ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  Mother >  ドラマ「MOTHER (マザー)」5話あらすじ

ドラマ「MOTHER (マザー)」5話あらすじ

電話で本当の母親の声を聞いた怜南は?うっかりさんは自分を捨てた母親だった・・と、知った奈緒の衝撃は大きかったです。駿輔はいい人でした。4話と違う結論です。

「Mother(マザー)」日本テレビ系 4月14日(水)よる10時から
出演
松雪泰子、山本耕史、酒井若菜、倉科カナ、芦田愛菜、高畑淳子、田中裕子
主題歌 「泣き顔スマイル」hinaco


5話『二人の“母親”』 視聴率 11.9%

落ちた飛行機の折り紙を拾う奈緒は、施設で見つけた自分の持ち物・・飛行機と同じこと、葉菜の顔を思い出す。
「すごいでしょ。うっかりさんが折ったんだよ。」と、怜南。
ハッとする奈緒は怜南に「帰るよ。つぐみ。」と、いう。葉菜は役所の書類を、奈緒に渡そうとするが、拒否する奈緒・・落ちる書類。葉菜は書類を拾いもう一度、奈緒に渡そうとして奈緒の手を見る。

冷たい視線の奈緒・・手には青い飛行機の折り紙・・強く握りしめ、つぶれている飛行機を落とす奈緒。
「失礼します。」と、行ってしまう。怜南は慌ててその飛行機を拾い、ランドセルを背負い、奈緒を追いかける。
奈緒の後ろ姿を見つめる葉菜。

鈴原家
怜南は1人、つぶれた紙飛行機をみつめている。
芽依はエコー写真を置いて、折り紙で鶴を折り続ける。

キッチン
料理をしながら話をする奈緒、藤子。
「お母さん、私ね・・・私を捨てた人に会ったよ。」
ハッとするが、そのまま料理を続ける藤子。
「あの人・・何も言わないから・・騙されちゃった。」
「その目のケガ・・なんか、関係あるの?」と、藤子。
「ううん、違うよ。作業中にぶつけたって言ったじゃない。」
「気のせいよ。そんな人もう・・とっくにこの世にいないのよ。も、いない人だもん。」
「うん・・わかってる。」と、奈緒。

藤子にも辛い存在の葉菜はもう、「この世にいない、知らない人」と、思いたい藤子でしょう。

奈緒と藤子は2人で料理、葉菜は1人、家でお米をといでいる。

北海道
「ねえ、まーくん。ラーメン食べに行こう。」と、仁美。
「今日、葬儀だったんだぞ。それらしくしよう。」真人。
「それらしくって!」と、冷蔵庫の中を見る仁美・・缶ビールと総菜のみ。
「だから、娘を事故で亡くした母親の顔・・」
「娘を事故で亡くした母親の顔?・・ふふっ・・どんな顔?」と、笑う仁美。
「まあ、いいや・・」と、真人は怜南の写真をみる。
「今日、児童相談所の人が来て ”お互い、静かにしてましょ” という感じ・・あの人たちも色々、不都合なんじゃないの。」と、仁美。
「じゃあ、今さら、告発なんかしたりしないよな・・」と、真人は警察から戻ってきた怜南の遺品・段ボールの中から、水色のマフラーを持ち見つめる手が震える。
仁美は「怜南の好きなものノート」を見る。
「わたりどり」と、文字を見て記者の駿輔の名刺を見つめる。

震える手の真人の方が何かを感じてるようです。でも、仁美は?

鈴原家
藤子は眠る芽依のそばで
「鈴原さんのお腹の赤ちゃんには・・」と、言葉を思い出す。起きる芽依に
「もう一度、病院で説明聞いて来ようかしら。」と、いうが「何のために?」と、素っ気ない態度の芽依。

もう、お腹の子供は諦めてる芽依に見えます。

2010年4月2日の新聞を見る奈緒。
「その新聞、古いのよ。」と、藤子は果歩に言う。
無言電話がかかってくる。
藤子の外出後、新聞をチェックする奈緒は「小一女児 海で行方不明 室蘭」と、記事を読む。ハッとする奈緒は駿輔の言葉を思い出す。
「お母さん、1千万用意して。」と、駿輔。

