ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  Mother >  「MOTHER (マザー)」2話あらすじ

「MOTHER (マザー)」2話あらすじ

重いドラマなのであまり書きたくなかったのですけど。書かずにもいられないような、引き込まれるストーリーです。まさか、奈緒の母が・・・と、展開が1番の驚きでした。記者の駿輔はいずれ、奈緒たちを脅すようで怖いです。
追記感想あり

Mother(マザー)」日本テレビ系 4月14日(水)よる10時から
出演
松雪泰子、山本耕史、酒井若菜、倉科カナ、芦田愛菜、高畑淳子、田中裕子
主題歌 「泣き顔スマイル」hinaco

MOTHER」2話あらすじ 視聴率 12.0%

怜南を連れて夜行列車に乗る奈緒、眠りから覚めると怜南がいない。慌てて探しにいくと、車内で他の子供と遊んでいた。
「つぐみ・・」と、奈緒に「先生」と、応える怜南。
「あなたわかってるの?わたしたちは逃げてるのよ。ほとぼりがさめるまでおとなしくしてて。」と、顔を見られることを恐れる奈緒。
「ほとぼり?みんなが私のこと、忘れるまで?」と、奈緒の言葉を理解する怜南。

東京に向かう途中、新聞記事で海難事故を知り不安を感じる奈緒。
「先生、大丈夫?」と、怜南に
「先生じゃないでしょ。」と、奈緒。

トイレに入る怜南を見ていて・・カバンを置いたままの奈緒は、財布を盗られてショックを受ける。5歳で捨てられ、7歳で引き取られるまでの2年間だけ、育った児童擁護施設「ももの家」に向かうが・・廃園となっていて訪問介護をうけてるももこの姿をみる。

独り暮らしのももこの家に泊まる奈緒、怜南。
(ももこは認知症系かも)
懐かしい部屋、本、茶碗、日記を読み当時を思い出す奈緒。

回想
「私はお母さんにはならないの。子供がかわいそうだから・・。生まれるのが可哀想だから・・・。絶対にお母さんにはならないの・・」と、幼い奈緒。
「この子のために何もしてあげられないのか・・」と、ももこ。

道木仁美のアパート
駿輔は仁美の恋人、真人を隠れて写真に撮る。

学校では記者の駿輔が、怜南の取材をしようとして教師に拒否される。三女の果歩と彼氏が、奈緒を探しに来たのを見る駿輔。

果歩と恋人の車に乗り、仁美を尾行する駿輔。
「子供の心配? 夜中に口紅ぬって外出する女が?」と、いう駿輔。
仁美は人目をさけて真人に会いにいく。

TVのニュースを見る怜南・・・自分の事故の様子を伝えている。
「娘さんの行方を心配する母・仁美さんも無事の帰りを祈るようにしていました・・」と、伝えている。
奈緒はTVを消し「我慢しなくていいのよ。ママに会いたい?」と、聞く。
「間違ってるよ・・あの人。怜南ちゃんのママは祈ってない。怜南ちゃんの帰りを祈ってないよ。」と、怜南は奈緒をみる。
その後、自分の言葉を誤魔化す怜南を抱きしめる奈緒・・

(母・仁美の気持ちをわかってる怜南に驚きでした)

ももこの家に巡回に来た警察官は、10年前に夫が亡くなり、この施設をやめたことを説明する。
「山本」と、偽名で昔、この施設で育てられたと奈緒はウソをつく。
まわりが引っ越しをすすめたが、ももこはこの施設に1人残った理由は、「ここで育った子供たちには故郷がない。帰る場所はここだけだから。私が親代わり。」と、1人残ったことをいう。しかし、介護の人手もなく今日で、この家を出ると言われてしまう。
家は借地権が切れ、家を出ることになるももこ。顔を見られると逃げる奈緒たち。

「6歳」と、自分をいうももこと親しくなった怜南は、一緒に連れて行こうといいだす。困る奈緒に怜南は
「先生、私も置いてって。大丈夫だからここに来たんでしょう?先生、我慢しなくていいよ。」と、怜南。
ももこと怜南、2人仲良く遊ぶ姿をみて考える奈緒。

