ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  篤姫 >  「篤姫」あらすじ1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「篤姫」あらすじ1

NHK大河ドラマの「篤姫」と少し違うかもしれませんが、日テレで放送された「日本史サスペンス劇場」での「篤姫」のあらすじです。これは江戸城を引き渡すまであるので・・たぶん、大河ドラマ版のネタバレのような感じだと思います。

篤姫日本史サスペンス劇場あらすじ2はここ
最終回と思われる・・江戸城無血開城まで)


篤姫「もうひとつの素顔」日本史サスペンス劇場より。
長いのでパート1、パート2と記事を分けます。
これは日テレの「日本史サスペンス劇場」放送内容を記事として書いています。

これによると・・篤姫の家定との結婚前、大きな地震がありましたよね。
西郷が頑張って揃えてくれた着物やらが、ダメになったほどの大きな地震です。
あれ、大河ドラマではすぐに続いてたけど、この番組によると3年も伸びたようです。
そして、ドラマと違うのは篤姫、輿入れ前に「家定のうつけ」の噂を聞いていた・・とのことです。
輿入れ前、養父の斉彬に呼び出され、嫁入り前の挨拶をする篤姫
このとき、密命を受けた・・と、あります。
家定は料理好きで豆を煮たりしたとか。

斉彬の密命、これは家定に子供が出来ればもちろん!1番良いのだけど、「うつけ」との噂があったので「世継ぎ」問題を篤姫に託したのでしょう。
斉彬
「世継ぎが出来ればなおさら!我が藩は幕府の政局に大きな力を持つことが出来る。」こう言ってたようです。
世継ぎがムリなので、次期将軍を
「水戸の一橋慶喜を世継ぎとして説得してほしい」と、篤姫に頼んでいた斉彬だったんですね、これを篤姫は「お家のため」と、承知してお嫁にいったのです。

水戸と手を組んでも、政権を握ろうとする斉彬の野望。
そして家定は、生母・本寿院のいいなりだったらしいです。
おわたりの時、お添い寝役もいたとか・・お志賀は嫉妬深い・・とも。

次期将軍に大きな決定を与えるのが大奥である。養父・島津斉彬の密命を果たせないまま、家定が亡くなる。
そして家定の死後・・「天璋院」篤姫となりました。
大奥最後の女帝・天璋院篤姫・・家定の死後、残りの人生を23才から過ごした。
この天璋院篤姫の人生が変わる・・十四代将軍、徳川家茂(13才)が就任。
家定の養子であり、天璋院を「母上」と呼び慕う。
家定との間に子供は作れなかったが、母として生きることが出来た。家茂を養育しながら、女として母としての幸せを見いだしていた。

1860年(万延元年)三月三日
大変な事件が起こる。大老、井伊直弼が襲われて死亡。
井伊直弼の政略に恨みをもった水戸藩士の襲撃。
これが世にいう「桜田門外の変」である。
白昼、堂々、幕府の最高権力者が暗殺される。これにより、幕府の弱体化が露呈、政局は大きく動き始める。

桜田門外の事変以来、諸大名の間に動揺がひろがり、それを鎮めるためにも「公武合体」が急がれる。
「公武合体」とは?
公とは「朝廷」のこと。武とは「幕府」のこと。
幕府の狙いは・・天皇の権威を利用して、反幕府派を押さえようとした。
朝廷の狙い・・
幕府を利用して、権力の回復をはかろうとした。双方の思惑のもと、それぞれの思惑で手を組んだ。

そのために朝廷から、家茂に正室を迎えることになる。
(公武合体の象徴として皇室から正室をむかえる)
その候補が皇女・和宮・・孝明天皇の妹である。
当時、和宮には許嫁がいて、婚姻の日取りも決まっていた。しかし兄の孝明天皇は
「この難局を乗り切るには、そなたの輿入れが必要なのじゃ!」と、いい妹を説得する。
妹も兄も外国人嫌いだが、岩倉にいわれる。

岩倉具視・・幕末から明治維新にかけて、朝廷内で暗躍した官僚。公武合体の策として、和宮の結婚を根回しする。のちに、500円札の肖像にもなっている人物。
「今、日本国はメリケン(アメリカ)や、エゲレス(イギリス)などの夷狄(外国人のこと)に開国をせまられ、幕府は揺らいでます。
この夷狄をうちかえす強い幕府を作るためには、帝(天皇)の権威が必要なのです。和宮さまが徳川にいくことで政局は一気に攘夷(外国勢を撃退すること)へと動きます。」
と、いう。
和宮の結婚は、幕府と朝廷の政略結婚。

文久二年(1862年)
家茂の正室となった和宮が大奥に入る。ともに16才の時。
江戸へむかう和宮の輿入れはおよそ1万人、輿入れの行列は50キロにもおよんだ。
嫌々、輿入れした和宮はいろいろな条件を要求した。
そのひとつが、和宮は大奥でもすべて「御所風を遵守する」ということ。
和宮が大奥、上段の天璋院のとなりに座ろうとすると、篤姫は
「御台殿、ここはそなたの席ではありませぬぞ。そちらへお座りください」と、示した場所は下段の間。

