ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  Mother >  ドラマ「MOTHER (マザー)」3話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ「MOTHER (マザー)」3話あらすじ

奈緒のしたことは誘拐であり、罪なのだけどそっとしておいてあげたいです。この3話では奈緒を捨てた母、葉菜とのシーンが引き込まれます。奈緒が母に捨てられた日、これで辛い記憶の葉菜です。
ずっと、気になってるのがタイトルの「Mother」の文字、「t 」が十字架にみえます。

Mother(マザー)」日本テレビ系 4月14日(水)よる10時から
出演
松雪泰子、山本耕史、酒井若菜、倉科カナ、芦田愛菜、高畑淳子、田中裕子
主題歌 「泣き顔スマイル」hinaco

3話 視聴率 12.8%

店(キデイランド)
怜南は1人、ぬいぐるみを見てまわり・・その後ろからそっと、様子を見ている望月葉菜(田中祐子)。怜南に気づかれそうになり、慌てて商品を倒してしまう。
商品を直していると、怜南も手伝ってくれる。感謝しながら、怜南に指摘される服についたままのクリーニングのタブ。
「ふふ・・うっかりさんだね。」と、笑顔の怜南。
「そう、うっかりさんなんです。」と、微笑みで怜南をみる葉菜。
店内では、棚卸しのために閉店するアナウンスが流れる。

(奈緒の娘?と、驚いた葉菜は当然、尾行して怜南を見守っていた。人なつこい笑顔の怜南と感じた葉菜でしょう。怜南を見つめる葉菜の視線が引き込まれる)

会社
鈴原藤子(高畑淳子)は、奈緒からの電話で再会、奈緒を見て抱きしめる。
社長室で待つ奈緒は、藤子からお金を借りる。あやまる奈緒に藤子は
「謝るなら貸さないわよ。”親なんだから当たり前でしょ!” って顔しなさい。」と、笑顔で奈緒に封筒を握らせる。
(やっと、自分に甘えてくれた、頼ってくれたことが嬉しい藤子でしょう)


閉店する店のスタッフから、キデイランドマップをもらい、メモする怜南。
葉菜は、そのメモを見て微笑みうなずく。
「おかあさんへ。としょかんのところにいってるよ。つぐみ」

図書館
本を読んでる怜南に声をかける奈緒は慌てて駆け寄る。
「棚卸し?お店の前で待っててくれたら良かったのに・・」と、奈緒に怜南は、小さな声で奈緒の耳元に
「子供が1人でいたら、おまわりさんに話かけられちゃうでしょ。」
「あ、そっか・・そうね。」と、理解する奈緒は2人で外に出ようとすると・・本が落ちる音がする。
2人で「ん?」と、不思議そうに顔を見て去っていく。
本棚の影からそっと、2人を見守る葉菜。

公園
「つぐみが困ってたら、うっかりさんが図書カードを書いてくれたの。」
「うっかりさん?」
「あのね、うっかりしてるおばさんなの。」と、怜南。
「うっかりさんてね・・すごくうっかりさんなんだよ。」と、怜南は奈緒に服に、クリーニングのタブが付いてたことを話す。

ホテルの部屋
「昨日、寒かったでしょう。すきま風が入るのね。」と、窓を閉める奈緒。
怜南に朝食のパンを与え、自分は新聞を複数チェックする。
「大丈夫・・どこにも載ってない。あれから3日たってるし、北海道で起きた事故なんて、東京じゃ関心ないのね。」と、安堵の奈緒は 怜南のパジャマを買おうと言い出す。これに浴衣を着ている怜南は
「いいよ。七五三さんみたいだし。」と。

2人で部屋探し・・・見ようと思った部屋の前には交番があり止める奈緒。
不動産で「お子さんと2人ねえ・・」と、言われてしまう。
(部屋探しに困難を感じる奈緒ですね)

