ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  龍馬伝 >  「龍馬伝」24話 武市の妻・冨 あらすじと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍馬伝」24話 武市の妻・冨 あらすじと感想

お龍と龍馬が何かを感じるシーン、演出も良かったです。気の強い女性、お龍だったんですね。武市と冨、以蔵には涙です。

龍馬伝NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
武市半平太  大森南朋
坂本乙女   寺島しのぶ
吉田東洋   田中泯
岡田以蔵   佐藤健 
勝海舟    武田鉄矢

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2
NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2TVサントラ Original TV Soundtrack 佐藤直紀

おすすめ平均
starsエモーショナルに心に響く楽曲揃い、秀作。
stars想望
stars落ち込んだ時の特効薬か!?
stars心を揺さぶられる
stars穏やかな・・・あまりにも穏やかな音の流れから、歴史の中に入っていく・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第24回「蛍の愛」あらすじ感想 視聴率 20.1%

池田屋事件・・
孝明天皇奪還計画を密談中・・攘夷派の志士たち。新撰組により、亀弥太たちを殺されてしまった事件。

これで怒りに震える龍馬だけど、危険なので桂小五郎に止められる。取りあえず、お龍の家に隠れる龍馬。
この池田屋事件の中、勝塾の亀弥太がいたことで、あとで大きく影響するんですね。

お龍の父は医者。攘夷派の武士を助けて亡くなった。だから、攘夷だの、何だの!と、自由勝手に好きなことをしてる人たちが嫌いという。
でも、龍馬の5両で金貸しに妹を取られた時、世話になったお龍は、龍馬の世話にはもう、ならないとつっぱねる。
でもね、龍馬は優しくいうのよ。

「人の気持ちというものは、貸し借りに関係なく・・受け取ってええ時もあるき。おまんが、侍を嫌いなんはよう、わかったけんど・・たまには笑顔をみせてくれ。」って。

もうすぐ日も暮れる。京を発つ龍馬にお龍はいうの。
亀弥太のことを思う龍馬。

「けんど・・亀弥太の亡骸を残していくんは・・辛い。」と、龍馬。

「志を貫かれたのでしょう?あのお人は・・坂本さまは・・褒めてあげないと、いかんと違いますか? ”よう、がんばった” と。”お前は侍らしゅう死んだ” と。」と、お龍の言葉にハッとする龍馬。
「侍」として死ぬのはこの時代、武士としては自慢でもある。誇りに思えることだから。褒めて・・と、お龍の言葉は龍馬には「あ!」って、感じだったんでしょうね。

亡骸を残すのも辛いけれど、武士として死ねたことを認めてあげるのも、ひとつの「心」みたいな・・。幼なじみを亡くした龍馬には辛いことだけど。
京にいると、新撰組がいて危ないので・・神戸に向かう龍馬でした。

以蔵がねーー悲しい。辛かったです(>_<;)
武市を守り、武市のことを何もいわず、ただ、拷問に耐えている姿が。
これを心配しながらも、何も出来ない武市は牢屋の中。妻の冨に伝えた言葉

「おまんに・・辛い思いをさせてすまん・・まっことすまん・・。」

と、武市の本気。
これを1番理解してるのは、妻の冨だと思うわ。

「もう、あの人は戻らない。」と、わかってるのに弥太郎に笑顔で
「あの人が帰って来たら、遊びに来てください。」と、いうあたりが健気です。
この時代の女性、本当に強いです。そして牢屋にいる武市に送ったモノは・・「蛍」でした。

明るい光を牢屋の中でみた武市は、どんな思いで蛍をみつめたのか・・予告では「もう、以蔵を楽にしてやってくれ。」と、武市の言葉でした。

弥太郎に「武士として大殿さまを思って仕えた・・」と、自分のしたことは間違っていない。吉田東洋暗殺を認めない武市。
弥太郎は、東洋を殺したのは誰でも構わない。ただ、上から「吉田東洋暗殺の件がわかるまで、商売はするな!」と、命令されてしまい、これも辛い。
武市に正直にいってくれ!と、弥太郎でした。

そんな武市「妻の冨にも”あの人は武士だった”と、思ってほしい。」と、思いもあり、事実を認めない・・っていうか、まあ、武市は本当に暗殺を間違っていないと、信じてるのだし。これを認めろ!ってのも辛いですね。

吉田東洋は、大殿さまの考えにあわない!邪魔者!と、武市はそれなりに容堂を思ってしたことだから。

容堂といえば、深山宗林にすごく感激してましたねーーあれ、誰かしら?
お茶を飲んでいたので・・お茶の先生らしいけれど、検索してもわからず。謎の人物みたいです。

弥太郎も優しかった。いい人でしたね。冨を思う心遣い。それを感じる冨。
子供が生まれた弥太郎、子供がいない冨への優しさ。
乙女ねえやんの武市の話も感動でした。

あ!龍馬がお龍の家でおにぎりを子供や、母親たちに食べさせる・・こんなシーンもすごく良かったです。龍馬という人の優しさを感じますね。
このタイトル「愛の蛍」とは?と、思ったけれど、蛍が牢屋の中で光った瞬間、涙が溢れました。
志半ば、命を落とした魂が沢山あった時代ですね。

で、気になったのが伏見・船宿で龍馬の母に似た女性が!あれは?

龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR
龍馬伝 III~SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR【作】福田 靖【ノベライズ】青木 邦子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年06月16日 13:07 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。