ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  篤姫 >  「篤姫」28回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「篤姫」28回

将軍の妻でも、1ヶ月も後に知らされるんですね。それでも内々とか・・流れは知っていたけど、あまりに哀しい家定の最後でした。
篤姫、また大奥から出て家定に会いにいけば良かったのに(/_;)
予告では「篤姫が毒殺した?」と、あり驚きです!





28話「ふたつの遺言」視聴率 26.2% あらすじ感想

井伊直弼!大老に就任・・
大老とは「老中に上に置かれた臨時の幕府最高職・幕政全般を統括する」
一橋派は窮地にたつことに・・頼みの綱は薩摩の島津斉彬だった。
西郷に薩摩に帰ってもらうよう命じる。

篤姫、庭で幸せそうな優しい顔・・家定とのことを想い出すのだわ。
安政5年(1858)4月25日
井伊直弼は、大老として登城する。紀州派が圧倒的に優位になる。
家定、井伊直弼に「慶福さまを世継ぎにすることを発表しましょう」と、いわれるが、家定は井伊直弼に頼み事をする。
「慶福が将軍になったら、御台所も貢献の1人として定めたいのじゃ」
前例もなく、理由を聞く井伊直弼に家定はいう。
「御台はまつりごとに、ひとかたならぬ想いを抱いている」
それだけではなく、物事の見方、心の動きが人と違う・・と。
戦ばかりで生きてきた男とは、まるで違う考えを持っている・・まつりごとに新風を送り込みたい・・と、家定は
「慶福が成長するまで、御台をおもての政務に加え、万事につけて相談せよ」と、言う。
承知する井伊直弼・・反対も出来ないでしょうね^^;
これが篤姫への遺言になったのでしょうか・・

家定、堀田にも同じことをいう。
井伊直弼にも伝えたものの~心配なので、誠実な人柄の堀田にもいう。
つまり、井伊直弼だけには「任せられない」ってことでしょう。篤姫を政務に加える~なんてこと、反対の井伊直弼かもしれないし。
だから、誠実な堀田にも告げる家定なのだと思う。

庭のボタンの花がキレイで・・庭におりる家定、
「今宵、御台に持って行ってやろう・・」と、その瞬間!倒れるように崩れてしまう。あぁ・・家定さま~~
幾嶋、篤姫
「井伊直弼さまが、大老なら次の世継ぎは、慶福さまに決まったも同然!」
最後です・・と、幾嶋はまたも、篤姫に世継ぎを慶福から、慶喜に変えてもらってください・・と、薩摩の父のことをも言い、篤姫に頼み込む。
篤姫、薩摩の斉彬の手紙を読もうか迷う。

薩摩・・
斉彬は、小松帯刀(尚五郎)に銃を見せて3000作らせている・・と。
幕府は条約を結ぶであろう・・と予想する斉彬。西洋式軍隊を整えようと小松帯刀。
軍艦もフランスから買い入れることになっている。
陸と海で薩摩藩が軍備する。やる気満々だわー。
銃を作るには、別の目的がある!と、斉彬。
そこへ西郷がフラフラで入ってくる・・
「世継ぎは慶福さま、間違いなし!」と、報告に顔を曇らせる斉彬。
使命を全うできず、あやまる西郷・・しかし、斉彬は
「わしはまだ、何ひとつ諦めていない!」
京にのぼる警護を「西洋式軍隊」で行いたい!と、言う。

斉彬が京にのぼる!と、薩摩では大久保たちも喜んでいる。
「戦じゃ!」と、騒ぐ仲間たち、小松帯刀は
「殿の考えは、今こそ、国開くべき!とのこと」
大久保は、斉彬はもっと大きなことを考えてる・・と、わかっていた。
大久保、冷静だわ・・
幕府もろとも、日本を作りかえるつもりの斉彬。