奈緒が怜南の学校へ送る途中、駿輔が来る。
「もうすぐだね。母の日。お母さんにカーネーションあげたりするのかな?こっちのお母さんに。(奈緒をさす)」
「家にあんな新聞、投げ込むのはやめてもらえますか?」と、奈緒。
「もちろん、やめますよ。あなたが約束、守ってくれれね。」
「1千万なんてお金、用意できません。母はに迷惑かけるわけには・・」
「逮捕されたらもっと、迷惑かけるよ。あなたのお母さんは・・加害者家族なんだから。」と、110番に電話する駿輔。

「もしもし、ちょっと・・・お伝えしたいことがあるんですが・・じつは室蘭でおこった女児海難事故に関してなんですけど・・」
とめようとする奈緒から避け、笑いながら電話する駿輔は、奈緒に携帯を聞かせる。天気予報に話しかけていた駿輔。

「俺はあなたに共感してる。できれば警察に通報なんてしたくない。ほんとだよ。でも、それとこれは別。俺も色々、困ってるんだ。ま、取りあえず、母の日までに1千万、用意しようか。」と、笑顔の駿輔を見上げる怜南。
「娘にカーネーションもらうための値段だと思えば・・安いもんでしょ。お願いします。」と、去っていく駿輔。

掃除の仕事をしながら、考える奈緒。

スミレ理髪店
怜南はお店のドアを少しだけ開け、顔をみせる。
「うっかりさん、つぐみちゃんのこと大好きよ。でももう・・ここには来ない方がいいかもね。」と、葉菜。
「お母さん・・お財布なくなったの。前にね、つぐみが急にトイレに行きたくなって。泥棒にお財布盗まれちゃったの。」
「え?お金がいるの・・?」
怜南の言葉に「お金が必要」と、理解した葉菜。

ローン会社に行く奈緒は、清掃の派遣・・と、言われ融資を諦める。

鈴原家
ガックリと肩を落とし奈緒は戻る。怜南に
「つぐみ・・朝、会った人のことは心配しなくていいから。お母さんが、ちゃんとするから。」
「うん・・」

芽依の部屋
慌てて折り紙の鶴を箱にしまう芽依。
藤子が手術の日にちをいう・・雑誌を読み、とぼけるふりの芽依。
「ねえ、少しはお腹の子に気持ちがあるなら・・」
「お母さんさ、私に生きるか死ぬか、わかんない子供を生めっていうんだ?」
「・・芽依・・辛くないの?ほんとに辛くないの?」
「少しはね・・美容院行ったばっかで雨降っちゃったよ・・程度には・・」と、泣き出す芽依を抱きしめる藤子。
「バカね・・」

芽依も本当は辛い・・でもその気持ちを必死で隠して誤魔化していた。そんな芽依を抱きしめる母・藤子です。

果歩が無言電話を受け、「また?」と、驚き不安を感じる藤子、奈緒たち。

携帯が・・横のグラスにお酒をつぐ。「子供虐待・・」と、本。小さなオモチャを握る手。

回想
「おとなになったら・・変身できる・・?」と、少年。前には駿輔。
「うん。出来るよ。」と、少年の頭をなでる自分を思い出す駿輔は、目に涙をためている。
おもちゃは、ペットボトルのフタに付いてるオマケのヒーロー。

学校近くを歩く奈緒を待っている葉菜は、奈緒にむりやり小さな布袋を、押しつける。中身は通帳とハンコ。驚く奈緒は追いかける。
「意味がわかりませんから。」
「いいの。いらないものだし・・たぶん、ちっとも足りないし。」と、葉菜に驚く奈緒は
「つぐみが話したんですか?」
「何の役にも立たないかもしれないけど・・いいの、これはもともと・・」と、返してもらうのを拒否する葉菜。返そうとする奈緒。

「学校のことではお世話になったと思います。つぐみにも心配かけたと反省しています。でももう、あなたには関係ありませんから・・。関係ない人にそんなことされる覚えはありませんから。これ以上・・私とつぐみに関わるのを、やめてもらえませんか。」と、奈緒。
「わかってます。」
「わかってるなら・・」
「はい・・」
「他人なんです。違いますか?」と、奈緒。
「違わないわ。」と、葉菜は去っていこうとする奈緒を呼びとめ、ゴミ箱に捨てると葉菜は、布袋をゴミ箱に入れる。
「捨てました。」と、お辞儀をして帰って行く葉菜。驚く奈緒は呼びとめ、そのまま行こうとする・・と、ゴミ箱を開け、布袋をゴミ箱から取り出す駿輔。
慌てて奈緒はおいかける。