ももこの家に戻ると・・・ももこが食事を作ってくれてた。
驚く奈緒は「私です。奈緒です。」と、言葉に「奈緒ちゃん、お帰り。」と、ももこ。
怜南がいない・・・慌てる奈緒は
「どうすれば良かったの・・私だって精一杯やったつもりだったのに・・」と、奈緒に、ももこは怜南の足のサイズが運動靴にあわず、足が痛いと教えてもらう。

ももこは、奈緒がこの施設に来た時もすべて「我慢した」と、いう。
お菓子もTVも、本当のお母さんも。「どうしてだった?」と、ももこ。
「1度、捨てられたから・・またもう一度捨てられるのが怖いから・・」と、奈緒は自分を思い出す。

スミレ理髪店
望月葉菜(田中祐子)がお客を迎える。

ももこの家
「でもわたし、我慢なんてしてなかったわ。だってももこさん、すべてわかってくれてたわ。」
「16.5」と、ももこは怜南の足のサイズをいう。

花畑
「お花屋さんで、ももこさんと暮らすの。」と、怜南に赤い靴を買ってくる奈緒。「また、お金減っちゃったね。」と、怜南。
「ももこさんと暮らそう。あの家がダメなら、今度はももこさんを誘拐しちゃおう。」と、奈緒に喜ぶ怜南。

家に戻ると、デイケアサービスの職員と警官がももこを迎えに来ていた。
隠れる奈緒、怜南。ももこは物音で話しかける。
「つぐみちゃん、お花ありがとね。でも、バイバイなのよ。奈緒ちゃん、ありがとう。お母さんになれて良かった。」と、ももこ。
「ごめんね・・何もしてあげられなかった・・なれたよ。ももこさんのおかげでお母さんに・・なれた。」と、涙を流す奈緒。
「なれた・・奈緒ちゃんがお母さんに・・・」と、涙のももこ。
隠れてももこを見送る奈緒、怜南。

(ここは映像でみてください、涙。)

病院
医師に
「望月さん、あなたわかってるんですよね?自分の体のこと。」と。
「はい、わかってます。」と、望月葉菜。

東京・奈緒の家
奈緒の母・鈴原藤子(高畑淳子)は、奈緒が学校をやめてたことを知り驚く。
一昨日、奈緒が東京行きの列車に乗ったことをいう。友達はいない奈緒を心配する藤子はハッと気がつく。

怜南に子供の頃から「鳥が好きだった気がする。」と、奈緒。

つがいのインコを見に来る望月葉菜。

藤子からの電話・・・葉菜は「ここには・・(来ていない)、会いに行ったことも・・電話も・・(ない)」と、告げる。
(藤子と葉菜は連絡を取り合ってる仲、奈緒の行方を心配する藤子が電話したようす。葉菜は会いたいという。)

カフェ
藤子と会う葉菜。
「もちろん、約束は守ってくれてるわよね?」と、藤子。
「もちろんです。」
「奈緒のことは、あなたと私だけの秘密・・うちの他の子たちも、実の姉だと思ってるの。」
「はい・・奈緒さんには会いに行ったり、ちょっとも、見に行ったりしてません。」
「なら、いいの。ひょっとして・・そっちに行ったのかと。」と、藤子は奈緒と連絡が取れないというが、たまにあることと藤子。
連絡もせず、引っ越したことを心配する藤子に、「30代身元不明女性の遺体発見」と、新聞の切り抜きを差し出す葉菜に驚く藤子。
列車に乗った人がいると、説明する藤子は笑う。安堵の葉菜。
(2人の口調から、かなり昔からの知り合いのような関係に見えます)

怜南がお店を見ている間、奈緒は「おばあちゃんの会社に行ってくる。30分で戻って来る。」と、告げて1人行く。

葉菜は藤子と別れ、歩いて行く・・・歩道橋の上を歩く葉菜・・すれ違う奈緒。
(ここも是非、映像でみてください。バックの歌も良いです)

