ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」27話 絶縁状 あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」27話 絶縁状 あらすじと感想

龍馬がご飯を食べるシーンでもウルウルと感動でした。あそこまでの大芝居をして武市に残された道は切腹?以蔵は人を殺してるので・・あのまま首斬りなのかな。毒入り饅頭を食べた方が良かったのか、それとも・・

「龍馬伝」NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
武市半平太  大森南朋
坂本乙女   寺島しのぶ
吉田東洋   田中泯
岡田以蔵   佐藤健 
勝海舟    武田鉄矢
西郷隆盛   高橋克美

第27回「龍馬の大芝居」 視聴率 17.3%

神戸の海軍操練所が閉鎖で、龍馬たちは今後の人生について悩む。
勝がすすめてくれた薩摩の西郷の所へいくか・・迷う龍馬。これをみんなに話すけど「俺たちに薩摩に入れと?」と、怒るの。

やり場のない怒りですね。
龍馬が悪いわけじゃないのは、みんなも知ってる。でも、西郷のいる薩摩にいくのもちょっと・・・という感じです。

龍馬は、西郷のことを「相手次第でどうにでも変われる大物」と、説明。
小さく打てば小さい・・大きく打てば大きく響く人物と恐れるのだわ。

寺田屋の女将に龍馬は、薩摩の人間のことを聞くけど悪い情報もない。
益々、悩む龍馬。
お龍はすっかり、仕事にも慣れて「う~み♪」って言葉で笑顔も少し、見えてる。
口の悪いお龍はうまく龍馬を、心配することが出来なくて。
うまくいえない。これをフォローするお登勢。「あれでも、龍馬さんを心配してるのよ。」って。

弥太郎から手紙が来て、読む龍馬は愕然とする。
武市は牢屋、以蔵は酷い拷問を受けて・・武市の考えで「以蔵を楽に・・」と、想いで毒入り饅頭を渡してしまう所だった・・と。

「お前が饅頭を渡せ!土佐に戻ってこい!!!」と、弥太郎の叫び。

これを知り龍馬は、大急ぎで土佐に帰る。
でも、脱藩してるので手紙を運んでくれた溝淵に助けてもらい、こっそりと土佐に戻る龍馬。

何年ぶりだろう?龍馬が実家に戻るのは。
脱藩したのでもう、「龍馬とは会えない!」と、思ってた兄、乙女たち。
でも、これで武市を助けるために戻ったので再会する龍馬と家族。

兄もさすがの人物ですね。すぐに「なぜ、戻った?」とも聞かず。
翌朝、龍馬は武市を助けるために戻ったのであり、坂本家から「縁切り」して欲しいと頼むの。

驚く家族たちだけど、「武市を助ける」と、意味で絶縁状を書いて藩に出すと兄。
龍馬はそんな家族、兄たちに感謝をして。
これで龍馬が何か、問題を起こしても家族に迷惑がかからない。

同じ頃、弥太郎に頼み、吉田東洋暗殺の時、どんな状況だったのかを確認するため、資料を盗んでもらいすべてを読む龍馬。
暗殺が行われたのは、龍馬が脱藩したあと。だから、龍馬は詳しいことは知らない。そして・・すべてを把握して・・

すぐ!絶縁状を書いてもらったら本当にすぐでした。
拷問をして以蔵を責めてる後藤象二郎に

「吉田東洋さまを殺したのは・・わしじゃ!」

と、大芝居する龍馬。

驚く象二郎だけど・・すべて資料を読んでる龍馬だから。当時の話をして、どこからどうやって東洋を殺したのか・・と話す。
興奮して龍馬に斬りかかる象二郎。

「おまんにわしは斬れんぜよ。」

こんなウソ話する龍馬を信じる象二郎なのかな。
「俺は逃げる。武市が東洋暗殺で切腹・・俺の手柄を横取りされるのは気分が悪い。」と、龍馬なんだわ。

この大芝居を見ていた弥太郎、溝淵たちに感謝する龍馬。

象二郎を殴って・・その足で逃げる龍馬でした。
でも、今後・・海援隊の時に再会する後藤ですよね。大丈夫なのかな~ってちょっと、思ってしまいました。

以蔵は人を何人も斬ってるので・・これで龍馬が「犯人」と、なっても以蔵は死刑というか、首斬りでしょう。
そして予告で武市は切腹でした。
武市を救うことがあれで出来たのか・・今の苦しみからは解放されたけど、今度は龍馬が「東洋を暗殺した人物」と、して追われる身になってしまうのか。

以蔵の「武市先生は殺していない。」と、あんな状況でもかばう、信じてる以蔵が切ない。

そして切ないのは武市の妻ですね。
夫が床で寝ていて苦しい思いをしている・・だから「私だけ布団に寝れない」と、床で寝ている妻の姿、まさに「愛」なのだと思いました。
私なら、布団で寝てしまいます^^;

そうだ!興味深かったのは容堂がお茶の先生、深山宗林の言葉が印象的でした。
まるで容堂の心をそのまま、読んでるようです。
「わたくしは・・いろんな土地をまわってまいりました。世の中には育ちが良い上に・・ずるけて賢い方がいらっしゃいます。羨ましくもあり、痛ましくもあり・・」
「・・痛ましい・・?」と、容堂。
「そういう方は・・まわりが見えすぎ・・先の先まで見えてしまいます。己のなせる限りまでも・・悟ってしまう・・」

「己のなせる限り」と、深山宗林の言葉に容堂、悲しいでもなく、情けないでもない。何ともいえない表情でした。
容堂が恐れているのは何?死の恐怖だけでもなさそう。
ずっと、先が見えてしまう容堂なんでしょうね。

龍馬がいつも自分を犠牲にしてまで、家族と絶縁してまでも「武市」を助けようとする想い。これを知り、弥太郎は龍馬を尊敬していくんでしょうね。
弥太郎の手紙を読む福山龍馬、泣けました。

弥太郎の母、このシーンも良かったです。
「好きにすればいい。お前が非道なことに手を貸してると思うなら、後藤さまにお役目をといてもらえばいい。」
でも、「好きに・・」と、言われても悩む弥太郎でした。
龍馬が家族と絶縁してまで「武市を助けたい」と、想いを知り覚悟を決められる弥太郎なのかな。

龍馬伝、最高に面白い。大好きです。

今こそ学べ!坂本龍馬感動の人生哲学今こそ学べ!坂本龍馬感動の人生哲学
百瀬昭次

ロングセラーズ 2009-10-26
売り上げランキング : 523156

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ  テレビドラマランキング

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年07月05日 14:38 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。