「ここで待ってられる?」と、奈緒。
「うん。待ってられる。」と、奈緒の仕事が見つかるか心配する怜南。

大学の知り合い・教授に会いに行く奈緒だがすでに退職。がっかりする奈緒は、職を求めて雑誌をみる。35才で職探しを始めるが困難だと知る。

図書館
1人本を探す怜南、葉菜は怜南に挨拶。

公園
逆上がりをしてみせる葉菜は、怜南に教える。
奈緒が戻って来る・・慌てて帰ろうとする葉菜。
「あのね、うっかりさんに逆上がりを教えてもらってたの。」と、怜南に奈緒は足早に帰る葉菜にお礼をいう。
突然、雨が降ってきてぬれてしまう2人。

ホテル
フロントで妹の芽依、果歩と会う奈緒は驚く。母に聞いてきたいう。
芽依は怜南を見て
「それ・・何?」
「娘よ。」と、挨拶させる奈緒。

北海道
真人がいる店で飲んでいる怜南・母の仁美。
「役所から連絡は?」と、真人。
「そろそろ、準備したらどうかって。葬式でしょ。怜南の。」
「まだ、遺体も見つかっていないのに?」
「こっちから言い出して欲しいのよ。”もう、結構です”って。」と、仁美は飲み続ける。
「警察は?バレてないかな?」と、真人。
「何を?」
「だから・・自殺だってことをさ。」

お酒を飲み続ける仁美を呆れてみる真人。
「あたしが、めんどくさくなったんでしょ?」と、仁美。真人は店の鍵を閉めず、買い出しに行く。入れ替わりに記者の駿輔が入ってくる。

駿輔に気づかず、真人に向けて話す仁美は
「あたしだって怖くて怖くて・・」と、仁美は駿輔に気がつく。

(真人は怜南が、事故でなく自殺したと思ってるんですね)

ホテル
芽依は相手の家の世間体を気にして、長女の奈緒に結婚式に参加するようにいう。
これに遠慮する奈緒は
「お姉ちゃん、出ない方がいんじゃない?母子家庭だし。」
父親は(つぐみの)室蘭の研究室で一緒だった人と答える奈緒。
「ふうん、だから家に帰ってこれなかったんだ。お母さんに、私生児生んだなんて言えないよ。」と、芽依。
「お母さん、ショック受けると思うなあ。」と、芽依。
「時期みて・・話すから。」と、奈緒。

(芽依は妊娠中で結婚を控えている。お互い ”色々、事情がある” と、言いつつ突っ込んで聞かない姉妹たち。でも仲は良さそう。果歩は素直に ”娘” と信じて怜南の相手をしている。)

北海道
怜南の写真を母・仁美から受け取る駿輔。
早めに返却すると言葉に「いらない」と、仁美。
「わかってますよ。男の所に入り浸ってるなんて書きませんから。」と、駿輔。仁美は、駿輔が見ていたテーブル上にあったひげそりを隠す。
「気を付けてくださいね。妙な疑いかけられてますから。」と、駿輔。
「疑いって?」
「男が出来たら・・・子供が面倒になって」と、駿輔は笑顔。
「娘さん・・・何があったんでしょうかね?」
「事故ですよ・・」と、仁美。

駿輔は、怜南の写真を見つめながらあの日、駅のホームで奈緒と出会ったことを思い出す。1人と奈緒はお弁当を2個持っていたことも。

(駿輔はすでに奈緒が怪しい・・と、思ってる様子。仁美にも脅しをかけるような言葉をいうのは、仁美も脅すつもりがあるのかも。)

果歩の領収書を見て住所をみる駿輔。

病院
医師から家族もいない、入院する気もない葉菜を
「生き甲斐があれば、三ヶ月が半年になった患者さんもいるんですよ。半年が一年になったりする患者さんもいます。」と、医師の言葉。

(生き甲斐を見つければ、長く生きられる?と、医師かな。何の病気だろう)

公園
怜南が、逆上がりの練習をしてるのを目撃する葉菜。
図書館で絵を描く怜南に、店の粗品であるボールペンを差し出す。
「つぐみちゃんは、何色が好きなんですか?」
「水色。」と、怜南。
色鉛筆の中、水色がないことを指摘、鉛筆の名前「怜南」が削られているのを見た葉菜は
「れな?ちゃんって子から、もらったんですか。それで水色がないんですね。」と、納得する葉菜。うなずく怜南。