必要ない!関わりたくない!と、奈緒だったけどまさか、ここで通帳を駿輔が奪うとは。これを追いかける奈緒です。

スミレ理髪店
家に戻る葉菜、担当医の柚川が店に来て病院に来ない理由を聞く。
とつぜん、倒れてしまう葉菜・・

通帳を返して欲しいと奈緒、駿輔はラブホテルで話そうという。
「ふうん・・望月葉菜さん・・誰、この人?母親にお金頼めない理由に関係あるの? まあ、あんたには1千万なんて金は無理だったか。じゃあ、これで手をうとう。あんたのことは、そしてあの子のことは誰にも言わないよ。」
「本当ですか?」と、奈緒。
「ああ、借金の返済にあてさしてもらう。いいね?」これに帰ろうとする奈緒を呼びとめる。
「あ、ちょっと待って。見てみなよこれ。面白い口座だよ。」と、通帳を見せる。
「定期預金、204万・・あのおばさん、貧乏そうにみえて・・結構、貯めてたんだな。入金のとこ、見てみて。毎月1万ずつ・・204万ってことは・・17年。17年こつこつかけて貯めたお金だよ。」
奈緒はふと、葉菜の言葉を思い出す。
「いいの。これはもともと・・」と、葉菜。

「助けられたね。」と、駿輔の言葉に
「待って。返して。」と、奈緒は通帳を取り戻そうとするが、拒否する駿輔。奪い合いになり、灰皿で駿輔の肩をなぐる奈緒。
「やってみなよ。」と、駿輔に奈緒は灰皿を振り落とそうとする・・
「俺の口をふさげば、あんたとあの子は晴れて親子になれる。その代わり、今度は人殺しだよ。お母さん。」と、駿輔に座りこむ奈緒。

「あのおばさん、あんたの何?」
「お金はなんとかします。こんなもの使うなら、死んだ方がましです。」と、奈緒にあきらめる駿輔。
「ねえ、他に方法あると思わなかった?迷わなかった?」と、ペットボトルのおもちゃを見せる。

「児童虐待を取材した中でさ。俺に妙になついてくる子供がいて。くれたんだ。”僕のヒーロー” だって。明らかに虐待を受けてた・・・。父親を追求したら、そんなにいうなら、子供を1千万で売るってさ・・。子供はどんなに話しても ”お父さんは悪くない” って。俺もためらってさ。」
「そ・・そのこ?」と、奈緒は聞く。

「死んだよ。父親に腹、蹴られて。内蔵・・」と、思い出す。
走って霊安室に入る駿輔は・・冷たくなった子供の遺体をみる。愕然と、ペットボトルのおもちゃ付きを落とす駿輔は涙を流す。

「俺はさ・・あいつのヒーローにはなってやれなかった。見殺しにしたんだ。あんたと違って。今、あんたが歩いてる道は・・俺が逃げた道なんだ。
俺はその道の先にさ・・何があるのか見てみたい。その先には・・あり得たかもしれない景色があって・・そこでは俺はあいつを連れてさ・・。
いつか・・あんたとあの子を書ける日が来たらさ、金は印税としてその時にもらうな。」と、去っていく駿輔の目は涙で溢れている。
呆然と歩く奈緒・・手には通帳の布袋、道でもらった母の日のカーネーション。

駿輔は悪い人ではなかった。自分も何とかしたい・・と、思ってた人だったんですね。ただ、借金がある生活だった。後悔でいっぱいのようすの駿輔でした。

鈴原家
怜南は藤子に「おばちゃん。つぐみにお金貸してくれる?」と、聞く。

スミレ理髪店
店が荒れてるので驚きつつ、上の部屋にあがる奈緒は、布団で寝ている葉菜を見る。
通帳を布団の横に置く。眠る葉菜の顔をみつめて
「どうして・・?どうして捨てたの・・?」と、奈緒。
目が覚める葉菜
「はい・・?あ、ごめんなさい。寝ちゃって。」と、葉菜に通帳を置いたと奈緒。
「鈴原さん・・」と、言葉にふりむく奈緒。

「どうしても・・受け取ってもらえませんか?」と、葉菜とカーネーションをみて
「私が嫌いな花です。毎年、この季節になると・・目を背けていた花です。どうしてかわかりますよね? この間、あなたに全部、話してしまったから。わかりますよね?」と、大きな声を出す奈緒・・葉菜はうつむいく。
「笑ってたんですか?私の話を聞きながら、心の中で笑ってたんですか?」と、叫ぶ奈緒にクビを横にふる葉菜。

