ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  映画 >  「フライ、ダディ、フライ 」

「フライ、ダディ、フライ 」

カリスマ岡田准一くん最高!脚本、監督、原作関係なく、韓国俳優イ・ジュンギが韓国版で岡田君の役をやるので見たのですがいい映画でした。岡田君の強い目の演技が印象に残ります。かっこいい。
彼でないとこの映画の意味はないと思うほどハマり役です。
出演  岡田准一、堤真一
-------------------------------
イントロダクション
鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。
娘はすっかり心を閉ざしてしまい、復讐を誓う鈴木は包丁を隠し持って石原の高校へと向かった。
校門前で“石原を出せ!”と叫ぶ鈴木だったが、校舎から出てきたスンシンに一発でのされてしまう。そもそも間違って別の学校に乗り込んでいた鈴木だが、彼の話を聞いたスンシンは協力を申し出る。かくして鈴木は会社を休み、スンシンとの猛特訓に打ち込むのだった。
--------------------------------
大事なものを守りたい、まっすぐな気持ちに答えてくれるスンシン大好きです。
謎がありケンカに強い。多くを語らない高校生スンシン。
普通の中年おじさんの堤真一さん、さすがの演技です。
おじさんは娘が殴られた入院先の部屋でひどい状態を見て大きなショックをうけます。
あり得ないような相手であり、殴り方だったけど今はあり得る話だと思った。「ムカついた!」それだけの理由で女の子をあそこまで殴る神経、しかも学校ぐるみで議員の息子という名前でバカ男生徒をかばうとは...
娘はショックで「外に出るのが怖い」だから外に出してあげよう!心の苦しみからもといてあげたい、そんな父親の気持ちで戦う決意をします。それもスンシンの言葉によって。彼の言葉には説得力があります。

キツいトレーニング、スンシンの鷹の舞、青空の美しさも含めてキレイな映画です。小説、原作者は金城一紀さんです。金城一紀さんが脚本を書いていて撮影中何度も見にいってたそうです。スンシンの友人がなぜ、あんなにおじさんを応援していたのか..笑いました。

おじさんはいつも会社が終わり、自宅近くの駅で奥さんと娘に車で迎えに来てもらい帰宅していた。娘の事故後、奥さんは車での迎えをやめ、おじさんはバスで帰宅することに。そのバス停には「同じ時間、同じバスに乗る仲間のおじさん」が集まり、自然と仲良くなる様子はコミカル。

ただ、中年のおじさんが堤真一なのがイイ反面、勿体ない気がする。だって堤真一かっこよすぎる^^;
後半はすごい筋肉でカッコイイ!
原作読んだ人はキャストミスとの声もあるけど、原作読んでません。
岡田君だから~あのカリスマ演技が生きてると思う。コレをイ・ジュンギssiがやるのなら~ハマり役でしょう。あの目の演技見たいです。
岡田君の視線、キレイ、美しいです!

岡田くんのスンシン、イ・ジュンギssiのスンシン、比べてみてもどちらも好きといえる私が怖い。(たぶん、いや、間違いない)
2人とも好きなので…笑。
でも岡田君が舞う姿は本当に美しいです。テンポが悪いとの声もありますがアレを早くしたらスンシンの鷹の舞が意味ないような気がします。
韓国版は中年鈴木がもっと「おじさん」なので後半との違いが大きく面白さが期待出来ると思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006年07月28日 20:35 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天