(他の子の色鉛筆をもらったつぐみ・・と、信じた葉菜でしょう。”れな”と、言葉に動揺する怜南)

図書館
水色の色鉛筆を購入、図書館に行く葉菜は、怜南と奈緒の会話を盗み聞く。

「つぐみね、8月3日だから獅子座。お母さん、何座?」と、星座を聞く怜南。
「何座かなぁ・・お母さん、誕生日わからないの。施設の人が決めてくれた誕生日はあるんだけど。本当のは忘れちゃった。だから、星座がわからない。」
「ふうん・・ほんとのお母さんに会えるといいね。」と、怜南。
「会ったら困る。どんな顔だったのかわからないし・・私もどんな顔していいのか、わからない。」と、奈緒。
この会話を本棚の向こうで聞いている葉菜は、水色の色鉛筆を、怜南の鉛筆ケースの中に置いて去ろうとする。
途中、本を落としてしまう葉菜に気がつく怜南。

「まただよ~。」と、笑顔の怜南。奈緒は本を拾いながら
「いつも娘がお世話に・・」と、挨拶。咳をする奈緒に
「お風邪ですか?熱は?」と、奈緒を気遣う葉菜。本を拾おうとして奈緒の手にふれ、慌てて手を引っ込める葉菜。
「うっかりさんで結構です。」と、名乗らず帰って行く葉菜。

(誕生日を覚えていない・・と、まさかの会話を聞いてしまい、慌てる葉菜の様子。名乗らず逃げる母・葉菜ですね)

東京・奈緒の実家
藤子は奈緒の部屋、引き出しにある学生証をみつめる。
(生年月日は49年8月14日)

「心配しすぎ!奈緒姉さんも大人なんだから。」と、次女の芽依。
「どうして帰って来ないのかな。」と、藤子。果歩の彼氏の「隠し事でもあるんじゃ?」と、言葉を否定、誤魔化す果歩。
(奈緒が私生児を産んだ!と、信じてる姉妹たち)

図書館が休館、ホテルで待つと怜南。奈緒は仕事で夕方に戻る予定。
風邪気味の怜南。奈緒は必死で職探し。
ホテルで絵を描く怜南は、色鉛筆の中に「うっかりさん」のボールペンがあるのを発見、酷い咳で苦しむ。

トイレで着替える奈緒は、怜南に電話~仕事が見つかり
「今日から仕事で遅くなる」と、ホテルで待つように指示。熱がある怜南は、ベッドで寝てるが、外国人のメイドが来て慌てて部屋を出てしまう。小銭とボールペンを持って。

(部屋の掃除を拒否すれば良かったけど、子供なのでわからなかった怜南)

スミレ理髪店
客の老人を相手に話す葉菜。怜南は葉菜に電話
「あのね。今から遊びにいってもいい?」と、これを仕事中・・と、断る葉菜は怜南の声が違うことに気がつく。
「うん、わかった。じゃあね・・・」と、苦しい声の怜南の手には、葉菜が持ってきた粗品のボールペン(スミレ理髪店の電話番号が書いてある)

(熱で苦しむ怜南をすぐに感じた葉菜、怜南は自分では具合悪いことは何もいわない)

ホテルに戻る奈緒は、部屋に怜南がいないことを知り驚く。メッセージで
「望月葉菜」と、知り家に向かう奈緒。

葉菜の家
怜南を病院に行かせ、布団に寝かせてくれた葉菜。
「アレルギーがあるかも?」と、最低限の薬だけ・・と、説明する葉菜。注射もできず。
「つぐみちゃんは、アレルギーはありますか?」と、葉菜に奈緒は「もう少し、様子を見ます」と、誤魔化す。
保険証と母子手帳といわれる奈緒は明日・・と、答える。

(怜南のアレルギーも知らず、母子手帳もない奈緒でした)

今夜はこのままが良い・・と、葉菜に感謝する奈緒はなぜ、「うっかりさん」に具合悪いことを話したのかと聞く。
「なんとなく・・わかった」と、葉菜に自分が気づくべきと感じる奈緒。