つまり、嫁と姑の関係をハッキリさせた。嫁とはいえ、天皇の妹、身分は和宮の方が上・・女官たちは色めきたった。従う和宮。
一方、和宮は京の土産を天璋院にさしだす。
そこには「天璋院へ」と、呼び捨てで名前が書かれていた。
これには天璋院の侍女たちが色めきたった^^;
嫁と姑、宮廷の女官と大奥の侍女たち・・女たちの新たな戦いが始まった。
そしてこの二人が幕末の日本に大きな影響を与えるのだった。

ところで・・この和宮の結婚には大きな謎がある・・
「和宮・替え玉疑惑」和宮はニセ者だった?と。
ここでスタジオ内でおしゃべり~「大奥だけでなく、庶民、外国にもこの噂が広まった・・」とか。ほんとー?
徳川家康、武田信玄の替え玉疑惑の話をする。
有吉佐和子「和宮様御留」と、いう本には和宮は嫌がって自害、かわりの女性がニセモノとして結婚、一生を和宮として生きた・・と。
昭和34年、芝・増上寺
「徳川家墓所の発掘調査」にて~大変な事実がわかる。家茂と和宮の遺体も調べた。このとき、和宮の遺体に隠されていた・・

事実1・・不自由とされた足の骨にはまったく異常なし。
和宮は足が不自由だったのに、関節炎、骨折のあともなかった。
事実2・・家茂の棺に納められた髪の毛は、和宮のものではなかった。
家茂の棺には、長い黒髪が発見されたが、和宮の遺体の髪の毛は赤毛だった。
事実3・・和宮の遺体、左手首からさきの骨が発見できなかった。
左手がなかった・・と、いう記録は一切ない。
これらをもとに、有吉佐和子はこの和宮をニセモノと判断、本を書いた・・とありました。

しかし・・意外な事実も発見された。
諜報活動をしてるオランダ人から・・在日オランダ人が、日本の政情を本国につたえるための報告書から~は、有吉佐和子の本とは違う内容。
替え玉・和宮は出発する・・
「幕府は本物と信じればそれでよし。もし、替え玉とわかったら・・幕府が恥をかくことになるので公にするはずがない!」と、天皇たち。育ちがわるく、侍女たちに怪しまれた和宮・・
聡明な家茂は、後日、このニセモノを江戸城から退去させた・・とも?
歴史はミステリー!嫌々、結婚、京に帰りたがった和宮の遺体だけの替え玉とか?
本当はどーなんでしょうね(笑)

宮廷の女官は、幾島に和宮の待遇が悪い!と、文句をいうも~幾島
「大奥には大奥のしきたりがあります!従ってもらいます」と、宣言する。
しきたりの違いが、色々なトラブルにもなった。
御所では天皇のお許しがないと足袋ははけなかった・・それを笑う大奥の女たち。
和宮はこれを兄・孝明天皇に報告する。しかしこれが問題になってしまう。
13才で江戸へきた家茂には、和宮の不安な気持ちがよくわかり、政務にも不慣れな家茂は、和宮がきてくれたことで若いふたりは親しくなる。
きっと、若い者同士、気があったのでしょう。

ある日、帝から手紙がくる・・和宮の手紙を読んで帝が天璋院にあてたもの。
「和宮の待遇改善命令」なり。幾島は
「これからは、御台所ではなく、和宮さまと呼ぶことになります」と、告げる。
「万事、御所の風儀を貫くのは輿入れのときからのお約束だと。」
「徳川家のしきたりを教えるだけ!」と、天璋院は行動をおこす。
天璋院は引っ越しをする・・二の丸へ移る。
朝廷に嫁、姑の関係が悪い・・と伝わったが、身に覚えもなく、
「これでは公武合体の意味がない」と、天璋院は言う。

これをしずめるために、
「自分は二の丸に移る・・」と、天璋院篤姫は言う。
これでは?今度は「和宮さまが、将軍の母を追い出した!」ことになってしまう・・
悪い噂が流れれば~「公武合体」の意味もなく、大打撃になってしまう。そして・・和宮がとった行動は?
和宮が二の丸にいき、「心を改める・・」と、あやまり「戻ってください」と、頭をさげたので天璋院もやっと大奥に戻ることとなる。
賢いわ~天璋院の方がやっぱり上ですね。

もう1つの疑惑が!家茂の生母・実成院・・紀州から大奥にあがった彼女は寂しさから~酒におぼれる。
滝山に
「あなた様は仮にも将軍生母、少しはお慎みください」と、言われてしまう。
「その生母にむかってなんて口を!」と、険悪になる。
これが事件の始まりとなる。
数日後、宿下がり(大奥から実家に帰ること)で快気祝い~滝山も嫌々、参加。
祝いの食事中、一口で毒に気がついた滝山、お吸い物に毒が入っていた。
かろうじて一命を取り留めた滝山。すると、実成院は滝山をのろい殺す祈祷をする。それを知った滝山の侍女たちは、呪いを跳ね返す祈祷をする!

感想
天璋院篤姫、家定の死後はそれなりに幸せだったような気もしました。13才で大奥に来たら・・心細いだろうし篤姫を「母上と呼んでよいですか?」と、聞く家茂だったのです。
井伊直弼の暗殺、これはきっと、悪い事ばかりしていた井伊直弼だったんでしょう^^;
この時代、どんどん人を殺して権力を握ってたのですねぇ。
後半、滝山も呪いで大変だったみたいです。
内容はパート2へと続きます。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しいです^^
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年07月23日 16:28 ] カテゴリ:篤姫 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。