ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >   >  文庫本ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文庫本ランキング

TBS「王様のブランチ」から今週の文庫本ランキングコーナーの紹介です。映画で有名な「告白」これ、観たいですね。気になる映画です。この原作本も大ヒットのようでした。

ブランチ文庫本ランキング
10位
「走ることについて語るときに僕の語ること」村上春樹 (著)

9位
「ひなた」吉田修一 (著)

8位
「ルームメイト」今邑彩 (著)

7位
「虐殺器官」伊藤計劃 (著)

6位
「仇敵 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉」佐伯泰英 (著)

5位
「東京島」桐野夏生 (著)

4位
「私という運命について」白石一文 (著)

3 位
「インシテミル」米澤穂信 (著)

2位
「ジェネラル・ルージュの伝説」海堂尊 (著)

1位
告白かなえ (著)

2009年本屋大賞を受賞した作品。上半期の売り上げナンバーワン!

今週の本屋のおすすめの1冊は、
「Brooklyn Modern」Diana Lind (著), Robert Ivy (寄稿), Yoko Inoue (写真)
インテリアの写真集です。
古いものと新しいものを融合させてる所を見て欲しいとのこと。

特集は告白の作者、かなえさんのインタビュー。

「夜行観覧車」
家族とは何か?と、衝撃のミステリー。テーマは
「簡単にいうと ”振り上げた拳を下ろす” ということです。」と、作者。

夜行観覧車夜行観覧車
かなえ

双葉社 2010-06-02
売り上げランキング : 156
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


告白は、
「人間の負の連鎖をどこまで描けるかと、自分に挑むような感じでとことん、書ききった・・という感覚があるんですけど、でも、本当の実生活は、どこか手前で、踏みとどまらなければいけないものだと思って。
腹も立つこともあるし、我慢できないこともあるけれど、平和に毎日、送れてるのはみんな、どこかでブレーキをかけたり、緩和させたり、
自分に言い聞かせたりして、踏みとどまっているからじゃないか・・と、思うので。
今回は、マイナスな出来事は起こるけれど、踏みとどまる話を書こうと思いました。」と、作者のさん。

もう、ダメとなったとき、
「拳をふりあげたのを誰かが止めるのか、自分でとめるのか、考えて書いた。振り上げた拳をおろすにも、色々なパターンがあるんじゃないか・・」と。
「止めてくれる人がいるかいないか・・犯罪を起こさない人間が、決してえらいわけではない。」

マコト先生はこの本を
「ふりあげた拳をどうするか、」嫌な台詞と、登場人物がよく描かれているという。
相手を傷つける言葉を連呼するキャラクター。

負の感情をどう、コントロールするのか、気になるのでチェックしたいと思いました。
つまり、「告白」は、怒りをそのまま出した作品であり、「夜行観覧車」は、怒りをおさえつつ、振り上げた拳をおろし、復讐しない・・仕返しをしないって感じなんでしょうか。
どうやって、ふりあげた拳をおろすのか、その方法が知りたい気持ちですね。
あ、別に怒ってるわけではありませんけど^_^;

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) かなえ

双葉社 2010-04-08
売り上げランキング : 9

おすすめ平均 star
starすごく面白かった
star悪意の塊が集まったような話
star告白

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気になる本としては、「走ることについて語るときに僕の語ること」です。
この本はマラソンだけでなく、文系ジョガーとしても興味あります。
長編小説を書くのは、マラソンを走るようなのと似てる感覚・・そういう私も、ブログを続ける・・と、長いレビューを書く意味、たまにくる
「もう、やめようかな・・」という思いを解消させてくれそうな印象です。
エッセーなので気軽に読めそうです。

「インシテミル」は、映画化され、藤原竜也出演~怪しいバイトで12人の実験者が参加する殺し合い、犯人をあてるというとんでもないゲームストーリー。この秋、映画で豪華キャストで公開です。映画で観たいかも。
読みたい本は見つかったでしょうか(^^ゞ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年06月19日 11:49 ] カテゴリ: | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。