「つぐみちゃんは、泣き言とか言わない子みたいだから・・」と、葉菜に
「言わないんじゃないんです。言えないんです・・わたし、無理させてるから。北海道から引っ越してきたばっかりで・・すきま風が入るようなホテル暮らしだったし・・。」と、奈緒に驚きながらも静かに聞く葉菜は
「ホテル暮らし?ご実家とかは?」
「迷惑かけたくなかったから。」と、奈緒に「実家なら、迷惑かけても構わない・・ホテルよりはマシですよ。」と、葉菜。

「私・・里子なんです。5才の時に実の母に捨てられちゃって・・といっても、当時のことはほとんど覚えてないんです。やな思いを忘れるのは得意で・・どうして捨てられたのか。自分でどこで捨てられたのか・・誕生日さえ覚えてないし・・何より1番覚えてないのが母の顔で・・・」
「そうなの・・」と、静かに聞いている葉菜。

「自分の誕生日さえわからないのは・・なんていうか。生きてる気がしなくて。」
「あなたはちゃんと、生きてるわ。本当よ。」
「でもたぶん、決めたんだと思います。生きるためには心を殺すって。あの日・・あ、ごめんなさい。こんな事を話してしまい・・」と、人に話したことがないのにと奈緒。「私で良ければ・・」と、葉菜。

「決めたんだと思います。あの日、母に捨てられた日、頭じゃなくて。この手が決めたんだと思います。たぶん、今頃の時期・・母は私を連れてデパートの屋上に行って ”好きなモノに好きなだけ乗りなさい” 。」と、遊園地で遊ぶことを許してくれたことをいう。
「すごく楽しかった。食堂で好きなものを頼んだけれど、オマケの着せ替えセットが男の子のしかなくて・・私は酷く泣きました。母は私の機嫌を直そうとして、洋服を買ってくれました。それでも泣き止まなくて・・困ったと思います。
私の楽しい思い出を残そうとしていたし・・泣いてる私を捨てるのは、気分的にいやだったんだと思います。」と、奈緒。

川の近くにいった奈緒と母。(回想)
母にタンポポの種を握らされた奈緒
「ふっと、母の息遣いにタンポポの種が舞い上がって・・私はようやく泣き止み、笑いました。それから・・次から次へとタンポポの種を見つけてきて・・私、嬉しくて笑いました。よくわかってなかったんです。笑ったらその時が合図なんだと・・笑ったら母がいなくなるんだって・・
母は私の笑顔をみて・・そして手を握りました。わたし、いいました。”手じゃないよ、タンポポの種ちょうだい” 新しいタンポポの種をもらうと・・私は夢中になって種を飛ばし始めて・・気がつくと母はいなくなってました・・」と、奈緒。
葉菜は静かに話を聞いている・・涙をこらえ動揺を隠している。

「どうして泣き止んでしまったんだろう。どうして手を離してしまったんだろう・・あの時、笑ったりしなければ・・母は私を捨てなかったんじゃ・・」と、ぽろぽろと涙をこぼす奈緒。下を見つめている葉菜。

「母の顔も忘れたけど、あの時の母の手の感触だけは・・どうしてか・・今も覚えてて・・街ですれ違う人たちの手をみると・・想像・・してしまうんです。”この人なんじゃないか?さっきの人なんじゃないか?” 顔はわからないけれど、1人、また1人・・何十人、何百人、何千人と手を握るうちにいつか・・・いつか・・
母の手に出会えるんじゃないか・・って。”この手が母の手なんだって” 気づくんじゃないかって。そんな・・バカな想像して・・。」と、泣く奈緒。
葉菜は冷静を装い、お茶をいれながら飲んでいる。

「すみません・・なんか・・うっかりさん、話しやすくて。ごめんなさい。」と、謝る奈緒。
「つぐみちゃん。どうしたかしらね。」と、下へ片付けに行くと部屋を出る葉菜は
「会いたいって・・思うことある?その・・実のお母さん・・」
「無償の愛って・・どう思います?」と、奈緒。
「無償の愛?」
「よく言うじゃないですか・・。親は子に無償の愛を捧げるって。あれは私、逆だと思うんです。」
「逆?」
「小さな子供が親に向ける愛が・・無償の愛だと思います。子供は何があっても、たとえ殺されそうになっても捨てられても・・親のことを愛してる・・何があっても・・だから親も・・絶対に子供を離しちゃいけないはずなんです。それを裏切った人には・・会いたいとは思いません。」
「そうね・・そうよね・・つぐみちゃんのためにも、実家のお母さんの所に帰るのがいいんじゃないかしら?あなたを1番、愛してるのは・・その方だと思います。」と、葉菜は下へ行く。

