっと、松潤の俺様キャラ、「花より男子」の道明寺を思い出します。でも、成長してる。
キムタクよりもカッコイイから好き(*^^*)

『スマイル』は最後までみたけど暗い印象が強かったので、この大雅、どう恋をするのか~気になります。
松潤、ドラマの中~警察官の時の演技「固い」感じと、大雅と分けてるのを感じました。




ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年07月21日 11:30 ] カテゴリ:夏の恋は虹色に輝く | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天