「自分を捨てた子供が・・」と、藤子が入ってくる。あやまる葉菜の頬を叩く藤子。
「そんなもので・・そんなお金で母親になったつもり? お金なんかで、あなたがこの子にした罪を・・そんなものでこの30年・・壊さないで。」と、泣き叫ぶ藤子をとめる奈緒は
「お母さん、もういいの・・知らない人だから・・知らない人だから・・」と、藤子を抱きしめる。
通帳とカーネーションを抱きしめる葉菜。
この会話を聞いてしまう柚川医師。

ここも映像でしっかり見ないと、その表情、やり切れない悲しみと苦しみは伝わらないと思います。葉菜を演じる田中祐子の演技も素晴らしいです。

藤子はたまに来るというおでん屋に奈緒を連れて来る。
少し前から、「あの人」が、つぐみと奈緒に関わってるのを知っていたという。

「ずっと、怖かったの。いつか迎えに来ると思って。”私が母親です” って。だけど、いつまで待っても迎えは来なかった。ホッとして・・すっかり、忘れてた頃、突然来たの。どうやってきたのか・・奈緒が高校を卒業して北海道に行った頃よ。今さらなによ!って思ったわ。お母さん、”もう、東京にはいません” って。帰ってもらった。ダメだったかな?」奈緒はクビを横にふる。

「奈緒は幸せです。幸せになりました!って言ったの。うちの子たちは、仲の良い家族なんです!って、あなたが笑ってる写真を渡したの。親切心じゃないわよ。
奈緒が幸せになった証拠・・・見せてやりたかったの。ほんとはそんな自信、全然なかったのにね・・」と、藤子。
「私は幸せだよ。」と、奈緒。
「苦労したのよ。あなたの笑ってる写真探すの。いつも思ってた。私がこの子の母親で良かったのかなって・・あなたと初めて出会った時から、ずっと思ってた。」と、藤子は施設にいたころの奈緒の話をする。

奈緒は脱走癖があり、「里親になるならもっと、元気で明るい他の子は?」と、聞かれた藤子。夫も反対したという。人の目も見ない、返事もしない暗い少女だった奈緒は心閉ざした子だった。

「その通りだよ。」と、奈緒。
「だけどもう、その時には決めちゃってたの。奈緒をもう、連れて帰ろうって。」
「どうして?」
「どうしてなんてないわよ。母親も子供も・・選んだり、選ばれたりするものじゃない。出会っちゃうものだから。」と、微笑む藤子。
奈緒はじっと、藤子の顔をみて話を聞いている。

「だけど後悔しなかった・・と、言ったらウソになるかな・・。奈緒はうちに来てからも、何回も家出したのよ。あなた覚えてる?家出して・・いつも必ず、行ってたところ。東京タワーよ。展望台にいつもあなたは行ってた。お母さんを捜してた・・」と、当時を思い出す藤子。

おやつを買うお金を与えても。双眼鏡で母を捜し、見るために持っていたという。
「だから、私も考え変えたの。この子がそれを望むなら・・とことん、付き合おうって。」と、思い出す。
幼い奈緒が「あっ!」と、叫んだ日があり・・2人で必死であちこち走り、転んでケガをする藤子。
「私、必死だった。無口で心閉ざしたあなたが、双眼鏡でお母さん見つけた時、初めて私をみてくれたの・・初めて心開いてくれた気がしたの・・」と。

「また、探そう。」と奈緒に双眼鏡のお金を渡すと、奈緒は走って
「どこに行くのかと思ったら・・私のために絆創膏買って来てくれた。その日、あなた初めていってくれたの・・。 ”ただいま” って。
奈緒が初めて、ただいまって言ってくれたの・・わたし、お母さんになれるかもしれない・・って思ったの。その時、決めたの。世界中でこの子の母親は、私しかいないって。例え奈緒の心の中の母親がだれであろうと・・」と、涙を流す藤子。
奈緒はクビをふりながら
「お母さんだよ。私のお母さんは・・お母さんだよ。」と、奈緒。
「・・ありがと・・」と、藤子。

