ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  「20世紀少年 第1章」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「20世紀少年 第1章」

TVで見た映画です。「そうだよ、僕が……僕が友達だよ」この言葉と、誰もが聴いたことのある有名なT・レックスの曲「20th Century Boy」これでぐぐーーーっ!と、引きつけられる映画なのでした。この曲を撰ぶなんて~~正解じゃん♪



20世紀少年
監督:堤幸彦  
脚本:福田靖 , 長崎尚志 , 浦沢直樹 , 渡辺雄介
原作:浦沢直樹

出演
ケンヂ     唐沢寿明
オッチョ    豊川悦司
ユキジ     常盤貴子
ヨシツネ    香川照之
マルオ     石塚英彦
モンちゃん   宇梶剛士
ケロヨン    宮迫博之
ドンキー    生瀬勝久
ヤマネ     小日向文世
フクベエ    佐々木蔵之介
ヤン坊・マー坊  佐野史郎
竹中直人、藤井フミヤ、及川光博、石橋保、遠藤憲一、布川敏和、竜雷太、他




あらすじ
1969年、夏。
小学生のケンヂは、オッチョやドンキー、ユキジら同級生と空き地に秘密基地を作った。そこで彼らは、悪の組織や世界征服、人類滅亡計画、 それを阻止する正義の味方といった空想が描かれた「よげんの書」で遊んでいた。
1997年。ロックスターになる夢を諦め、失踪した姉の赤ん坊の面倒を見 る、冴えない日常を送っていたケンヂ(唐沢寿明)は、お得意先一家の失踪とドンキーの死を機に生活が一変。
巷では“ともだち”と呼ばれる教祖率いる教団が 出現し、ケンヂたちが子供の頃に作った「よげんの書」そっくりの怪事件が頻発していた。これは、“ともだち”の仕業なのか? “ともだち”の正体は、かつ て一緒に遊んだ仲間なのか? そして、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日”がやってくる! 浦沢直樹の「20世紀少年」を『トリック』の堤 幸彦が実写映画化。

感想
キャストはもう、書ききれないくらいに豪華でした。まず、このキャストの多さにびっくり。そして、映像というか、カット?が、マンガそのものに似た雰囲気が特徴ある映画だと思います。
予想以上に面白くって~ちゃんと、映画館で見れば良かった^_^;
それが大きな感想ですね。それと、やっぱり唐沢寿明っていい俳優だな~好き!ってこと。
いじめっ子役のヤン坊・マー坊、子供の頃に、身体が大きいこの双子はきっと、ケンヂたちにはすごく「怖い」存在だったんでしょうね。
それが大人になり、佐野史郎さんの二役もハマってました。

単純に「続きが見たい!」って思えるので今週の金曜日、21時~に放送される金曜特別ロードショー20世紀少年~もう一つの第2章~」も楽しみ(^^ゞ

ケンヂが、同窓会で再会した仲間に教えてもらった「トモダチ」という存在が、計画してる“よげんの書”通りの企みを知って~これをどう、阻止するのか!って物語ですね。
個人的に、トヨエツ演じるオッチョのキャラが好きかも(笑)
姉の子供というカンナ!これが「運命の子」って言われてたんで~あの謎の病を治す何かを持ってるのかなあ。第三章で大人になったカンナ役の女優さんが登場するみたいですね。それとももう、第二章で大きくなるのかな?

カンナの父って「諸星壇」?とか、なんかウルトラマンのような^^;
ケンヂが子供の頃に書いた「よげんの書」、そのまま同じことが起こるなんてあり得ないんだけど……それがマンガ(映画)らしくて面白かった。
でも、大きなロボット?みたの中に入り込んだラストのケンヂだったけど、最後にみたアレは誰だったのか?
覆面をしてる「トモダチ」という、存在のヘアスタイルが気になって。
あのヘアスタイル、あれはフクベエ(佐々木蔵之介)に似てると思うのだけど違うのかなあ。
この佐々木蔵之介、何か特別な役の雰囲気を感じました。ドンキーがあっさり、死んじゃったのも驚き、殺されたドンキーでした。

あの目玉のようなマーク、あれはギョロ目のオッチョが考えたんですね。それが街中に貼られて……世界も?って展開は興味ありますねーーーほんと、映画で見れば良かった。たぶん、展開的に気になるのでラストは映画に行くかも(笑)

でも、製作費60億円ってすごいですね!これ、世界各地でも公開されてようで~評判はどうなのでしょうか。
大ヒットコミックらしいけど、今回映画化になり初めて知ったタイトルでした。
“ともだち”と呼ばれる人物は?誰なのか~~すごい気になる。
これ、原作とは違うラストみたいですね。



この第1章ってまずは疑問、問題を魅せて~興味をひかす!って感じで「たぶん、これからもっと、面白くなるんだろうなぁ」って感じでした。これだけじゃ、「面白い!」とは言いきれないかも。
でも、原作を知らなくても「見たいなあ」と、思わせる内容でしたね。
ただ、単純に予想してる「トモダチ」って本当は、何も知らないような顔してるけど、ケンヂなんじゃないの?って思ってましたけど……どうなんでしょーーー^^♪

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009年08月24日 15:22 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。