ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  映画 >  「誰も知らない」

「誰も知らない」

過去に見た映画の感想です。驚きのストーリーでした。こんな事が普通に起きてる現代とは何なのか。認めたくないけれど、これも事実なのでしょうね。DVDで見たのですけど、また見ると違う感想になるのかもしれません。TVでは放送されそうでしない映画の1本ですね。

誰も知らない」(2004年/日本)
監督:是枝裕和
出演:柳楽優弥、北浦愛、木村飛影、清水萌々子、韓英恵

誰も知らない [DVD]
誰も知らない [DVD]
バンダイビジュアル 2005-03-11
売り上げランキング : 6195

おすすめ平均 star
starだれも知らない?
starただ、ただ悲しい・・・。何も映し出されていない瞳、幽霊の子供達。
starなんどやめようかと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


感想

切なすぎます、重すぎます。悲しい、ただ、こんなことは起きて欲しくないと思います。
信じられない虐待!
ドキュメンタリーのように描いている作品。子供たちの演技は自然で良い。
ストーリーは、実際の事件「巣鴨子供置き去り事件」である。育児放棄した母親とは名だけのメス!もう人間とは言えない。酷い話。こんな残酷な虐待がどこにあるだろう。
これが事実なのだと知り本当に驚きと怒りを感じた。

実際の話は、この内容よりももっと酷い話で映画にも出来なかったのだろう。
まだ、これでもキレイに?描いてる方なのだと知り、また怒りで身体が震える。動物の方がもっと、自分の子供を愛して育てる。

この女は「私は幸せになっちゃいけないの?一番勝手なのはあなたのお父さんじゃないのさ。私達をほったらかして出て行って」12歳の息子に言う言葉?
育児放棄するのなら、何故?施設にでも入れるとか方法が無かったのか...
本当に愚かな人間である、この女は。

女は男とは結婚したつもりだったが、実は婚姻届も長男の出産届も出されていなかった。子供たちは当然、学校にも行っていない、
いや、行かさせることも無く家から出ることすらも禁止されていた。

唯一、長男の明(12歳)だけが、買い物やらで外に出ることは許されていたが、引っ越しの際、幼い子供二人を大きなスーツケースに隠して家に入れるシーンには驚きで唖然とした。
コンビニの店員も見て見ぬふりである。
「警察か、児童相談所にでも行ったら?」と、聞くが、明は「兄弟がばらばらになるから」と答える。
兄弟だけでも一緒にいたかったのがよくわかる。

親がいないのだから。喜怒哀楽という感情すらも無くなっている子供たち...子供たち4人だけで生活するなんて考えられない。
最後に子供たちが歩いていく後ろ姿で終わり鳥肌がたった。余りにも悲惨な事件である。
でも、いつでも、何処にでもあり得るこの時代なのだと思うと空しい。
是非、観てください。(実話を知った後の感想も入ってます)

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年07月24日 20:19 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天