ここは回想と今の藤子、奈緒と映っています。幼い頃の奈緒と藤子が、印象に残ります。

鈴原家
机の上に赤いカーネーション、怜南の描いた母の顔。
「お母さん・・」と、目を覚ます怜南。
「つぐみにいっぱい、心配かけちゃったね。でももう、大丈夫・・お母さん忘れられると思う。ずっと、忘れたかったことがあったの。でも今やっと、忘れられる気がする。おばあちゃんのおかげ・・それから・・つぐみのおかげよ・・
ごめん。お母さん、何言ってるかわかんないね。」と、奈緒。
「つぐみ、わかるよ。つぐみも忘れるよ・・お母さんのおかげだよ。」と、怜南。
「だいじ、大事・・」と、怜南の頭をヨシヨシする奈緒。
「だいじ、だいじ・・」と、奈緒をヨシヨシする怜南は笑顔。
見つめ合う2人は微笑む。

忘れたいこととは、お互いの嫌な過去のことですね。葉菜のことも「捨てられた」事も、藤子の話を聞いて忘れることを、決意したようにも見えました。怜南も奈緒を本当に思って大好きな様子です。

翌日
果歩の恋人・耕平になわとびを教えてもらう怜南。
無言電話で「警察に言おうか?」と、果歩。

芽依の部屋で披露宴のドレスの話をする果歩、芽依。奈緒はエコー写真、折り紙の鶴をみる。
芽依を打算的とは思わないと奈緒。驚く芽依。
「強がりを言ってたけど、本当は恐がりで泣き虫で・・誰もいない時はいつも、1人でお母さんごっこしてた。ねえ、本当の芽依はきっと、うちの誰よりも・・」
「奈緒ねえ。昨日さあ・・初めて動いた。お腹んなかで・・初めて動いた。」と、お腹を愛おしそうになでる芽依。

北海道
「わたりどり・・鈴原奈緒・・」と、電話番号のメモを見て携帯をつかむ仁美。

鈴原家
電話に出る怜南
「はい、もしもし・・もしもし?」
「あなた・・誰?」と、仁美の声に驚く怜南。
「・・・」
「怜南・・?れな・・?」
「・・・ママ・・・」と、怜南。

「ママ・・?」と、後ろに藤子。
「つぐみちゃん。」と、言葉に慌てて電話を切る怜南。
「つぐみちゃん・・ママって・・?」と、藤子に座りこむ怜南。

「怜南・・?」と、仁美・・
この仁美の表情、母性が・・揺れてる気がしました。

感想
うーん、頑張ってこのドラマの良さを伝えたくて書いてます。
これは伝えるべきドラマなのだと、みるべきドラマなのだと。メッセージなのだと。でも、文字を読むだけでは伝わらない表情、しぐさ、息遣いもあります。
途中から見た方、ぜひ映像でしっかりと見て何かを感じてほしいです。

強がりの芽依は、お腹の子のために鶴を折り、母性に目覚めています。そんな自分を否定したいもう1人の芽依もいるようです。
駿輔は意外な過去もあり、これも映像で見てほしい重要なシーンです。自分には出来なかったこと、虐待されてる子を救ってる奈緒、その先に何があるのか。
それを見届けたい駿輔でしょう。
藤子は奈緒を引き取る時、とても苦しみ悩んだようでした。そんな想いを初めて知りやっと、心を藤子に開いた奈緒にみえます。

葉菜は・・捨てた理由、辛い事情があるように思えます。病気も良くないでしょう。これを担当医師が知ったので・・いつか、奈緒に知らせるかも。
奈緒を愛してる葉菜です。どうしようもない事情があって、捨てたのかもしれません。学校のこと、やけに詳しかったので葉菜の夫も、暴力をふるってたのかもしれません。
そして、夫を傷つけた(殺人?)葉菜だったのかも? だから、刑務所に行くため奈緒を捨てたのかも・・それにしても、施設に預けた方が良かったような気もします。
17年、お金をためていたことで、葉菜の奈緒に対する愛、強い後悔を感じます。

無言電話は仁美でしょう。怜南の声が出るまで待ってたと思います。
そしてつい、母の声に反応した怜南でした。奈緒の電話番号は、名刺があったので駿輔に聞いたと思います。
「ママ」と、言葉を聞いてしまった藤子は次回、奈緒からすべてをつげられるようです。
このドラマ、何が終わりで誰が幸せになれるのか・・先が見えません。奈緒、怜南、藤子、芽依たちにも幸せをつかんで欲しいです。

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年05月14日 00:48 ] カテゴリ:Mother | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天