江戸では・・イギリス、フランスが日本に向かってる報告がある。
ハリスは「彼らが来る前に、条約を結ぶほうが特ではないか?」とも。
井伊直弼は「なにより、帝のお許しを得た上での調印とすればならぬ。」状況を把握するまで時間を稼げ!と、言うのよ。でも、いざ!となったら?
「国家存亡の危機の前には・・やむを得ない」と、井伊直弼。

ポーハタン号・船上
安政5年6月19日、日米修好通商条約調印。

篤姫は、井伊直弼が条約を結び、それは帝の許しを得ていないことを幾嶋から聞く。
家定とずっと会っていない篤姫・・これを聞き、話を聞きたいと言うが・・
倒れている家定、寝込んでるのでは?おわたりもなく情報も聞こえない大奥

「もしや・・具合が悪いのでは?」と、家定の医者を呼ぶ篤姫・・
家定、おつきの医者は~本寿院に報告していた。
医者・伊東玄朴は、「持病の脚気から~軽い発作、今は落ち着いている」と、いいつつも、本寿院のお見舞いもつよく拒否する医者。
これ、かなり危ないような気が・・
心配する本寿院、なぜか、家定のこの件を「篤姫には知らせてはならぬ!」と、言う。
驚く滝山・・
言えば、会おうとする・・すると病が悪くなると判断する本寿院なのでした。
しかし滝山!先日、篤姫に嬉しいことをいわれたせいか優しい。(嘆願書)
「心配しているのは御台さまも同じ・・」
滝山は気にしてるようだったのに・・本寿院の一言で誰にもいわないことになる。
「嘆願書のことなど、気にする必要はない!」と、本寿院が憎たらしいわ!

篤姫は医者から、公務に忙しく、それなりの薬を出している報告をうける。
会えないなら、忙しいのなら~渡してもらいたいモノがある!と、篤姫。
寝たままの家定、篤姫からの「渡したいモノ」を見る。
それは・・五目並べの白い石だった。
石を見つめる家定、
「そうか・・これを御台がのぅ・・御台がのぅ・・」と、微笑む。
脈を取ろうとする医者に「よい、自分の身体くらい自分でわかる・・」と、家定。
白い石を見つめて
「御台よ、なぜ、いつかのように会いに来ぬのじゃ?」と、家定はつぶやく。
そうよー!篤姫がおもてに来ればいいのに・・
以前のように、大奥から出て家定に会いにくれば良いのに。。

篤姫は1人、家定を想う・・
「わしからはもう、行けぬ・・」と、家定は目に涙を浮かべる。
目に涙をため、白い石を見つめながら「行けぬのじゃ」と、家定。
篤姫は黒い石を持って見ている、涙を流す家定・・篤姫・・心はリンクしている。

井伊直弼は、まつりごとに力を入れ始める。
まずは老中の堀田を登城停止、あらゆるクレームにただ、謝るのみ。
これ、日テレ「日本史サスペンス劇場」と同じ流れですね!
形だけあやまり、心では「あっかんべー」ってヤツです!
斉昭、怒りで訪問するも、待たされたあげく何も出来ず帰る。

水戸藩邸・・
徳川斉昭、慶喜と話す。
父は「近い将来、そなたにも大きな役割が巡ってくる」と、言う。
そのときをしっかりと見極めよ・・と、斉昭なんだわ。
なんだか諦めていた雰囲気の慶喜の印象でした。
でも、慶喜も悪くない感じ。

安政5年(1858)6月25日
井伊直弼が、徳川慶福を紹介していた。(徳川家茂)
凛々しい松田翔太くんですね~♪
一橋派は破れる。
がっかりした幾嶋、篤姫に「お世継ぎは慶福さまでございます」と、報告する。

井伊直弼、一橋派に隠居、慎み、登城停止・・など重い罰を与える。
やっぱり、日テレ「日本史サスペンス劇場」と同じ流れです。
井伊直弼に反対するものは、次々と江戸城から姿を消す。

