ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  海外ドラマ >  「ゴースト~天国からのささやき~」

「ゴースト~天国からのささやき~」

最近、好きで見てるドラマでーす。この世に未練が残る霊魂、幽霊が見えるヒロインです。心霊現象とか~好きな人には面白いと思います。
ドラマそのものは、癒し系だと思うので泣ける時も多くて感動します。

ゴースト天国からのささやき~」日テレ
BS放送~毎週木曜日 深夜1時38分~2時33分
サイトはここ

あらすじ
子供の頃、祖母に「あなたには、死者と会話ができる特別な力があるのよ」と言われたメリンダ。 彼女には普通の人に見えない霊が見えてしまう。そして、霊も彼女に助けを求めるようになる。
メリンダの前に現れる霊は、それぞれの願いがあり、それを叶える為に、必死に訴えかけるのである。
特別な力を持つメリンダ・ゴードン、死者(ゴースト)からの、生前愛する人たちに伝え切れなかったメッセージを伝え、さまよえる魂を安らかに天国へと導く感動のドラマである。
ーーーーーーーーーーーーーーー
↑こんな感じの内容。
1話完結型なので~途中から見ても大丈夫♪

この世に、未練のあるさまよう魂が見えるメリンダなのです。さまよう魂ってのが、色々と主役のメリンダに助けを求めるのだけど。
簡単にいうと、日本でいう「オーラの泉」の江原啓之さんみたい、これをドラマ化してる内容かな。

「ものすごい!面白い!」でもないけど、毎回ラストは泣けてしまうような癒し系のドラマの印象あり。
「自分が死んで 悲しむ夫を立ち直らせてほしい」と、メリンダに頼む妻の魂とか。

事故で人を殺してしまい、被害者の親に許してほしいと願い~メリンダに頼みにくる霊とか。
5/1放送は「許し」がテーマでした。
ジュリアンは、人を殺してその後、事故で自分も死んでしまう。人を殺してしまったジュリアンの霊が、メリンダの夫に乗り移ってしまい……メッセージを被害者の親に伝えたかった~という回でした。
被害者の親に謝罪(許し)を求めるジュリアンでした、でも簡単には許してくれず、苦しみます。

悪いことをした自分を警察に通報したのは息子であり、そんな息子を許す父のジュリアン。
「人を許せる人間になれ。」←これが、ジュリアンが息子に伝えたかった言葉。
人を許さずにいることは、「毒を飲んで苦しみながら、相手が死ぬのを待つのと同じ。」と。

その他、
「俺のせいで妻は死んでしまった……」と、自責の念で苦しむ夫(生きてる)
これに死んだ妻の魂が、メリンダに
「夫にはこれからの人生があるわ。立ち直らせて」と、頼んで~調べるうちに、妻は医療事故で亡くなったことが判明、これを説明~夫に話すの。

どの回も最初は「死者が見えるなんて信じられない!」と、皆いうのだけど~2人だけ、家族だけの秘密を メリンダが知ってることにより、信じるという展開なり。
最後は、いつも光が見える道に向かい~天国に行くゴースト
1時間完結型なので、やや、無理矢理に展開をもっていく感じもあり^^;
ま、そこは気楽に見れるという。

あれだけ霊がみえるというのは、「オーラの泉」の江原さんのように?すごく複雑でしょうね~。普通に霊が見えるので、周りには理解されにくい主人公です。
で、たま~に死神に魂を売るひともいたりして。
スピリチュアル世界なドラマでーす。「オーラの泉」が好きだったら、興味あるストーリーだと思いますね。
1話完結も見やすいし~結構泣けます(^^;;)
オススメ海外ドラマの紹介でした♪

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009年05月02日 13:37 ] カテゴリ:海外ドラマ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天