洗面所
水道の水を流し、嗚咽する葉菜は顔を洗いながら泣く。

(娘の言葉を聞いて、やり切れない後悔でいっぱいの葉菜でしょうか)

妊娠中の芽依は、医師から「精密検査が必要」と、言われたことを思い出す。

ホテルにいる奈緒に会いに向かう途中、スミレ理髪店から出てきた奈緒、怜南、葉菜を目撃する藤子は驚愕。
スミレ理髪店に飛び込み、葉菜に向かって手をあげ止める藤子。覚悟する葉菜。
「名乗ったの?」と、藤子にクビを横にふる葉菜。
「一緒にいた女の子は?いいわ、そのこと。本人に聞くから。」
「ごめんなさい・・」と、葉菜。
「あなたに・・あなたにあの子に会う資格あるの!!!2度と会わないで!!!」と、怒鳴る藤子。
「はい。2度と会いません。」と、頭を下げる葉菜。

「ただ・・ひとつだけお願いがあります・・あの子に・・奈緒に教えてあげてほしいことが・・あります。あの子の星座は水瓶座です。1975年1月31日・・それが奈緒の誕生日です。お願いします。」と、葉菜。
「そんなこと、今さら教えられるわけないでしょ。」と、怒る藤子は出て行く。

公園
「お熱さがったばっかりでしょ?」と、奈緒。
「1回だけ。」と、鉄棒をしたいと怜南。

スミレ理髪店
新聞を片付けている葉菜は、ふと・・新聞の記事を見つける。
「室蘭海難事故、捜索断念 小1女児 ~行方不明~道木怜南さん(7)」と、読む。

「れなちゃんって子から、もらったんですか?つぐみちゃんは、何色が好きなんですか?」と、自分の言葉を思い出す葉菜。
新聞記事「水色のマフラー」と、読み驚愕で座りこんでしまう。

鈴原藤子の家
記者の駿輔が家の様子を見に来る。

感想
予告では、家に怜南を連れ帰る奈緒ですね。そし中絶を決意する次女の芽依。
奈緒の眼帯も気になります。
藤子としては「いきなり7才の子」を連れてきた奈緒・・と、信じるようです。

この3話では、まさかの実の母である葉菜と会い、こんな早い段階で家にまで来るとは驚きでした。印象に残ったのは「無償の愛」です。
親は子供を捨てることが出来ても、子供には「親」しかいない。それを虐待したり、捨てるのはやはり、動物でもしないことでしょう。
生きるためなのか、なぜ、5才まで育てた奈緒を捨てた葉菜なのか・・その事情も気になります。
怜南の具合悪いことに敏感に気づいた葉菜は、奈緒を愛して育てたと思いますね。
でもなぜ、捨てたのか・・藤子の葛藤も理解できます。

そして葉菜の病気ですね。これも余命わずかなのか~家族のいない葉菜のようです。とにかく5才の芦田愛菜ちゃんの演技がすごい。具合悪そうに電話するシーンなど、幼いながらも引き込まれます。最後、新聞を見る葉菜と、鉄棒で逆上がりする怜南の映像が良かった。

母の葉菜は、娘の奈緒がなぜ、行方不明の子(道木怜南)と、一緒にいるのか謎なまま、最後まで見守ろうとするのでしょうね。奈緒の告白、これを聞いてる時の田中裕子の演技、動き、表情も素晴らしかったです。
謎も多く最後まで見届けたいドラマです。下手くそな文章、読んでくれてありがとうございます。
最終回まで毎週、書くことにしました。
カテゴリを見てください。最後まで読んでくださると嬉しいです。

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
テレビドラマランキング 人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月29日 16:37 ] カテゴリ:Mother | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。