幾嶋がいない日・・滝山が篤姫に会いにくる。
「お話が・・」と、いう時に幾嶋がくる。これで篤姫は「すまぬ、あとにしてくれぬか」と、これで滝山は帰ってしまう!
滝山、家定の病気のことをいいにきたはず!なのに~~(>_<)
篤姫は幾嶋の心配、幾嶋は世継ぎが決まり元気がない。
あぁ、この時に滝山の話を聞いていれば・・

安政5年(1858)7月8日薩摩
島津斉彬、小松帯刀(尚五郎)たちが、洋式軍隊の準備、大砲の練習をしている。
と・・斉彬は倒れそうになる。
その夜から、激しい原因不明の腹痛・・わずか数日で寝込んでいる斉彬。
弟・島津忠教(のちの久光)に、遺言を頼む、息子の件、貢献役を弟に頼む。
これを承知する忠教、小松帯刀には、
「姫に・・もう一度、会いたかったのぅ・・そなたから、姫を奪おうてしまった。
わしを許せ・・姫にわしの文は・・文は届いたかのぅ・・」と、息絶えてしまう。
涙で斉彬を呼ぶ小松帯刀・・
あぁ、斉彬の突然の死でした。元気だと思ったのに・・

大奥・・
幾嶋は元気がない。そこへ滝山がくる。
「公方さまはご病気にございます」と、滝山。
半月ばかり前、持病の脚気・・と、、言われたが・・口止めされていた。
それを知り驚く篤姫、本寿院すらも今の家定の状態がわからない・・と、いう。
篤姫は飛び出そうとするが、滝山に止められる。
滝山が会えるように手配することを言うも、おもてに行こうとする篤姫。
そこへ薩摩から突然、「斉彬の死」を知る篤姫・・

50歳・・若いです。
愕然の篤姫、悲しむ幾嶋・・心残りでしょう、本当に。
そして、斉彬の文を読む篤姫・・内容はまず、謝罪だった。
自分の養女にしたために、篤姫には辛い思いをさせてしまった。
親から引き離し・・将軍の妻とし、世継ぎの件で辛い思いをさせてしまった・・
篤姫と薩摩は、いつか、敵味方になるかもしれない、。
そのときは、自分の信じる道を行くがいい・・と、文だった。
これで篤姫、江戸からの迎えに行かずに江戸城に残るのでしょうね。
自分の信じる道を進む篤姫なのだと思います。
涙を流す篤姫に、滝山、老中がくる。

「上様のごようすは?」
「それが・・将軍家定公、ご持病の脚気衝心のご養生かなわず、薨去あそばされました・・・」と、家定の死を知る篤姫・・信じられない篤姫、本当ならばまだ、知らせることは出来ない・・けれど、家定が篤姫を想う心を知ってるおもての人間の計らいにより、知らされた。
「いつの事じゃ・・?」
7月6日・・と知る篤姫、一月近くも前のこと!
「妻たる私になぜ?これまで何もつたえぬ?」と、声をあげる。
葬儀の準備には30日かかり、その手配をするものだけが知ること。
「連れていけ・・わたくしを上様のところに連れていくのじゃ!」と、篤姫。

篤姫、家定の部屋にくる。
あぁ・・もう棺にはいっている家定、会うこともできない篤姫・・
「上様、なぜ、そのような所にいらっしゃるのですか・・」
家定との想いでで涙を流す篤姫・・棺にしがみつき泣き崩れる篤姫。
こんな最後なんて・・最後に一目でも会わせてあげたかった。

フジテレビの「大奥」でも見てハマった家定、この時は北村一輝さんがステキでした。
天璋院としては菅野美穂さん、和宮役には安達祐実さんが演じてましたね。
瀧山は、浅野ゆう子さんでした。
大河ドラマの「篤姫」これで家定役の堺雅人さんの登場も終わりです。なんか寂しい・・
家定が白い石をみつめて「行けぬのじゃ」と、言うシーンがとても印象的でした。

↓「拍手」ボタン押して応援して頂けると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年07月15日 11:20 ] カテゴリ:篤姫 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。