ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >   >  2010年本屋大賞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年本屋大賞

TBS「王様のブランチ」で放送されてた2010年本屋大賞~のを書いてみました。気になる本は?本屋さんが選んだこの大賞作品は映像化されることが多いようです。知らずに見てるものも多いですね。

2010年本屋大賞
10位 「1Q84」村上春樹
9位  「新参者」東野圭吾
8位  「植物図鑑」有川浩
7位  「船に乗れ」藤谷治
6位 「ヘヴン」川上未映子
5位 「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子
4位 「神去なあなあ日常」三浦しおん
3位 「横道世之介」吉田修一
2位 「神様のカルテ」夏川草介
1位 「天地明察」冲方丁

大賞は「天地明察」イラストが可愛い。時代小説ですね。
日本の宗教はなんだ?と、考えた作家が書いた内容、日本のカレンダーにはクリスマスから、お正月まである・・って。

個人的には、番組のコメントを見て「神様のカルテ」が、映像化されそうでもあり、優しい愛妻家の作家にも親しみを感じました。あれだけ優しいお医者さんなら、ホームドクターにしたいです。
治療するよりも、お年寄りの患者さんの話を聞いたり、巡回で「待ってたよ。」と、いわれることに生き甲斐を感じてる夏川草介さんでした。

以前、見た映画「博士の愛した数式」も、この本屋大賞から選ばれた作品のようですね。これは感想を書きました。
アマゾンのレビュー読むと映像よりも当然、本の方が感動が大きいと思える作品です。映画でも感動したのだから、本ならもっと、と思える作品です。
「博士の愛した数式」感想はこちら

私が気になる本は、「神去なあなあ日常」です。あとはやはり、ドラマでも放送中~「新参者」かな。ドラマと違い、小説だと詳細に書いてあるのでチェックしたいです。
Amazonのレビュー評価が高いこの「神去なあなあ日常」映像になるとどんな感じになるか、それを想像しながら読むのも楽しいかも。

神去なあなあ日常神去なあなあ日常

徳間書店 2009-05
売り上げランキング : 1218
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月24日 10:26 ] カテゴリ: | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。