「良かった・・・良かった・・・奈緒・・」と、奈緒の姿を見てホッとしている葉菜は必死に目で奈緒を追う。

奈緒は母・藤子に電話、今から行くと告げる。

「おかあさーーーっっん。おかあさーーーっん。」と、道路の向こうから、笑顔で手をふる怜南。奈緒も怜南に笑顔で手をふりかえす。
そっと、奈緒を見ていた葉菜はその様子をみて怜南を見つめる。
驚く葉菜・・

感想
最後の葉菜が、奈緒を知っていた!藤子に隠れてウソをついて実は「子供の奈緒」を遠くからずっと、見守ってたことが驚きです。
その葉菜が予告では、怜南に近づき親しくなる様子?が、映ってました。驚きの奈緒の母でした。藤子と葉菜は、かなり親しい感じ、長い付き合いのように見えました。

前半、トイレで財布を盗られたり、逃げる様子と幼い怜南が、「先生」と、また呼んでしまうのもハラハラでした。
さっくりと書いています。映像でみるともっと、奈緒と怜南の表情、そして母であろう望月葉菜(田中祐子)の演技も引き込まれます。
ももこの気持ちも切なくストーリーも泣けました。

追記感想 4/25
奈緒が鳥を好きな理由、これは母であろう葉菜の影響だと思います。
5歳で捨てられるまで、母が鳥(インコ系?)を飼っていた記憶があるのだと予想です。1話でもこの2話でも葉菜が、お店のインコを愛おしそうに見てる様子が印象に残ります。

葉菜を演じる田中裕子の歩き方を始め、演技がすごく上手いです。奈緒を見つめる目、歩道橋ですれ違う瞬間、スローモーションで、奈緒を見る様子が心に残ります。
その後、「手」が先に映り、葉菜が奈緒を見つめながら「良かった・・」と、つぶやくシーンは何度、見ても涙があふれますね。音楽と映像、あの瞬間
「葉菜は奈緒を娘と知っていた!ずっと、ずっと、遠くから見守っていた」と、強く感じます。

奈緒が北海道に行ってから10年です。その間も娘を思う母を感じます。
お客さんが見た新聞、「北海道で30代、身元不明女性の遺体発見」と、記事で心配するようすもですね。
1話よりも相当、端折ってます。本当は怜南が靴のサイズがあわず、何度も靴を脱いでるシーンもありました。怜南のことを、何でも知ってるつもりだった奈緒。
でも、ももこの言葉で自分の過去を思いだし、怜南と自分を重ねた気がします。
ももこにまた、教えてもらった奈緒でしょうね。

全体に映像が映画っぽい雰囲気がします。色もセピアに近いような、暗いのではなく、微妙にカフェなどで色がきれいです。
「このシーンは必要なのかな?」と、思うような小さなシーン(葉菜がボールペンをいじる辺りとか)を、入れてるのも映画のような映像だと思います。
怜南も、無邪気でありながらも、ももこの話のような時は冷静に「先生」と、呼ぶのも賢い子なのだと描写でしょうか。

3話あらすじはこちらです。

間違ってる部分もあると思います。
名前、挨拶のないコメント、不快と感じたものは予告なく削除させていただきます。ロケ地など興味ありません。
コメントのレスも出来るかわかりません。
好きで書いてるブログです。ご理解いただけますようお願い申し上げます。
(すみません、1話で嫌なコメントがあったのでこう書いてます)

追記 4/25
コメントは承認制とさせて頂いてます。 なので最終回まで毎週、書くことにしました。
カテゴリを見てください。最後まで読んでくださると嬉しいです。


ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
テレビドラマランキング 人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月22日 13:20 ] カテゴリ:Mother | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

見逃さぬテレビドラマ「女帝薫子」「Mother」「チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋」
 私の大学時代は正直言って、テレビドラマ番組なんて見る暇も無く、建築学科の恐怖の製図提出期限やレポート提出に重なり、各々の学生部活動参加で毎朝7:30からは学生部唱題会・月曜日は地区協議会・火曜はグル...
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天