ドラマメモ-あらすじにゃむ

デスパレートな妻たち、連ドラ、映画、あらすじと感想~日々ゆるゆる覚書
ドラマメモ-あらすじにゃむ TOP  >  2015年10月
月別アーカイブ  [ 2015年10月 ] 

オトナ女子 3話あらすじと感想

平均視聴率は7.2%!40歳で恋を楽しむ独身女性たち♪

脚本 尾崎将也
主題歌 中島美嘉「花束」
制作 フジテレビ

オトナ女子 でかっステッカー Aオトナ女子 でかっステッカー A

フジテレビ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3話

池田(平山浩行)から、お祭りに誘われた亜紀(篠原涼子)。
しかし・・池田が、子供連れの女性と親しいのを目撃、隠れてしまう。

萠子(吉瀬美智子)からのメールで、「妻子持ちだったみたい」と、正直に書く亜紀。だが、女性は池田の妹であり、子供と一緒に来てたと判明。

安堵する亜紀に、いい男が独身なのは理由があるはず・・と、言いだす萠子たち。

みどりの家には、三男の陵(浦上晟周)の担任/沢田(千葉雄大)が家庭訪問にやってくる。

フルテージの社長/栗田(谷原章介)と、大人の交際を続けている萠子。
ある日、デート中に若い女性から、オバサンと呼ばれてしまう。しかし、余裕で若い女性を追い払う。
萠子の対応に感嘆する栗田。

池田とデートする亜紀は思い切って質問する。
「どうして今まで、独身だったんですか?」
「人と深く関わることが出来ないんです・・」
結婚に慎重な池田を信じる亜紀。

池田とデートの帰り、元カレの伸治(斎藤工)が亜紀の前に現れる。
戸惑う亜紀は伸治を家に入れ、泣き言を聞いてあげる。

「俺はやっぱり・・亜紀でないとダメだ」
仕事も上手くいかない、と言う伸治を抱きしめる亜紀。

萠子、みどりたちに伸治が戻って来た事を報告すると・・追い返すべき!と、叱責されてしまう亜紀。

萠子、みどり、亜紀たちの会話を耳をダンボにして聞いている高山。
女子会の会話に入らず、勝手な恋愛論を語る高山に呆れる亜紀。

いつもの店で、高山の隣で話す亜紀たちなのです。

池田からのメールで、喜ぶ亜紀を見て面白くない高山。

栗田の家に行く萠子は、他の女性にも花束を贈ってる事に愕然とする。

亜紀に「そういう男だったのよ」と、愚痴る萠子。

怒る亜紀は栗田に忠告するが
「よけいなお世話だ」と、反論されてしまう。

街で踊る沢田をこっそり、見つめるみどり。だが、見てるのがバレて話す事に。
親を安心させるため、夢を諦めて教師になった・・と、言う沢田。

高山がいる店に行く亜紀は、自分を待っていた伸治に驚く。
追い返せない亜紀を見て、伸治を外に連れ出して、何かを伝える高山。
伸治は無言で立ち去る。

高山が伸治に何を言ったのか・・気になる亜紀は質問するが教えてもらえない。

池田に伸治の事を説明・・今は何でも無い・・と告げる亜紀。
安堵する池田。
「中原さん、俺と付き合ってください。結婚を前提に・・」





感想

池田から、交際を申し込まれる亜紀でした。結婚を前提・・と、早い展開ですね。

高山と亜紀が結ばれる・・と予想なんですけど。2人は意見の食い違いばかり。

伸治を追い払った高山は、「俺と付き合ってる」とか、言ったのかしら。次回では明らかになると思います。

みどりの相手は若い先生、あれも恋愛になるのは無理があると思うわ。

萠子は、ノリの軽い栗田を本気で好きになった様子。他の女性と同じ扱いなら嫌ですよね。

篠原涼子が美人で格好いい。ファッションも素敵。
この秋、1番好きなドラマです。
でも、「遺産争族」も面白くなりそうですね。

店で高山が亜紀たちの話を、耳をダンボにして聞いてるシーン。
これが毎回、可笑しいので楽しみ♪

↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
スポンサーサイト
[ 2015年10月30日 17:28 ] カテゴリ:オトナ女子 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
好きなドラマ、映画を気ままにかいています。デス妻大好き。

韓国ドラマのブログ
韓ドラの奇跡」と、
新館ブログ「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ハマると台詞入りで詳しく書いてます。

ブログランキング
↓ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
とても励みになっています。
ランキング参加中です
応援ありがとうございます^^

FC2Blog Ranking

お願い
常に10本以上のドラマを視聴、7~8本の記事を別ブログで書いています。多忙もあり間違い、誤字脱字も多いです。相性が合わないと思う方はお帰りください。大体の雰囲気を感じて参考になれば嬉しく思います。
検索フォーム
楽天

トラベル






お知らせ
記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますがその著作権は元記事サイトにあります。
楽天