ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >   >  江國香織

江國香織

TBS「王様のブランチ」で見た本の紹介コーナー。ここで江國香織さんが「真昼なのに昏い部屋」のインタビューに応じて新しい本について話してました。恋愛がメインだけど、どこからが浮気でどこまで許されるのか?って雰囲気のストーリーのようです。

真昼なのに昏い部屋
夫がいる妻、主婦が主役で近所に越してきた外国人と・・って内容みたいです。
段々と、夫と違うものを感じて相手に興味を持つ・・っていう。江國さんはインタビューで「これが”不倫”とか、”友情”、”信頼”、と、言葉で決めたくない関係もある」~ってことをいってました。
つまり、主役の女性には「浮気」という、くくりじゃなくて気持ちの「揺れ」を描いてる本なのかなって。

司会の谷原さんは「お互いのパートナーに興味を持とう」とコメント。
はしのえみさんは、「何でもほどほどに。」と、すべてを話すことで相手への罪悪感を消す、少なくするのも・・・だから「すべてを話す必要はないと思う」みたにコメントありました。

今後、話題になる作品かも!と、紹介されてたのと、気分転換したいのもあって読んで見たくなりました。
うーん、でもサスペンスものも面白そうかな。TVドラマばかりでなく、たまには本でも読んでみたい気分です。

真昼なのに昏い部屋
真昼なのに昏い部屋

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


江國香織さんは、1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で、女性のみずみずしい感覚を描く作家として人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞~ウィキペディアより。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月10日 10:11 ] カテゴリ: | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天