ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  龍馬伝 >  大河ドラマ「龍馬伝」16話感想

大河ドラマ「龍馬伝」16話感想

坂本龍馬と勝海舟の出会いの16話でした。個人的には、勝麟太郎の咸臨丸でアメリカに行った話も聞きたかったです。こういう人たちがいたから、今の日本もあるのだな~と、感動でした。

龍馬伝NHK 大河ドラマ
坂本龍馬   福山雅治
岩崎弥太郎  香川照之
武市半平太  大森南朋
坂本乙女   寺島しのぶ
吉田東洋   田中泯
岡田以蔵   佐藤 
勝海舟    武田鉄矢

16話 感想 視聴率 21.9%

面白かった!やはり俳優・武田鉄矢の存在が大きいですね。その話術というか、説得力に笑いながら見入ってしまいました。
龍馬が、千葉道場に戻ったのは勝麟太郎(勝海舟)に会うため。
その方法がわからず、取りあえずの千葉道場だったんですね。これを佐耶(貫地谷しほり)と、その兄は佐耶に会いにきてくれた!って思ってしまって。
なんだか、可哀想でした。

でも、やはりコネがあるのは強い。あっさりと勝麟太郎も龍馬にあってくれるとは。この龍馬と勝麟太郎の会話はすごく楽しく短い時間だったけど、内容濃かったです。
勝にしたら「坂本龍馬は面白いやつ」と、聞いていたので会う気になったんでしょうね。ここでまさかの土佐の、饅頭屋の長次郎(大泉洋)が書生としているとはびっくり。

そそ、武市らに護衛され、帝の上洛命令を持った三条実美(池内万作)がついに、徳川将軍の前に現れる。
この時の将軍は、徳川家茂(十四代将軍)だけど、相手が帝からの使者であれば、自分が下座に座るという。所詮、使いの者なのにそれでも、「帝」という存在はそれだけ大きいんだと実感でした。

あの徳川将軍なのに。帝からの勅命を持ってくるの。でも、将軍後見職の一橋慶喜がまた、悪党というか~八方美人というか。
「攘夷実行、すなわち異人征伐の期日を名言せよ。」と、三条実美。
その場ではもちろん、受け取る将軍。
三条実美は、武市に「渡したぞ。」と、告げて銀200枚もくれたという。徳川の体面を保った将軍派なのよね。お金をあげることもないのに。

これで悩む家茂だけど、一橋慶喜が京にいって「帝でもお節介はやめてくれ!」と、260年、日本を収めてきたのは徳川だから!と、偉そうにいったけど。
「徳川の安泰こそ、日本の安泰!」と、一橋慶喜だけど~帝の前で攘夷実行を約束してしまう・・という、いい加減なやつ。

龍馬と話す勝麟太郎が、×ばかり書いてたのも面白い。
龍馬の意見、日本も強い海軍を作って異国の文明を取り入れ、「戦にはならない。」と、悟った龍馬。日本はもう、開国してるのだから、あとは異国の文化を取り入れ、異国に張り合えるような文明を作ればいいと龍馬。
文明を手にすれば、日本も安泰と気がつく龍馬。

「そうじゃ、戦をせんでも攘夷をなしとげることができるがじゃ。」と、興奮して思いついたことを言った、龍馬を受け止めて(合格)弟子にすると告げる勝麟太郎でした。
その後、自分が乗ってアメリカにいった咸臨丸を龍馬に見せてくれて・・・勝麟太郎も日本の海軍を作る力を探してたんですね。

大興奮の龍馬でした。「おお、黒船じゃ!」って。この船でジョン万次郎とも会う龍馬でした。
今後、勝麟太郎に色々と教えてもらい~もっと、大きな龍馬になるのでしょう。
次回も楽しみです。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
おすすめ平均
stars竜馬
starsおすすめの本です。
stars明治という新時代の扉を開いた影の立役者坂本龍馬の英雄譚
stars30年以上前に読んで、今も変わらず感動が薄れない
starsやっぱこれぜよ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月20日 14:25 ] カテゴリ:龍馬伝 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天